Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. LOVEニュース
  4. セックスレス… 拒否した側、された側の気持ちの温度差が原因? 解決策は?

LOVE

2019.12.01

セックスレス… 拒否した側、された側の気持ちの温度差が原因? 解決策は?

カップルの悩みで多く聞くセックスレス。この問題をどう解決したらいいの?「萬天堂」性感セラピスト・右京にお話を聞いてきました!

カップルの性のお悩みNo.1! 性感のプロの目から見たセックスレス解決法とは?

みなさん、こんにちは。萬天堂というお店で性感セラピストの仕事をしております、右京と申します。

「萬天堂」性感セラピスト・右京

これまで複数回、私の仕事上の経験が気づいたことや学んだことをもとに、パートナーとのラブライフを今より素敵にできるかもしれない情報をお届けしてきました。5回目の今回は、カップルのお悩みで多く聞く「セックスレス」についてお話しさせてください。

第1回▶︎「さっきのほうが好き…♡」彼氏とのアッチの相性がさらに高まる魔法の言葉

第2回▶︎くるぶしも? 女性の体は全身性感帯♡ より感度の高い性感帯を開発する方法は?

第3回▶︎【セルフプレジャー】ひとりでするとき足ピンイキをやめるほうがいい? 理由は…

第4回▶︎私って不感症?… と思ったら試してみて! 感じやすい体づくりは案外簡単かも♡

現在では私が在籍しております萬天堂を始め、多数の女性用性感マッサージ店が誕生しています。昔からあったのでしょうが、存在が広く知れ渡るようになったのは、ここ数年のことだと認識しています。なぜこのような職業が誕生し、徐々に受け入れられるような時代に変わって来たのでしょうか。それにはさまざまな理由が考えられます。

女性の社会進出や性の解放、はたまたネット社会になり情報が入手しやすくなったことなど理由が考えられますが、根底には女性がずっと我慢してきた「性への不満や悩み」が大きく影響しているのではないでしょうか。

実際に、こちらからは聞かずとも「なぜこのようなサービスを利用したのか」という理由を話すお客様が多くいらっしゃいます。女性がこのようなサービスを利用するに至ったのには、相当な勇気が必要だと思いますし、またその理由を聞くことも私自身にとって大変勉強になることです。

◆女性が「性感サービス」を利用するに至った理由で多く見られるのは?

「セックスレス」問題で悩んでいる女性
(c)Shutterstock.com

私が理由としてお聞きする頻度が高いのは「パートナーがいるにも関わらず、セックスができない・していない状態になっている」というお話。もちろん女性が「性感サービス」を利用するに至った理由は本当に千差万別で、実際には本当の根っこの部分まではお話できないのかもしれません…。

しかしながら、世の中にはこんなにも「セックスレス」問題で悩んでいる女性が多いのか、というのがこの仕事を始めてからわかったことのひとつでもあります。

◆拒否した側、された側の大きな溝は埋められないもの?

セックスレス
(c)Shutterstock.com

ひと口に「セックスレス」といえど、大きく分けて2パターンあります。

まずは自身が「拒否する側」のセックスレス、そしてパートナーから「拒否される側」のセックスレス

どちらもそれぞれ悩みがあると想像できますが、やはり後者、拒否される側のセックスレスは苦しみや悩みの深刻さは段違いにあると思うのです。そして私が気になるのは、拒否した男性側は拒否された女性側の気持ちを理解していないのだろうという点です。

稀に男性で「彼女や奥さんとセックスをしない」という話を聞くことがありますが、「妻じゃその気になれなくってさ」などと、あまりにも軽い理由というか、そこには深刻さがなく、また女性の性欲への理解のなさやセックスをしないことによる女性の心の不安などを知らない男性が本当に多いのだなという印象です。

一方、拒否された女性側は、「私はもう二度と女として見られることがなくなってしまった」「自分の尊厳を踏みにじられた気持ちになった」と、男性側の温度感とはあまりにも大きな差があり、この問題の深刻さはこの差にこそあるのだなと思ったのです。

◆多くの女性が「こんなの私だけだ」と自信を喪失してしまう

自信を喪失
(c)Shutterstock.com

一般的に女性は性の話、しかも自身のネガティブな一面をオープンにはしませんし、女性は男性から「セックスを求められる側だ」という意識が働く人も多いもの。そういった条件さまざまに重なり、「セックスをパートナーに拒否される側に立つ女性」のみなさんは、「こんな思いをしているのは私だけ」と孤立し、「私に何か原因があるのかもしれない」と、ますます自信を喪失させてしまう傾向にあります。

そんなみなさんにまずは言いたいのが、このような悩みを抱えている女性は本当に多いということ。つまり、あなただけではないです、ということ。原因はあなたにあるわけではないし、そんなことでどうか自信を失わないでください。

男性側拒否のセックスレスの問題はとても複雑で、女性としての魅力がないからそんな気持ちになれない、という単純な話は実はレアケース。家族やパートナーとしての安心や信頼が強すぎて恥ずかしさのあまり性から遠ざかってしまったり、ストレスや加齢によって機能不全に陥ってしまったり、理由や原因は無数に考えられます。

その原因の種類や2人の状況、性格によって解決方法は千差万別で、巷に溢れる「スキンシップを増やしましょう」とか「話し合いをしましょう」などといった、「セックスレス解決ハウツー」で実際解決に至ったカップルを私はほとんど知りません。

ではいったいどうすればよいのでしょうか。

◆まずは「予防」、それを逃したら焦らないでセックス以外を楽しむ…

セックスレス問題
(c)Shutterstock.com

まず前提として、セックスレス問題は、非常にナーバスかつ解決が難しいことは避けられません。したがってセックスレス状態を避けるには、まずは予防が第一。日頃からスキンシップを取り、どちらかがしたいときにどちらかがしたくなければ無理強いはしない、でも拒否する側はちゃんと理由を優しく伝えて次回につなげる、そんな予防を続けることが一番です。

しかし一度セックスレスに陥ってしまったらどうしたらよいのか。解決法を探るためには真の原因を知る必要がありますので、焦らないこと。またセックス以外の2人の時間を楽しむことだと思います。

相手への過度な期待がなくなって気持ちが軽くなったときにふいに解決した、なんという声も多いんですよ。そのためには、深刻な問題としてお互い捉えないようにすることが大切だと思います(もちろん深刻に悩んでしまう気持ちはわかりますよ)。

しかしながらあらゆる方法がダメだった、深刻になってしまう、耐えきれない、自信喪失してしまうことも。また、どうしても性欲を満たしたかったり男性の肌に触れたかったり、そんな気分になることもあるかと思います。そんな時は私たちのような「プロ」におまかせいただく、なんていうこともこの時代ならありなのではないでしょうか。私がこの仕事をしているから、ではなく、ひとつの選択肢としてあっても良いと思うのです。

いずれにせよ、セックスレス問題は体だけでなく、特に女性の場合は心の問題です。特効薬がないものですので、どうか焦らずに日々を楽しみつつ、ゆっくりと解決できることを祈ります。

次回も性に関わる少しだけ役に立つお話をさせていただけたらうれしいです。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

性感セラピスト 右京

日本一予約の取りづらいお店として有名な日本最大級の女性専用性感マッサージ店「萬天堂」在籍のトップセラピスト。在籍約1年で500件近くの口コミ数を誇り、また圧倒的なリピート率で人気を博している。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature