Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. ハワイと東京、同じタイミングで同じ天丼セットを食べてみた結果…「金子半之助」二元中継

LIFESTYLE

2018.08.15

ハワイと東京、同じタイミングで同じ天丼セットを食べてみた結果…「金子半之助」二元中継

行列のできる人気天丼店「金子半之助」。ハワイ店、東京の神田小川町店の天丼を実食レポート!

行列の絶えない人気店「金子半之助」

江戸前天丼の名店として人気を誇る「金子半之助」。その本店は日本橋にあり、昼時ともなれば連日長い行列ができているそう。

金子半之助

さらにその人気は衰えることなく、今や日本国内のみならず、海外にまで出店をしているというからすごい!

(2017年ハワイの“ワイキキ横丁”に「金子半之助」が出店したことは、以前ハワイ連載でも紹介しました)

そんな話は知っていたものの、行列にひるみ、「金子半之助」未体験だった編集H。

先日行ったハワイで「金子半之助」の店を見かけ、ハワイでは行列が日本より短い。これはチャンスなのか? と内心思いつつ、その日は食べる機会を逸してしまったのです。

でも「金子半之助」デイは突然やってきました(大げさですいません)。

「金子半之助」同タイミングでハワイで食べる友と、東京で食べる私

ハワイにステイ中の親しい友人とLINEをしていたところ、

「今から『金子半之助』にひとりで天丼食べにいく!」

というのです。

それはまさしく私が行きたかったハワイの「金子半之助」! なぜ私がハワイのこの店にこだわるかというと、ハワイ在住日本人の友人知人たちが、口をそろえて言うのです。

「“ワイキキ横丁”には数多くの日本食店があるけれど、あそこで食べるべきは『金子半之助』の天丼(梅) だけ! 味とコスパのバランスが最高だから!」

この意見、ひとりやふたりではなく、10人近い現地在住日本人たちが言うのですから間違いありません。

とはいえ、私は今東京にいます。

そこで、ハワイにいる友人と、東京の私(いずれも金子半之助ビギナー)で、一緒に食べてみることに。

私は神田小川町店へ向かいました。

金子半之助 神田小川町店

時刻は日本の17時。ハワイは前日の22時。どちらの店舗も微妙な時間だったので、行列なし! いざ入店です。

ハワイと東京で同時に食べたのは、天丼(梅) 味噌汁付き

まずハワイのメニュー表がこちら。

ハワイのメニュー表

そして東京のメニューがこちら。

東京のメニュー表

同じ天丼(梅)の梅でも、微妙に価格が違います。

■天丼(梅)→ハワイ9.98ドル(税、チップ別)、東京880円(税込)

■天丼(梅)味噌汁付き→ハワイ11.50ドル(税、チップ別)、 東京1,000円(税込)

価格でいうと、東京は安いですね。

ハワイで味噌汁付きセットを食べた本人は、チップ18%を入れて計14.11ドル支払ったそう。日本円に換算すると約1570円(2018年8月7日レート)。東京との価格差は、570円!

でもこの価格差を超える味の魅力があればアリです。では内容をしっかりチェックしていきます。

天丼の前のお楽しみは?

【無料の飲み物】

■ハワイでは、無料の水かお茶が選べ、お茶はほうじ茶がサーブされた。

■東京では、無料の黒豆茶のポットが卓上に置いてあり、別にセルフのウォーターサーバーもあった。

【無料のお漬物】

■ハワイでは、ガリと菜の花の漬物が無料&食べ放題

ハワイ 無料のお漬物

■東京では、昆布入りガリごぼうと、しば漬けの漬物が無料&食べ放題

東京 無料のお漬物

本日のメインディッシュ、天丼! ハワイと東京、何かが違う?

【天丼】

ハワイ 天丼東京 天丼

パッと見は、ほぼ同じですが、天ぷらの盛り付け方が、東京のほうがドドーンと立体的!

■ハワイの天ぷらのタネは、海老2本、海苔、なす、ししとう、かぼちゃ、舞茸、半熟卵の7品。

■東京は、海老2本、イカのかき揚げ、海苔、なす、ししとう、舞茸、半熟卵の7品。

東京の天丼に入っているイカのかき揚げの代わりに、ハワイではかぼちゃが入っているという差がありました!

【味噌汁セット】

ハワイ 味噌汁セット東京 味噌汁セット

ハワイ、東京を見比べてみても、印象的には同じ感じなのがすごい。

■ハワイの味噌汁は、わかめとねぎ。

■東京の味噌汁は三つ葉(ほかに具が入っていたかは忘れました、すいません)

【「金子半之助」といえば、自家製 醍醐味】

厳選した7種類の材料(唐辛子、山椒、麻の実、黒ごま、白ごま、芥子の実、青のり)から丁寧に、少しずつ手作りで焙煎しているという七味が卓上に。

香りがよく、ピリリとした風味。ハワイ店にもちゃんと置いてあります。

ハワイ 東京 自家製 醍醐味 七味


以上、ハワイと東京の天丼の二元中継レポートでした。

いずれの天丼も薄衣で美味しい天ぷらと、甘すぎないタレが絶妙! 最後に半熟卵の天ぷらをくずして、TKGとしていただくのもオツな感じで、すっかりファンに♡

具材や価格は、やはり本場の日本・東京のほうが高得点ですが、ハワイで東京の味と変わらない絶品の天丼(ハワイの店は天ぷらの定食もありますよ)が食べられるなんて、嬉しいですよね。

次回のハワイ旅行で行ってみてください!

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature