【お洒落な着痩せコーデ25選】体型カバーやメリハリのある大人可愛い着こなし | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 着痩せ
  5. 【お洒落な着痩せコーデ25選】体型カバーやメリハリのある大人可愛い着こなし

FASHION

2021.11.11

【お洒落な着痩せコーデ25選】体型カバーやメリハリのある大人可愛い着こなし

横幅をスマートに見せるポイントは、縦のラインを強調すること。ストレスフリーなワイドパンツ~女らしいワンピースなど、身体のラインをカバーしつつ着痩せを狙える着こなしを紹介します。頑張ってる感がないのにおしゃれ。イヤミがなくヘルシー。そんな今どきのスタイルが理想◎

【目次】
“無難にならない着こなし”がゼッタイ!
【長×長レイヤード】ストレスフリーの旬コーデ
【ワンピース】女らしいスカートコーデ
【メリハリ・立体感】高感度な大人コーデ
最後に

“無難にならない着こなし”がゼッタイ!

「くびれをつくって着痩せ」も憧れるけど、身体のラインを強調するのはやっぱり気が引ける…。そんな女性におすすめのストレスフリーな着痩せコーデを紹介します。きちんと感もカジュアルも、きれいめ要素を盛り込んで大人っぽくまとめましょう。

【POINT】
・縦のラインを強調
・レイヤードのバランスで洒落感アップ
・軽さをつくる“抜け感”も忘れずに

【長×長レイヤード】ストレスフリーの旬コーデ

重心を上げるコーデも取り入れてみたいけど、うまく取り入れられない。という人におすすめなのが、長×長バランスのスタイル。あえて重さをつくりつつ、今どきの着こなしにまとめます。体型もカバーできてスタイリッシュ。窮屈さがないのも嬉しいポイントです。

【1】ロングワンピ×ワイドパンツ

ロングワンピ×ワイドパンツ

ニュアンスカラーコーデ。カジュアルなカーキパンツもグレー寄りならシックに着られる。チャコールグレーのロングワンピを重ねて、大人っぽく表情豊かな装いに。

カーキ×ニュアンスカラーでこなれた着こなしに

【2】Tシャツワンピ×ニットワイドパンツ

Tシャツワンピ×ニットワイドパンツ

淡カーキのワンピースにカーキのニットパンツをレイヤード。素材感のメリハリと、軽やかに見える裾のスリットがおしゃれ。

旬バランスの【長×長レイヤード】を成功させるコツ

【3】カフタンワンピ×ワイドパンツ

カフタンワンピ×ワイドパンツ

体が泳ぐゆったりとした薄手のカフタンワンピースに、ワイドパンツをレイヤード。シアーな質感が、今っぽいこなれたバランスに。

ロング丈がドラマティックな【ワンピース】

【4】ロングワンピ×ワイドパンツ

ロングワンピ×ワイドパンツ

サイドスリットが深めに入った、爽やかなデニム地風のワンピース。クリーンな白パンツと合わせて、ヘルシーな着こなしに。

買うならヘルシーな「ニュアンスブルー」のきれい色!

【5】シャツワンピ×ニットワイドパンツ

シャツワンピ×ニットワイドパンツ

ブラウン系でまとめたワントーンコーデ。パンツのニット素材がリラクシーな雰囲気に。遊び心のある小物使いも高ポイント。

トレンドカラーブラウンでワンランク上の夏コーデ!

【6】シャツワンピ×ワイドパンツ

シャツワンピ×ワイドパンツ

果実色とのコントラストがこなれる、ネイビーのシャツワンピ。ウエストを紐で調整できるドロストパンツなら、よりリラックス感のある着心地に。

レイヤードスタイルは果実色パンツで個性を発揮!

【7】プルオーバーワンピ×ワイドパンツ

プルオーバーワンピ×ワイドパンツ

セットアップ風にまとまる、ネイビーのワンカラーコーデ。品のいいキャメルの小物をプラスして、通勤対応のスタイルに。

1枚でも映えるおすすめワンピ&着回しコーデ

【8】ワンピース×ワイドパンツ

ワンピース×ワイドパンツ

ワンピースにレイヤードした白ワイドパンツは、ほんのり透け感があれば軽やかなバランスに。やわらかな質感で女らしさもアップ。

とことん楽ちんなのにお洒落見え♡

【9】深Vネックワンピ×デニムワイドパンツ

深Vネックワンピ×デニムワイドパンツ

深いVネックワンピに白ハイネックをインして、ヘルシーな抜け感をプラス。ハリのあるワイドデニムは、ワンピースのきれい色で重心を上げて。

カラーアイテムで冬のマンネリコーデを一新!

【10】ワンピース×ワイドパンツ

ワンピース×ワイドパンツ

Vネックの抜け感で、重量感あるレイヤードが旬のバランスに。きれい色ニットを肩掛けすれば、ぐっとこなれ感アップ。

レイヤードを楽しむなら【深めVネックワンピース】

【11】ニットワンピ×シルクパンツ

ニットワンピ×シルクパンツ

ニット×シルクの異素材MIX。ダークカラーのほっこりニットも、軽快なサックスブルーのパンツで重たさ払拭。パンプスからのぞく足元の肌も抜け感のポイント。

【くすみパステル】はカーキ&グレーと好相性♡

【ワンピース】女らしいスカートコーデ

華奢見え狙えるバサッとワンピや、タイトめパンツのレイヤードなど、より女らしさを高める着こなしはコチラ! ちょっとした集まりなどにも活用したいスタイルです。

【1】白ワンピース

白ワンピース

真っ白なフェミニンワンピも、黒小物の辛いインパントをプラスすれば大人モードにシフト。余計な装飾のないシンプルさがスタイリッシュ。

モノトーン配色と洒落感小物で一気にあか抜け!

【2】ネイビーシャツワンピ

ネイビーシャツワンピ

ジェニックな小物も難なくなじむのは、上品なネイビーワンピのおかげ。シャツワンピのきちんと感をいい意味で裏切った、大人の休日スタイル。

この春は【シャツワンピ】でハンサムにキメる!

【3】黒ワンピース

黒ワンピース

立体的なコクーンフォルムのワンピース。ドロスト仕様の裾と、エッジの効いたスリットがアクセント。

オンオフ問わず着られる【シャツワンピース】

【4】黒シャツワンピ

黒シャツワンピ

存在感のあるバサッとしたサイズ感だから、一枚でもサマになる。素肌をのぞかせつつ、重さ感じるショートブーツのバランスがちょうどいい。

秋の最旬シャツワンピ着回しコーデ4選

【5】黒ニットワンピ

黒ニットワンピ

縦ラインがアクセントの広がり抑えたプリーツスカートを、オーバーサイズのニットワンピにIN。表情豊かなスカートの揺れ感が華やかな印象に。

冬のレイヤードを楽しむなら【深めVネックワンピース】

【6】キャミワンピ×細身デニム

キャミワンピ×細身デニム

ツヤ感が軽やかなキャミワンピに、細身デニムをレイヤード。体になじむリブカットソーも、着痩せ効果に貢献。

旬バランスの【長×長レイヤード】を成功させるコツ

【7】開襟ワンピ×細身デニム

開襟ワンピ×細身デニム

細身パンツは、足首チラ見せならトライしやすい。裾のアクセントがよりこなれた印象に。

1枚でも映えるおすすめワンピ&着回しコーデ

【8】黒ワンピ×淡色レギンス

黒ワンピ×淡色レギンス

ゆったりした黒ワンピからチラりとのぞくレギンスが、コーデの鮮度を高める。レギンスは、ニュアンスカラー&スリット入りが買い!

秋の最旬シャツワンピ着回しコーデ4選

【メリハリ・立体感】高感度な大人コーデ

ウエストラインのメリハリや立体感で、おしゃれポイントを上げたいときはコチラ! ここでも縦ラインを意識したバランスが着痩せコーデのポイントです。「ここぞ」というときに取り入れてみて。

【1】白シャツ×ワイドパンツ

白シャツ×ワイドパンツ

白シャツ&オフ白パンツのワントーンが、大人の品をアピール。ウエストマークで緩急をつければ、スタイルアップも実現。

凛とした「クールフェミニン」コーデ5選

【2】茶系シャツワンピ×ワイドパンツ

茶系シャツワンピ×ワイドパンツ

リブタンクトップとワイドパンツ。ウエストのリボンでお腹まわりをカバーしつつ、シャツワンピをはおって縦ラインを強調。エッジの効いた小物を効かせれば、辛口ハンサムな着こなしに。

すぐマネできる♡ 最旬ベージュトーンコーデまとめ

【3】白スウェット×センタープレスパンツ

白スウェット×センタープレスパンツ

ビッグシルエットのスウェットと、ツヤ素材のワイドパンツが好バランス。センターラインが美脚見えを叶えてくれる。長めのパールネックレスも縦長見えに貢献。

スウェットトップスにはワイドパンツが新定番!

【4】グレーニット×ワイドパンツ

グレーニット×ワイドパンツ

ざっくりとしたショート丈ニットから白シャツをのぞかせて、立体感と抜け感をプラス。お腹やお尻まわりをカバーしつつ、センスある着こなしに。

デザイナー田口令子さんにインタビュー!

【5】淡グレーニット×ジョガーパンツ

淡グレーニット×ジョガーパンツ

ヒップまわりをカバーするシャツにニットを重ね、ジョガーパンツでカジュアルダウン。アクティブなムードを添えた、大人カジュアルな着こなしに。

とことん楽ちんなのにお洒落見え♡

【6】Vネックニット×白パンツ

Vネックニット×白パンツ

オーバーサイズのVネックニットに白シャツをIN。体のラインを拾わない白パンツは、軽快さたっぷり。長め丈のスポーティアウターで縦長シルエットに導いて。

きれいめ派のスポーティアウター8選!

最後に

「体のラインを強調させずに着痩せしたい」そんな女性にぴったりな着こなしを紹介しました。ポイントは長×長バランスや、縦ラインで錯覚を狙ったスタイル。体にストレスをかけず、洒落感もアップできるおすすめコーデです。シーンに合わせて取り入れてみて。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature