Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. クローゼットに骸骨…ではありません!「He has a skeleton in the closet」の意味は?【日本人のかんちがい英語】

WORK

2019.02.11

クローゼットに骸骨…ではありません!「He has a skeleton in the closet」の意味は?【日本人のかんちがい英語】

「He has a skeleton in the closet.」の意味は…? 書籍『またまた出ちゃう! 直訳禁止 日本人のかんちがい英語』(ゲーリー・スコット・ファイン著:高橋書店)から、日本人がかんちがいしやすい英語の慣用句をご紹介!

ネイティブは慣用句が大好き! 聞いたまま訳したら…大恥かも!?

日本でもよく使われる慣用句。たとえば、会話の中で「顔が広い」「頭が固い」などの言葉がでてきても、実際には、顔の横幅が広いわけではありませんし、頭が固いわけでもありませんよね。

でも、慣用句としての意味を知らない人が聞いたらどうでしょう…?

英語にも、日本語に負けず劣らずたくさんの慣用句があります。そして、ネイティブたちはこの慣用句(=イディオム)を使うのが大好き。

私たち日本人が、慣用句と知らずに元の意味のまま直訳すると、とんでもない意味になってしまうかも…。

今回は、そんな日本人がかんちがいしやすい英語のイディオムをチェックしていきます!

「He has a skeleton in the closet.」と言われたら…こうかんちがいしない?

突然ですが、以下の英文を日本語訳にしてみてください。

「He has a skeleton in the closet.」

はてな
(c)Shutterstock.com

わかりましたか?

「彼のクローゼットには骸骨がある…」

と訳してしまった人は、要注意! クローゼットの中に骸骨を隠し持っている彼…大事件です!

では、このイディオムの意味は…?

「He has a skeleton in the closet.」の意味は…「彼には秘密がある。」

「He has a skeleton in the closet.」の意味は…「彼には秘密がある。」

見られたくないものをクローゼットに隠している人、少なくないですよね? have a skeleton in the closet は「知られたくない秘密を隠している」。死体は朽ち果てても骨は残ることから、昔犯した悪事や過去の秘密をたとえて言うのです。
「He has a skeleton in the closet.」を言いかえるなら、
・He has a dirty little secret.(彼にはよくない秘密がある)
・He’s hiding something.(彼は何か隠している)
(『またまた出ちゃう! 直訳禁止 日本人のかんちがい英語』より)

まとめの格言 have a sheleton in the closet「知られたくない秘密を隠している」

現在発売中の書籍『またまた出ちゃう! 直訳禁止 日本人のかんちがい英語』(ゲーリー・スコット・ファイン著:高橋書店)は、英会話を勉強したいけど本格的に習うほどには自信がない人、雑学が好きな人にうってつけ!

今回ご紹介した言葉以外にも、ネイティブは「こう言っている」のに、日本人は「こう聞きまちがえる」という、よくある76のフレーズがおもしろおかしく紹介されています。

くすりと笑い楽しみながら、コミュニケーションや異文化の理解を深められます! ぜひチェックしてみてくださいね。

またまた出ちゃう! 直訳禁止 日本人のかんちがい英語(ゲーリー・スコット・ファイン著:高橋書店)

イディオムがわかれば、英語はもっと楽しい
“Why the long face?”は、「なんで顔が長いの?」
“He is a big cheese.”は、「彼はでっかいチーズだ」
“My car is a lemon.”は、「私の車はレモンです」
……ではありません!

単語ひとつひとつはわかるのに、相手の言葉が理解できないとき、その原因は、英語の慣用句「イディオム」かもしれません。本書では、日本人が学校でまったく習わなかった「イディオム」をわかりやすく、おもしろく、紹介しています。

著者は、NHK英会話番組で活躍中のゲーリー先生。おもしろくって、為になる、「かんちがい英語」の世界、第2弾。

『直訳禁止! またまた出ちゃう! 日本人のかんちがい英語』商品詳細


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature