これは恐るべし…本格的な【だし巻きたまご】がレンチン3分で作れるアイテムを発見♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. これは恐るべし…本格的な【だし巻きたまご】がレンチン3分で作れるアイテムを発見♡

LIFESTYLE

2019.07.27

これは恐るべし…本格的な【だし巻きたまご】がレンチン3分で作れるアイテムを発見♡

エビスから発売中の「レンジでだし巻きたまご」を使えば、面倒なだし巻き卵を簡単に作ることができちゃうんです♡

レンジで簡単! だし巻きたまごが作れる便利アイテム

通常の厚焼きたまごと違って、だしが入る分、巻くのが難しいだし巻きたまご。でも、お弁当にふわふわでキレイなだし巻きたまごが入っていたらテンションも上がりますよね♡

そんなだし巻きたまごを電子レンジで簡単に作れちゃうアイテムを発見!

それがこちら、生活に便利な日用品を販売するエビスから発売中の「レンジでだし巻きたまご」。

レンジでだし巻きたまご

▲「レンジでだし巻きたまご」/350円(税抜)

以前、同社から発売されている「絶品ごはん保存」を使ってみたところ、冷凍ごはんの概念が変わるほどおいしく大変重宝しているので、今回のアイテムも期待大……♡

【用意するもの】

用意するものは、以下の4点だけ。

レンジでだし巻きたまご

・「レンジでだし巻きたまご」(「本体」と「押し型フタ」のセット)
・卵1個
・水大さじ1杯
・顆粒だしの素小さじ1/3杯(約1g)

※そのほか、かき混ぜる際に菜箸を使うと便利です!

これらを使えば、なんと、巻きすで巻いたような本格的なだし巻きたまごが作れちゃうんです! 巻きすの型がつく秘密は、「押し型フタ」の構造

押し型フタ

このように、型の先端がギザギザの形をしています。そのため、加熱して膨らんだ卵の上から挿し込むことで巻きすの型がつくというわけです!

では、実際に作ってみます!

【だし巻き卵の作り方】

1.本体に卵と水を入れてよくかき混ぜ、押し型フタをしないで電子レンジで【500W・40秒】加熱します。

だし巻き卵の作り方

2.電子レンジから本体を取り出し、顆粒だしの素を入れてよくかき混ぜ、押し型フタをしないで再度【500W・40秒】加熱します。

3.たまごが膨らんだ状態で押し型フタを上からゆっくり入れ込み、フラップで固定します。

だし巻き卵の作り方

1分間待ったらできあがり!

できあがり

いかがでしょうか?

電子レンジで、そして巻きすを使わず作ったとは思えないほど、形の整っただし巻きたまごができました♡

実際に食べてみると、旅館で出るようなふわふわな感じとまではいかないまでも、だしの風味がよくきいた食べ応えのある味わいに感動♡

そしてなにより、フライパンを使わず電子レンジだけででき、さらに時間も3分ほどしかかからないのは、とっても便利。忙しい朝、朝食やお弁当にもう一品入れたい……というときにもうってつけです!

さらに、甘さが足りない場合は、砂糖を入れるなどアレンジするのも手。(ただし、砂糖以外の調味料の追加は不可のようですのでご注意を!)

お弁当派の人、たまご料理が好きな人……など、多くの人に使ってみてほしいアイテムです! ぜひゲットして本格的なだし巻きたまごをお試しください♡

エビスではこの他にも、「ラーメン」や「そうめん」、「おかゆ」などを電子レンジで作れる便利アイテムも展開中。あなたの好きな料理を簡単につくれるアイテムが見つかるかも! あわせてチェックしてみてくださいね。

EBiSU(エビス)

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.28

編集部のおすすめ Recommended

Feature