Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. 小顔
  5. 二重顎を治す!「ながら」でできる【舌コントロール】舌の位置は上? 真ん中? それとも下?

BEAUTY

2020.05.08

二重顎を治す!「ながら」でできる【舌コントロール】舌の位置は上? 真ん中? それとも下?

自宅生活でたるんできた顎… 一体どうすれば!? 日本唯一のパーソナルフェイストレーナーとして活躍し、モデル・女優など、表舞台に立つ数々の女性を顧客にもつ木村祐介さんに伺いました!

パーソナルフェイストレーナー 木村祐介

アゴ下ゆったり生活で二重アゴを育んでしまっている皆様へ

テレワークで人に見られることも減り、姿勢もシャキッとしなくてなんだかアゴもたるみがち。そんなゆったり生活を送ってしまっているみなさんに絶対的におすすめしたいのが、舌を引き締めて二重アゴさよならテクニックです!

(c)Shutterstock.com

なぜ舌なのかと言うと、下アゴとノドとの間に舌は存在していて、その位置から離れれば離れるほど舌の筋肉を使う仕組みになっています。なので舌が遠くに行くほど、二重アゴは改善される、というわけです。知っていましたか?

逆に、舌を遠くまで出せないで適当なままにしているとアゴ下はたるんだハンモック状態になります。舌のトレーニングというとグルグル回したり、天井に突き上げたりするのが有名ですが、舌を外に出すのは抵抗がある! という女性も多いはず。僕も嫌です(笑)。そこでおすすめしたいのが、ミューイングというエクササイズ。

「ミューイング」エクササイズで、舌は上に!

舌の根本(焼肉で言うとタンもと)を口の中の上アゴに押しつけます。このとき、舌先を手前に巻き込むのは違うので、注意してくださいね。

イメージは舌で鼻の根本を高くする感じ。舌は噛む筋肉と同じ筋膜だから、エラ張りの改善やかみ合わせ改善にも繋がるし、内臓とも繋がってるので、エクササイズしてあげることで、消化系にもいい影響があります。唇をうの形でできると、さらにいいトレーニングになりますよ。

分からない人は左右の耳の上を両手で触れると重心が上に伸びてイメージしやすくなります。舌コントロールであなた史上最もスッキリなフェイスラインを作り上げましょう!

トップ画像/(c)Shutterstock.com

パーソナルフェイストレーナー 木村祐介

「ファンクショナル・ビューティ(機能的な美しさ)」をテーマに掲げ、運動力学や機能解剖学を基に、美と健康に特化したオリジナルメソッドを考案。日本で唯一の「PERSONAL FACE TRAINER®︎」として活躍。現在、六本木・ミッドタウンに隣接する「NATURE BODY HOUSE」で行うパーソナルセッション「美顔ワークアウト」を中心に、活動の場を広げている。YouTube:木村祐介ワークアウト/Instagram:@yusuke_kimura


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.05.28

編集部のおすすめ Recommended

Feature