Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 「科学的に…」理系男子が言いたがる言葉の真意とは?|理系男子のトリセツ3

WORK マナー

2017.11.03

「科学的に…」理系男子が言いたがる言葉の真意とは?|理系男子のトリセツ3

理系男子。もしかしたら「ちょっと苦手なタイプかも…」と思っている方も多いのでは? サッパリ理解できない彼氏の言動。すれ違いばかりの同僚。理屈っぽくてイヤな上司…。そんなあなたに朗報です。日本でただひとりの「ビジネス数学の専門家」が、理系男子のアタマの中や典型的な行動をわかりやすく解説。今回は、理系男子がとにかく言いたがるフレーズ について。

深沢真太郎

男性
(c)Shutterstock.com

前回の記事では、理系男子に対する考え方についてお伝えしました。

世の中は、データで溢れ、AIが仕事をこなし、生産性がさらに求められる現代…。理系の能力こそ、社会で求められているのかも? なんて思ったりしますよね。

でも、必要以上に理系の能力をリスペクトする必要はなく、むしろそんな人物(特に理系男子)を、うまく使いこなし、うまく付き合うことで、自分の人生や仕事を豊かにしていける可能性があるのです!

「科学的に…」 理系男子がとにかく言いたがるのは、理由がある!

今回から、いよいよ具体的に理系男子の生態(?)と、その対応方法についてお伝えしていきます!

まずは、「理系男子が好むフレーズ」がいくつかあるので、それをチェックしていきましょう。今回ご紹介するフレーズはこちらです。

「科学的に」

なんとなくイメージ湧きますよね(笑)。特に理学・工学・医学・薬学の研究者などは、好んで使いたがるようです。

理系男子は、とにかく科学的な根拠が大好物! あなたの職場でも「根拠」が大好きな上司がいたりしませんか? もしかしたら、その上司は、典型的な理系男子かもしれません。

実は、これには理由があります。理系出身者は、大学などで論文を書く経験をしてきているはずです。その際、実験などを通じて得たデータやロジカルな説明が求められます。

それがないものは、根拠がないものとして評価され、認められないのです。大袈裟に思われるかもしれませんが、理系男子にとって「科学的な根拠」は命なのです!

実験
(c)Shutterstock.com

「それ、科学的に証明されているの?」

文系の皆さんには、単なるカッコつけたフレーズのようにしか聞こえないかもしれませんが、実は理系出身者にとっては、とても自然な発言なのです。

ですから、もしあなたの上司や同僚、恋人などがこのフレーズを発したら、「はあ?」という言葉をグッと飲み込んで(笑)、ぜひ次の一言で応対してあげてください。

「わからない。でもその発言、さすが理系アタマね」

そして、ここでのポイントは、それ以上何も言わないこと。必ずここで会話を終わらせてください!

ここで会話を続けてしまうと、理系男子のお得意な「べき論」と「知識自慢」が始まってしまいます(私自身も日頃から気をつけていますが…)。実は先ほどのあの一言だけで、理系男子はすでに満足しているんですよ。

余談ですが、最近ベストセラーになったビジネス関連の書籍にこのようなものがあります。

『科学的に元気になる方法集めました』(堀田秀吾/文響社)
『「学力」の経済学』(中室牧子/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

前者には、そのフレーズがそのまま入っていますね。後者は、大ベストセラーになった1冊ですが、本書のコンセプトが『今まで「思い込み」で語られてきた教育の効果を、科学的根拠から解き明かした画期的な一冊』でした。

これはあくまで私の仮説ですが、おそらく理系男子もたくさん手に取ったのではないでしょうか。実は私もその中のひとりです。科学的根拠のあるものは、信じるのです。

理系男子の好きなフレーズとその対応方法をご紹介しました。次回以降も続きますので、お楽しみに。

深沢真太郎 ビジネス数学の専門家/人材教育コンサルタント

BMコンサルティング株式会社代表取締役/多摩大学非常勤講師/理学修士(数学)
ビジネスパーソンの思考力や数字力を鍛える「ビジネス数学」を提唱し人財育成に従事。著作多数。
文化放送「The News Masters TOKYO」ニュースマスター
ラジオ『深沢真太郎のビジネス数学カフェ』パーソナリティ
パールハーバープロダクション所属(文化人タレント)
国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者
公式チャンネル「ビジネス数学TV」


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.20

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature