Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. きれいめコーデ
  5. 女性のビジネスカジュアル|ジャケット色別・ボトムス別コーデ30選

FASHION

2021.12.15

女性のビジネスカジュアル|ジャケット色別・ボトムス別コーデ30選

端正なスーツスタイルもいいけれど… 働く大人の女性にはこなれ感もほしい! そこで今回は女性のためのビジネスカジュアルコーデをスタイル別にピックアップ。お仕事モードの日でも、おしゃれを忘れない着こなしを目指して。

【目次】
『ビジネスカジュアル』とはどんな服装?
オフィスコーデに最適な【ジャケットスタイル】
スマートに着こなす【パンツスタイル】
上品さの中に隠れる可憐さが魅力の【スカートスタイル】
最後に

『ビジネスカジュアル』とはどんな服装?

「ビジネスカジュアル」とは“スーツよりもカジュアル感のあるオフィススタイル”のこと。シンプル&清潔感があることが定義であり、『トップス+パンツorスカート(+ジャケット)』などが定番です。取引先の商談など訪問時にも最適な、きちんと感が重要なのです。

〈POINT〉
・ベーシックな色使いで洗練された雰囲気作りが◎
・露出が多い服や、ボディラインが出過ぎる服はNG!
・トップスは「カットソー・ブラウス・シャツ」などを取り入れよう

オフィスコーデに最適な【ジャケットスタイル】

ビジネスカジュアルに必須な「ジャケット」ですが、いつも同じジャケットを使った同じ着こなしになってしまうなどのお悩みも。今回はカラー別のジャケットスタイルを紹介していくので参考にしてみてください。

<白・グレーのジャケット>

1|白ジャケット×黒のトップス×グレーパンツ

白ジャケット×黒のトップス×グレーパンツ

凛としたジャケパンスタイルをまろやかに中和するのが、スタイリッシュでヌーディなパンプス。シンプルながら着映えするコーデで女らしくキメて。

人気ブランド【銀座かねまつ】定番シューズの魅力を大解剖|深掘り! 6大ブランド名品ミドルヒール

2|グレーのテーラードジャケット×ニュアンスカラーのブラウス×白パンツ

グレーのテーラードジャケット×ニュアンスカラーのブラウス×白パンツ

オーバーサイズのテーラードジャケットも、しなやかなハリ感のリネン素材なら動きがあって軽やかな印象。ニュアンスカラーのブラウスに白パンツをなじませ、クリーンに。

【春アウター・骨格診断】ミックスタイプにおすすめのジャケット&着こなし

<ブラウン・ベージュ・カーキのジャケット>

1|ブラウンジャケット×柄シャツ×白パンツ

ブラウンジャケット×柄シャツ×白パンツ

ジャケットの色味と合わせた華やかなドット柄シャツが、表情をやわらげてキツさをOFF! 白パンツで重心を軽くしつつ、パンプスで引き締めて。

キツくない【春のヘルシーメイク】マストアイテムからコーデまでご紹介♪

2|ベージュジャケット×白のプリーツトップス×白のパンツ

ベージュジャケット×白のプリーツトップス×白のパンツ

ベージュ×白のジャケパンスタイルという、好印象を約束するコーデ。十分なきちんと感には、プリーツトップスで遊びを取り入れるのが◎。

夏→秋の【ベージュ×白】爽やか好印象の配色コーデ|着こなし3つのヒント

3|カーキジャケット×パンツ×レッドトップス

カーキジャケット×パンツ×レッドトップス

カーキの辛口ジャケットとしゃっきりパンツには、首元が大きく開いた肌見せカシュクールトップスを合わせて。あえてアクセサリーを足さないのが色っぽさを加算。

カシュクール1枚の鎖骨見せスタイルはあえてノーアクセで

<ネイビー・ブラックのジャケット>

1|ネイビーのジャケット×マスタードイエローのパンツ

ネイビーのジャケット×マスタードイエローのパンツ

ビジネスシーンでは定番のジャケパンスタイル。ジャケットがあれば清楚で上品、きちんと感が一気に増します。こなれて見せたいときは、カラーパンツで女性らしさを注入するのもアリ!

上司のお供で得意先の接待! ジャケパンで背筋を伸ばして

2|ネイビージャケット×カットソー×ベージュチノパン

ネイビージャケット×カットソー×ベージュチノパン

ベーシックなネイビージャケットにチノパン、ローファーを合わせたマニッシュなスタイル。あえて女性が着るからこそ都会的な雰囲気に!

仕事も服もジェンダーレスで! マニッシュアイテムをニュートラルな気持ちで取り入れる

3|ブラックのジャケット×ブリックカラーパンツ×トップス

ブラックのジャケット×ブリックカラーパンツ×トップス

黒ジャケットと絶妙な女らしさを出すブリックカラーのパンツは、シンプルながら着映えする最強コンビ。中のトップスはVネックで首回りをスッキリさせて。

シンプルだけど着映えする! カラーボトムを大人っぽく取り入れて

4|ブラックのジャケット×モカブラウンのワンピース

ブラックのジャケット×モカブラウンのワンピース

モカブラウンの落ち着きあるカラーのワンピースは、ゆったり着れるシルエット。黒パンプスと黒ジャケットを羽織れば、お仕事シーンでもきちんと感を演出。

サックワンピできっちり&ゆったりのちょうどいいバランス

5|ブラックのジャケット×ミントワンピース

ブラックのジャケット×ミントワンピース

甘さの中にもきちんと感があるミントカラーのワンピースを、黒ジャケットでキリリと締めて。働く女性の意思を感じるメリハリあるスタイル。

いざプレゼン! ミント色ワンピには、意志を感じる黒ジャケットを合わせて

スマートに着こなす【パンツスタイル】

できる女を象徴させる「パンツスタイル」。きちんとキマって嬉しいですが、マニッシュになりすぎないか心配になる方もいるかと思います。そんな時はトップスの素材感や小物で女性らしさを香らせて、バランスよく仕上げるのがコツ! 気分やその日の予定に合わせて「細めのパンツ」か「太めのパンツ」かを決めてみて。

<白・ベージュのパンツ>

1|白パンツ×ボーダーニット×黒ブラウス

白パンツ×ボーダーニット×黒ブラウス

スッキリとクリアな白パンツは、ボリュームのある女らしいブラウスを合わせて。正装感を程よくくずす、ボーダーニット。手首からのぞくボーダーが小気味良い。

デキる女のつもりが、怖い女になってない!? モノトーンのお仕事スタイル

2|ベージュワイドパンツ×白シャツ

ベージュワイドパンツ×白シャツ

定番の白シャツを今っぽく見せるなら、ボタンをすべて留めて。白シャツ×フルレングスのパンツのシンプルな通勤スタイルも、圧倒的にきちんと見えが叶い、襟や袖のあしらいに悩まずに済むように。

知ってる? 定番【白シャツ】のマンネリ回避法|春夏・通勤スタイル白シャツ着回し

3|ベージュのワイドパンツ×ブラウンのトップス

ベージュのワイドパンツ×ブラウンのトップス

ナチュラルな色気漂う、ブラウングラデーション。肌なじみのいいまろやかなカラーで、旬な女性らしさにアップデート!

【ROPÉのリネン見えワイドパンツ】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

<グレー・カーキのパンツ>

1|グレーのパンツ×ネイビーのブラウス

グレーのパンツ×ネイビーのブラウス

存在感のあるボリュームブラウスに合わせるのは、細身のストレートパンツ。ネイビー×グレー×白のオフィスに最適な配色を選びつつ、最旬のシルエットに更新!

袖ボリューム【ブラウス】着こなしのルールは「ボトムはアウトして着る!」

2|グレーパンツ×ネイビーニット

グレーパンツ×ネイビーニット

上品さのある細身クロップドパンツと、ヘルシーなネイビーリブニット。締め付けが少なく、体の線を拾いすぎないからオフィスコーデにもってこい♪

プロジェクトの社内プレゼン。チェックパンツできれいめコーデ、がちょうどいい!

3|カーキパンツ×白トップス

カーキパンツ×白トップス

内勤メインの日は、細身のカーキパンツと白トップスできれいめカジュアルに仕上げて。バッグに付けたスカーフが、シンプルコーデに華を添える。

オフィスで資料づくりの日。動きやすいきれいめカジュアルで

4|カーキパンツ×アンサンブルニット

カーキパンツ×アンサンブルニット

カジュアルすぎない微光沢感のあるテーパードパンツは、きれいめアンサンブルと合わせて大人の上品さをアップ。

雨の日は傘におさまるIラインのシルエットで♪|気温25℃

<ネイビー・ブラックのパンツ>

1|ネイビーワイドパンツ×ネイビーブラウス

ネイビーワイドパンツ×ネイビーブラウス

セットアップで着るだけできれいめに仕上がるネイビーのワントーンコーデ。シワになりにくい素材ならブラウス×パンツでもきちんと見えるから安心。

【ネイビーカセット服】着回し7選|ONにもOFFにも大活躍アイテムです!

2|ネイビーチェック柄パンツ×ライトグレーニット

ネイビーチェック柄パンツ×ライトグレーニット

鮮度の高いネイビーチェックパンツを、なめらかな肌触りのシルクニットで品よく導いて。さり気ない広がりをもつブーツカットシルエットで、ほんのりモダンな印象に。

おしゃれプロが厳選! 今買ってすぐ着回せる♡ 旬ニット&チェックアイテムをピックアップ!

3|黒パンツ×ワンピース×黒ニット

黒パンツ×ワンピース×黒ニット

オフィスでも浮かない黒のワントーンコーデ。落ち着いた大人っぽさに、太めのベルトを投入してメリハリをプラス。

【オフィスに缶詰の日のコーデ】リラックスできるキャミワンピースが味方

上品さの中に隠れる可憐さが魅力の【スカートスタイル】

きっちりとキメつつも、ほんのり香らせる女性らしさが欲しいという方には「スカートスタイル」のカジュアルコーデがおすすめ♡

<白・ベージュのスカート>

1|白紺のストライプスカート×白トップス×ネイビーカーディガン

白紺のストライプスカート×白トップス×ネイビーカーディガン

着流しカーディガンとブラウスにストライプのスカートを合わせたコーディネート。とろみ素材のレイヤードがかっこよさを体現!

先方の企業を訪問する日はストライプを効かせた上品モノトーンの出番。どんなオフィスにもなじんで、頼りになる!

2|ベージュのセットアップ

ベージュのセットアップ

胸元が大きく開いた服や太ももまで見えるような服など、過度な露出は避けるのが無難。ジャケットやカーディガンなど、簡単に羽織れるアイテムがあると良いかもしれません。

【ベージュ×キャメル】お仕事コーデ5選|職業別2秒でもっていく「先輩配色」のルール

3|ベージュロングスカート×カーキシャツ

ベージュロングスカート×カーキシャツ

ベージュのロングスカートと光沢シャツのニュアンスカラーコーデ。素材感でコーデの感度を高めつつ、光沢トップスはシャツタイプを選んで、女っぽさだけでなくデキる女のムードもキープ。

元彼とディナーの約束。逃した魚は大きいと思わせたい…!

<マスタードイエロー・カーキ・グレーのスカート>

1|マスタードイエローのスカート×白のブラウス

マスタードイエローのスカート×白のブラウス

シンプルなデザインのシャツやブラウスがあれば、パンツスタイルにもスカートスタイルにも使えて、一枚でもジャケットの下のインナーとしても使用できます。

【Liesseの落ち感ギャザー使いブラウス】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

2|カーキのタイトスカート×ネイビーのノースリーブニット×黒のロングカーディガン

カーキのタイトスカート×ネイビーのノースリーブニット×黒のロングカーディガン

ノースリーブタートルネック×タイトスカートでつくるIラインシルエットは、知的なネイビーと旬のカーキを取り入れてシャープに。黒カーデをはおって奥行きを持たせ、ライン入りのベルトでさりげなくスポーツMIXに。

打ち合わせの日はIラインシルエットでシャープにまとめて

3|グレーのロングタイトスカート×グリーンのニット

グレーのロングタイトスカート×グリーンのニット

ふくらはぎまでスッとストレートなシルエットで美脚見えが叶うハイウエストタイトスカート。女っぷりのいいタイトスカートは、長め丈にアップデートして今っぽさを取り入れたい。

ハイウエストタイトスカートで女っぷりのいいワンツーコーデ

4|グレーのタイトスカート×黒のカットソー×オーバーロングベルト

グレーのタイトスカート×黒のカットソー×オーバーロングベルト

オーバーロングベルトで今っぽシンプルコーデに。今季トレンドのトラッドスタイルは、ペンシルシルエットのタイトでフェミニン要素をミックスすると古臭くならない。

【タイトスカート】スタイルアップ×シンプル着こなし最強FILE

<ネイビー・ブラックのスカート>

1|ネイビーフレアスカート×ネイビーブラウス

ネイビーフレアスカート×ネイビーブラウス

上下紺でセットアップ風の着こなし。シンプルな組み合わせにはパールとビジューシューズできらきら感をプラスすればパーティー仕様に。

キラッと小物を効かせたネイビーコーデでクリスマス気分を高める!

2|黒のタイトスカート×白のシャツ

黒のタイトスカート×白のシャツ

白シャツと黒タイトスカートはスッキリ見える組み合わせ。少し光沢のあるリネンと、スカートはデニムという、素材で抜け感を出して。

【通勤コーデ】季節の変わり目はシャツコーデで|オッジェンヌ大枝千鶴の大人女子日記

3|黒のタイトスカート×ブルーのシャツ

黒のタイトスカート×ブルーのシャツ

シャツ×タイトスカートの定番オフィスコーデ。女っぷりタイトはハイウエスト×ひざ下丈がベスト。シャツのボタンをすべて閉じて、襟を立てれば知的な印象が加わります。

【タイトスカート】スタイルアップ×シンプル着こなし最強FILE

最後に

社外の方との交流にもぴったりな「ビジネスカジュアル」コーデ。きっちり感も出しつつ、お洒落も楽しみたい方はすっきりしたシルエットを保ちつつ、シンプルな素材×ベーシックな色合いにこだわってチョイスするといいかも。マナーを守って、清潔感のある大人の着こなしを心がけてみてください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature