Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 無印良品
  5. 【無印良品】間違いなく隠れた名品! 無印のコレでやっと〝あの悩み〟が解決♡

LIFESTYLE

2019.09.21

【無印良品】間違いなく隠れた名品! 無印のコレでやっと〝あの悩み〟が解決♡

無印良品のオススメ商品「ポリプロピレンフタ付石けん置き」についてご紹介!

【無印良品】水切りがラクラク! 携帯にも便利な石けん置き

洗濯、掃除、洗顔…… と、種類は違えど一家に一つはあることが多い固形石けん。コスパが良かったり肌にやさしい成分が含有されていたりなどメリットもたくさんある一方、液体石けんと比べ保管のしづらさが難点。

置き方によっては、石けんがヌルヌルしたり溶け出してしまったりすることも。

実際、私は少し値が張る石けん置きを使っていたものの、石けんが溶けるのが早く、また時間の経過とともに石けん置きに石けんがベッタリ…… 。最後は剥がすのを諦め、石けん置きごと使っていました(笑)。

そんな固形石けん、みなさんはどのように保管していますか。

今回ご紹介するのは、無印良品から発売中のフタ付石けん置き。

無印良品 ポリプロピレンフタ付石けん置き・大 スポンジ2枚付

▲ポリプロピレンフタ付石けん置き・大 スポンジ2枚付/350円(税込)

前述の石けん保管時の悩みを解決してくれる秘密は、樹脂製のケースの上下に入っているウレタンフォームのスポンジ

このスポンジが、とにかく水切れがいい石けんを置いてもヌルヌルせず、溶け出さないのです。ヌルヌルしない石けんって衛生的で気持ちがいい♪

ポリプロピレンフタ付石けん置き・大 スポンジ2枚付

使い始めて1ヶ月近く経ちますが、他の石けん置きに保管していたときと比べ、石けんの持ちも格段にアップ

ポリプロピレンフタ付石けん置き・大 スポンジ2枚付

欲を言えば、少し高さのある石けんを入れた場合フタがしまりづらいかも。ケースのサイズ展開が増えることを心待ちにしています…… !

ちなみに無印良品の石けん置きと言えば、「発泡ウレタン石けん置き」というフタ付きでないものもあります。

両者のメリット・デメリットは、

ポリプロピレンフタ付石けん置き

<メリット>
・持ち運びができる(旅行や出張時に便利)
・2種類の石けんを置ける

<デメリット>
・フタをする場合、置ける石けんのサイズが限られる

発泡ウレタン石けん置き

<メリット>
・ある程度高さのある石けんでも置ける
・中央にくぼみがあるので、石けんが置きやすい

<デメリット>
・持ち運びができない

たとえば洗顔をする際、朝は洗面台で、夜はお風呂場で……と、石けんを持ち運ぶ機会が多い場合は、携帯に便利な「ポリプロピレンフタ付石けん置き」がオススメ。

洗濯石けんなどの保管には、サイズが大きなものも多いので、「発泡ウレタン石けん置き」を選ぶのも手かと。

ぜひ、ライフスタイルや使うシーンに合わせて選んでみてくださいね!

無印良品

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature