Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. きれいめコーデ
  5. 20代後半はもっと自由に【アイテム別ファッション22選】洒落感はマスト

FASHION

2021.12.11

20代後半はもっと自由に【アイテム別ファッション22選】洒落感はマスト

今までとテイストを変えたい20代後半の着こなし。若々しさをキープしつつプラスしたいのは、大人っぽさと品の良さです。20代前半のような冒険はできない? そんなことはありません。大人ならではの“遊び心”で、きれいめもカジュアルも自在に楽しむコーデにアップデートしましょう。

【目次】
きれいめテイストにひねりを加えて
【スカートコーデ】華やかだけどキレもあるスタイル
【パンツコーデ】きれいめもカジュアルも大人っぽく
【オフィスカジュアル】知的さもありながらリラクシー
【ワンピース】らくちんでもきれいめな装い
最後に

きれいめテイストにひねりを加えて

これまでのきれいめ服に加えたい、知的さやクールさ。そして損ないたくない洗練さ。20代後半のファッションは、周囲に流されない“意志ある着こなし”が理想です。真逆のテイストをぶつけたり、今まで避けていたアイテムを取り入れてみたり。大人っぽさも意識しつつ、ほどよくカジュアルで遊び心のある『感度高めコーデ』を目指しましょう。

〈POINT〉
・季節に合わせた色選びはもう古い?
・ひねりを効かせたMIXコーデが旬
・定番をハズして洒落感アップ

【スカートコーデ】華やかだけどキレもあるスタイル

ただ女らしいだけじゃない、きれいめカジュアルなスカートコーデとは? 20代後半の女性が取り入れたいテイストは、ハンサムさや今っぽさ。遊び心があるのに決して子どもっぽくない着こなしを要チェック!

【1】タイトスカート×ロゴT

タイトスカート×ロゴT

タフなエコレザースカートは、ベージュならトライしやすい。きれいめな光沢感が、Tシャツにほどよくハードな要素を加算して大人っぽく着地。

エコレザースカートならTシャツ合わせで即カッコよく

【2】花柄スカート×カットソー

花柄スカート×カットソー

大ぶりなフラワー柄を、ドライなコットン生地の黒カットソーでクールに。ピンクでもニュアンスカラーなら浮かれて見えない。

ニュアンスカラーなら大胆なプリントも気負いなく!

【3】プリーツスカート×バンドカラーシャツ

プリーツスカート×バンドカラーシャツ

淡色でつないだシャツ&プリーツスカートに、ハンサムなジレをはおった最旬スタイル。ブーツから素足をのぞかせて“抜け感”をつくるのがポイント。

スカート×ショートブーツが生む“絶対領域”が抜け感のカギ!

【4】フレアスカート×パーカー

フレアスカート×パーカー

トレンドのきれい色は、ほんのり深みのある色なら大人っぽくまとまる。甘めのスカートは、重量感のあるブーツでぐっと引き締めて。

カジュアルコーデを秋らしく引き締めたいときは?

【5】ナローフレアスカート×ニット

ナローフレアスカート×ニット

黒アイテムにぶつけたのは、真っ白なサテンスカート。真逆のテイストが映える、大人のワザありスタイルに。オーバーサイズのシャツとコンバットブーツでクールなパンチを効かせて。

繊細な白サテンスカートのもつイメージを覆す上級ワザ♡

【6】タイトスカート×ニット

タイトスカート×ニット

ダークな配色になりがちな季節は、カラーコートで華やかさをプラス。ワントーンコーデにはおれば、Iラインを強調してスタイリッシュに。

【ナローフレアスカート】で冬のおしゃれを楽しく!

【パンツコーデ】きれいめもカジュアルも大人っぽく

ほどよくラフなのにきれいめ。女らしいのにキレもある。そんなテイストMIXが“おしゃれな大人”を印象づける20代後半のコーデ。甘いだけじゃなく“クールさ”を効かせるテクも必見です。

【1】タック入りパンツ×ワイドスリーブトップス

タック入りパンツ×ワイドスリーブトップス

二の腕カバーも嬉しいワイドスリーブのカットソー。Tシャツ以上~ブラウス未満で、旬のサスペンダーパンツをほんのり女らしく。

ほんのり女っぽく♡ 大人が着る旬のカジュアルボトム

【2】テーパードパンツ×バンドカラーシャツ

テーパードパンツ×バンドカラーシャツ

冒険心のあるきれい色パンツには、バンドカラーシャツで今っぽさときちんと感を。シャツのゆったり感がテーパードをより美脚見えに導く。

きれいめコーデの鮮度を高めるバンドカラーシャツの威力

【3】デニムパンツ×バンドカラーシャツ

デニムパンツ×バンドカラーシャツ

ハリのある生地とペールイエローでシャツ自体に品があるので、カジュアルなブルーデニムもきれいめにまとまる。鮮やかなオレンジ色がアクセント。

バンドカラーシャツならデニムもきれいめにまとまる!

【4】チェック柄パンツ×ニット

チェック柄パンツ×ニット

グリーンみのあるマスタードイエローが旬感を与えるトラッドコーデ。スウェット風のカジュアルなディテールと、チェック柄パンツが今っぽくマッチ。

レトロなマスタードニットにチェック柄パンツがマッチ

【5】デニムパンツ×ニット

デニムパンツ×ニット

一枚で着れば女性らしく、重ね着もしやすいボートネックニット。ストライプシャツをレイヤードすれば、ふんわりニットと相まって“カジュアルな女っぷり”を実現。

かっこよさを散りばめた大人のニットスタイル

【オフィスカジュアル】知的さもありながらリラクシー

堅苦しすぎず親近感があり、無難すぎずトレンド感をひとさじ。20代後半のオフィスカジュアルは、かっこよさと愛らしさを兼ね備えた装いが理想です。

【1】襟コンシャスブラウス×黒パンツ

襟コンシャスブラウス×黒パンツ

“上半身映え”する甘いテイストの襟コンシャスブラウス。かっちりとしたきれいめの黒パンツなら、大人っぽく受け止めてくれる。

襟コンブラウス×黒パンツの甘辛コーデで初秋スタート!

【2】カーキシャツ×テーパードレッグパンツ

カーキシャツ×テーパードレッグパンツ

ロゴTもサマになる、ハイウエストで程よいゆとりのテーパードレッグパンツ。他アイテムの色を抑えることで、パンツのライトグリーンがより際立つ。

定番テーパードパンツを、今どきシルエットに更新!

【3】付け襟ニット×フレアスカート

付け襟ニット×フレアスカート

付け襟がレディな黒ニットに、淡いブルーのフレアスカート。正統派な着こなしには、黒のフラットブーツでこなれ感を加えて。

この秋は、正統派レディスタイルを楽しみたい!

【4】ジャケット×ワイドパンツ

ジャケット×ワイドパンツ

ジャケパンスタイルを程よく“ハズし”てくれるのは、マスタードイエローとコーデュロイのレトロ感。インナーとパンプスの色をリンクした小技もポイント。

実は小ワザが効いたジャケパン通勤コーデ

【5】黒ニット×きれいめパンツ

黒ニット×きれいめパンツ

きりっとハンサムなお仕事コーデ。タートルネックニットの下に白インナーで抜け感をプラスすれば、ぐっとこなれる。

シンプルコーデこそ足元のおしゃれでかっこよく!

【ワンピース】らくちんでもきれいめな装い

エレガントな装いにもシフトできて対応力万能のワンピース。時短でコーデがキマるのも嬉しいですよね。だけど簡単なだけに手抜きに見えてしまうのは、おしゃれ女子のプライドが許しません。シンプルさもインパクトも今どきの着こなしにアップデートしましょう。

【1】ワンピース×サンダル

ワンピース×サンダル

ウエストまわりや袖のタックがスタイルアップに貢献。表情豊かな着こなしが叶うワンピは一枚できれいめ。

ワンピースの進化版でさらにスタイルアップを

【2】黒ワンピース×アーモンド靴

黒ワンピース×アーモンド靴

シックなブラウンのとろみワンピ。シンプルなアイテムには、旬の甲深アーモンド靴でモダンにアップデートを。

トレンド靴【甲深アーモンド】で晩夏→秋コーデ

【3】キャミワンピース×カーディガン

キャミワンピース×カーディガン

フェミニン派のマストアイテム「白のざっくりカーディガン」。ツヤ感のあるキャミワンピもクリーミーなトーンを選んで、品よく転化させて。

「ざっくりカーディガン」なら秋冬コーデを更新できる!

【4】ワンピース×ハイゲージニット

ワンピース×ハイゲージニット

ロマンティックな白ワンピースの上に、きれい色ニットをON! レトロなムードのオレンジが、甘い印象の着こなしをモードにシフトする。

決め手はレトロなオレンジ。重ねるだけでおしゃれ上級者!

【5】カットソーワンピース×シャツジャケット

カットソーワンピース×シャツジャケット

ルーズなカットソーワンピをキレよく引き締めるシャツジャケット。オーバーサイズをばさっとはおれば、スポーティアイテムのハズしも大人っぽくまとまる。

旬バランスは【ワンピース×大きめアウター】で簡単につくれる!

【6】ニットワンピース×ミドルジレ

ニットワンピース×ミドルジレ

のっぺり見えがちなワンピースに“ジレ”でアクセントをプラス。リラックス感のあるアイテムをオン仕様に導いて、洒落感もアップ!

ジャケットより軽快で今っぽい!

最後に

地に足のついた着こなしにシフトし始める20代後半のコーデ。幼さを封印した、女らしく品のいい着こなしを紹介しました。どんなアイテムでもオンオフ自在に着こなせる洒落感が理想。感度を高めて、シーンに合った自分らしい着こなしを意識しましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature