Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 読めなきゃ損。飲まないのはもっと損。【お屠蘇】にはお正月に飲むべき理由があるんです!

BEAUTY

2017.12.30

読めなきゃ損。飲まないのはもっと損。【お屠蘇】にはお正月に飲むべき理由があるんです!

漢方アドバイザー・国際中医薬膳師の大木さと子が、東洋医学の視点から仕事をする女性を元気にする情報をお届けします!

元旦の祝い酒、ならぬ邪気払い漢方! 「お屠蘇」

お屠蘇

お正月、元旦の祝い酒といえば「お屠蘇」(おとそ)。ちょっと薬っぽい味で苦手、という人も多いかもしれません。それもそのはず、お屠蘇はもともと中国生まれの、歴史ある漢方薬なんです。

中国、三国時代の名医が作った「屠蘇酒」

漢方薬

漢方薬「屠蘇散」は、中国で3〜4世紀ごろに作られた生薬(薬草など)の組み合わせで、もともとは感染予防のために作られた処方。この屠蘇散を前夜から酒に浸したものが「お屠蘇」になります。現代で飲まれているお屠蘇とは生薬の内容が異なりますが、「邪気を屠(ほふ)り(=邪気を払い)、魂を蘇らせるところから「屠蘇」と名付けられたもので、「元旦に飲むと年中の災厄を避け、福寿を招く」と伝えられています。

実はお正月に嬉しい効能が沢山! 祝い酒というより「お正月に飲むべき漢方」

祝い酒

そんなお屠蘇に入っている生薬は、お正月の不調予防に役立つものばかり!

代表的な「屠蘇散」の生薬と効能は下記のとおり。(※組み合わせは異なる場合があります)

【肉桂】(ニッキ)寒さによる胃痛・風邪の初期症状・神経痛に

【山椒】食欲不振・消化不良・胸のつかえ・腹部の冷えに

【白朮】むくみ・尿量減少・食欲不振に

【桔梗】のどの痛み・咳・痰・吹き出物に

【防風】風邪の初期症状・関節痛に

【丁子】(クローブ)胃の不調・食欲不振・冷えに

【陳皮】消化不良・吐き気・咳止め・風邪予防に

沢山飲むものではありませんが祝い酒で邪気を発散して、不調を寄せ付けない健康な一年を祈願しましょう!

大木さと子

国際中医薬膳師・漢方アドバイザー。国立北京中医薬学大学日本校卒。普段はメーカー勤務、よく食べよく飲むアラサーOL。ふだんメシをアップするInstagramにて、薬膳の情報も発信中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.09.25

編集部のおすすめ Recommended

Feature