Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 夏ファッション
  4. 清楚系コーデ21選【レディース】夏の最新着こなし特集

FASHION

2018.05.28

清楚系コーデ21選【レディース】夏の最新着こなし特集

着るだけで女性らしさがぐんとアップする、ワンピースやスカート、パンツや白シャツを使った、この夏イチオシの清楚系コーデをご提案。女性はもちろんのこと、男性や年配の方からも高感度が高い清楚系コーデをピックアップ! シンプルコーディネートから女子力アップの好印象コーディネートまで、最旬コーデを取り入れて明日をもっと楽しく。

清楚コーデ

【1】ネイビーワンピース

ネイビーワンピース

一枚でドラマティックな着こなしが実現! 襟元のデザイン、そでの長さ、フレアのボリュームなど細部にまでこだわりが詰まった清楚なシルエットのシャツワンピース。
春のeditstore NEWS! Oggiスタイリスト×人気セレクトショップがコラボした「春に買うべき4アイテム」その1

【2】モカ色ワンピース×黒ジャケット

モカ色ワンピース×黒ジャケット

ゆれ感のあるモカ色のワンピースには、黒ジャケット&黒バッグを合わせて落ち着いた清楚な大人っぽさを意識。さらにベルトも締めれば、きちんと感高く装える。
【彼の両親に会う日】emmiのベルト付きノーカラージャケットできちんと感を装って

【3】黒ワンピース×白カーディガン

黒ワンピース×白カーディガン

黒のワンピースに白のカーディガン&サンダルをプラスした、爽やかさの勝る清楚なサマーモノトーンコーデ。カーディガンを脱げば、ノースリーブのヘルシーな肌見せでギャップを狙える。
【8/15のコーデ】彼とごはんデート。ワンピース、やっぱ着ちゃうよね

【4】黒ワンピース×グレーニット

黒ワンピース×グレーニット

1枚だけだとフェミニンで清楚な印象のワンピースも、ニットのレイヤードやキャスケットなどの小物で、程よくカジュアルダウンさせればタウン使用に。
【3/14のコーデ】街を散策♪ フェミニンなきれいめワンピをカジュアルダウンさせて

【5】グレーチェックワンピース×黒ジャケット

グレーチェックワンピース×黒ジャケット

知的美人オーラ漂う大人の清楚コーデ。ワンピース以外は黒で統一し、アクセはレザーの時計一本で決めるのが適正バランス。タイトワンピースは飾らないのに女性らしさを味方にできる有能アイテム。
【明日のコーデ】ここぞという日は、Iラインワンピースで女っぷりよく♪

【6】白ノーカラーシャツ×黒タイトスカート

白ノーカラーシャツ×黒タイトスカート

白シャツはいつの時代も頼れる好印象アイテム。襟なしタイプなら清楚な感じを出しつつもかしこまりすぎずに、きちんと感と抜け感が両立できる。シンプルだけどさりげなく着映えするマットなスカートと合わせて。
【明日のコーデ】彼ママの誕生日ディナーへ。ノーカラーの白シャツで程よくしゃきっと

【7】白ブラウス×白スカート

白ブラウス×白スカート

白ブラウスに白スカートを合わせた、清潔感あふれるスカートセットアップ。アウターにはソフトなベージュトレンチを合わせ、清楚さと上品さをプラス。
【愛され白コーデ】初対面の方に会う日、オールホワイトで凛と大人っぽく!

【8】白ブラウス×黒タイトスカート

白ブラウス×黒タイトスカート

やわらかな白ブラウスに黒のひざ下タイトは、単に女っぽいだけで終わりたくない女性におすすめのスタイル。丸みのあるカゴバッグを投入して、清楚なフェミニンさはキープしつつ、ぐっと軽やかな印象に。
【明日のコーデ】ショッピング前は春トレンドのイメトレ♪ インナー春化計画

【9】白シャツ×ベージュトレンチコート

白シャツ×ベージュトレンチコート

清潔感を重視した組み合わせにドレスシルエットのトレンチコートをON。ベーシックなアイテムを組み合わせた淡い配色も、今どきのシルエットを意識すれば、ただの地味で終わらない清楚な印象映えが狙える。
【2/11のコーデ】きちんとした予定向き。シンプルだけど華やかな印象になれる淡色配色で講演会へ

【10】白シャツ×水色スカート

白シャツ×水色スカート

水色のスカートに白シャツを合わせた清楚なきれいめスタイル。フェミニンになりがちな淡色コーデには、黒のスニーカーを一点投入してカジュアルダウンさせれば、たちまち今年顔に。
【2/25のコーデ】ナイキのロゴスニーカーで甘めの着こなしにモード感をプラス

【11】白シャツ×黒ワンピース

白シャツ×黒ワンピース

清楚な女性を演出する白シャツ×黒ワンピースのモノトーンコーデがおしゃれ! ちょっとしたひと技で鮮度を上げて、いつもとはちょっと違った洗練感をアピールして。
【3/24のコーデ】イベントに立ち会う日は、華やかさを意識したワンピコーデに

【12】グレーパンツ×グリーンブラウス

グレーパンツ×グリーンブラウス

トレンドのカラーONカラーコーデも、こんな淡色同士、かつ同系色でまとめれば簡単にうまくいく! 白のバッグや、黒の靴など、小物はモノトーンに抑えるのが清楚に見えるポイント。
【3/26のコーデ】はやりのカラーONカラーでアフター7は女子会へ

【13】ベージュワイドパンツ×スタンドカラーシャツ

ベージュワイドパンツ×スタンドカラーシャツ

カジュアルなチノ調のワイドパンツに、細かなフリルが華やかな白×ブルーのスタンドカラーのブラウスを合わせて清楚な印象に。アクセサリーをゴールドでまとめるのが程よい大人っぽさの演出のコツ。
【気温25℃】の日は、長袖シャツが主役! コーディネート見本6

【14】グレンチェックパンツ×ベリーピンクニット

グレンチェックパンツ×ベリーピンクニット

単品だとマニッシュな印象のグレンチェックのワイドパンツも、ベリーピンクのニットと合わせるとコントラストがつきすぎず、こんなにも清楚で女っぽい雰囲気に。
【1/15のコーデ】チェックパンツはジェニックなピンクニット合わせで女度アップ♡

【15】白パンツ×ストライプシャツ

白パンツ×ストライプシャツ

辛口に転びがちなストライプシャツ×細身パンツのコーデも、クリーンさを際立たせるネイビーと白の爽やか配色なら清楚な印象に。パリッとできる女っぽいお仕事モードの完成。
【1/10のコーデ】正月ボケ撃退! シャツレイヤードでパリッとできる女に

【16】白スカート×ブルーブラウス

白スカート×ブルーブラウス

シーンを配慮した着こなしが清楚で知的な好印象を与えるポイント! シンプルな淡色ブルーのブラウスに大人っぽくて女性らしい白のフレアスカートを合わせた正解コーデ。
彼ママに気に入られたい【アラサー的】正解コーデは、NOTワンピース!

【17】カーキスカート×グリーントップス

カーキスカート×グリーントップス

全身をカーキグラデーションにするときは、清潔感を失わぬようにバッグやシルバー靴で白を配すと洗練された印象に。マットなツヤを放つトップスは、上品な設計で清楚さをプラス。
【憧れの先輩と久々に会う日】カーキグラデーションで、成長して少しこなれた自分を表現できてるかな…

【18】ベージュスカート×ライラックブラウス

ベージュスカート×ライラックブラウス

大人清楚なライラックは、それだけで充分な甘さがあるので、デザインはシンプルがベスト。切りっぱなしのスエットでちょっとやんちゃ風のタイトスカートスタイルに。
Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」

【19】ネイビーフレアスカート×ベージュブラウス

ネイビーフレアスカート×ベージュブラウス

フレアスカートはオンオフ問わず、いろんなシーンで清楚感を出せる優秀アイテム。ネイビーとベージュのベーシック配色で、上品かつ好印象なコーディネートに。
【7/15のコーデ】彼の実家へ。ご両親に会うときは、スカートはひざ下、色はベーシックな組み合わせが鉄板

【20】白タイトスカート×グレーカーディガン

白タイトスカート×グレーカーディガン

カーデガンを1枚で着るカーデイチで、清楚感とこなれ感を両立。シャリ感素材とラップスカート調のデザインがおしゃれな白タイトスカートと合わせて、きれいめな印象に。
【彼とホテルで過ごす日のコーデ】清楚なグレーの〝カーデイチ〟で、乾杯

【21】黒ブラウス×白スカート

黒ブラウス×白スカート

流行をさりげなく見せるための絶妙な「足し引きバランス」を心得て、今どきの清楚なシンプル美人を目指す。素材感、スカート丈、肌見せで一歩大人のあか抜けた甘さを計算して。
素敵なシンプルって「甘すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.19

編集部のおすすめ Recommended

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Oggi7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature