Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. ルイボスティーが50種類以上! 花粉症やPMS対策にもおすすめ♡ 働くOLリアルレコメンド

BEAUTY

2020.03.15

ルイボスティーが50種類以上! 花粉症やPMS対策にもおすすめ♡ 働くOLリアルレコメンド

Oggi専属読者モデル・オッジェンヌ松田涼華さんのブログ|お仕事中には何を飲んでリフレッシュしていますか? 業務に追われて酸欠状態の時に、ほっと一息つける飲み物は何かな~と試行錯誤していたところ、アラサーOLにぴったりのルイボスティーを見つけたので紹介します!

ノンカフェインティー専門店【H&F BELX(エイチ&エフ ベルクス)】

スタイリッシュなクリアガラスのタンブラーが目に留まり立ち寄った〝H&F BELX〟は、50種類以上のルイボスティーを取り扱うお店。私が訪れたのは、恵比寿アトレ店ですが、他にも関東にいくつかのショップがあります。

商品の特徴をお店の方に聞いてみると、「ティーバッグを長時間浸していてもタンニン(渋み成分のこと)は少なく、栄養分がどんどん出てくるので、お湯を注ぎ足して飲んでください」とのことでした。

また、普通のティーバッグは1包1.5gで1杯分(120ml)ですが、H&F BELXのティーバッグはティーポットやタンブラーで使えるように1包2.5gになっていて、ティーカップ8~9杯分楽しむことができます。

タンブラーにティーバッグを入れたまま持ち運べて、注ぎ足しながら1日中飲めるってラクですよね♪ カフェインの飲みすぎは体に良くないと聞きますが、ノンカフェインなら気にせず何杯でも飲むことができるから、うれしい。

ルイボスティーの美容効果

ルイボスティーの原料となるルイボスの木は、根が深くまで伸びて、ミネラルや酵素など大地の恵みをたっぷり吸い上げているため、多くの栄養素を含んでいるのだそう。

鉄分やポリフェノールなど女性に必要な美容成分も豊富で、花粉症、アトピー、肌荒れ、乾燥肌、シミやシワの改善、便秘解消、むくみ解消の効果があるとされています。そしてノンカロリーなんて、美容と健康に最強なドリンクですよね。

選んだのは… 気分転換のオレンジ&癒しのラズベリーリーフ

アトレ恵比寿店では、20種類以上のルイボスティーがテイスティングできます。私もそこで試飲をし、直感でフレーバーを選びました。

柑橘の香りが気分をリフレッシュさせてくれる「オレンジ」と、ラズベリーの甘い香りが強張った表情を柔らかくしてくれる「ラズベリーリーフ」の2種類です。

購入後に「ラズベリーリーフ」を調べると、ヨーロッパでは安産のハーブと言われているらしく、子宮や骨盤周りの筋肉を緩める働きがあるそう。体は、いいものをちゃんと分かっているのだな~と驚きました。私と同じように、生理痛やPMSでお悩みの方におススメです。

オフィスやお家での楽しみ方

出勤前にタンブラーにティーバッグを入れておき、職場の給湯器でお湯を注ぎます。仕事中に適度に水分補給をしながら、量が半分になったところで都度お湯を注ぎ足せば、飲みやすい温度と濃さが保てます。

お店の方が、アレンジも色々教えてくれました!

・「キャラメル」にはミルクを継ぎ足してミルクティーに
・「ラズベリーリーフ」は赤ワインと合わせて
・「オレンジ」は冷えた炭酸水で割ってソーダティーに

私は仕事中はストレート、家では牛乳やアーモンドミルクをプラスしてバリエーションを楽しんでいます♡ 暖かくなったらソーダティーも試してみたいと思っています。

プレミアムシリーズはプレゼントにも

ハーブがブレンドされているものは妊娠初期には向かないそうですが、「プレミアムママティーシリーズ」は、厳選された茶葉のみを使い、妊婦や産後の女性に優しいブレンド。子供も安心して飲めます。私は、妊娠準備中の友人へプレゼントしました♪ 今回紹介した以外にも、レモンミント、ピーチ、オレンジ、チェリー、アップルなど種類が豊富なので、ぜひ自分の気分と体調に合ったお気に入りのフレーバーを見つけてみてください♡


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.07

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature