Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. パンツ
  4. デニムパンツコーデ
  5. 小粋に着まわす【夏のデニムコーデ19選】大人っぽく軽やかにアップデートして旬のスタイルに

FASHION

2022.09.17

小粋に着まわす【夏のデニムコーデ19選】大人っぽく軽やかにアップデートして旬のスタイルに

「今どきのデニムの正解がわからない」「夏はカジュアルになるから苦手…」という悩みは、旬のシルエットを選べばどんな合わせ方も自分らしく着地。今回は通勤のきれいめスタイルだけでなく、リラクシーな装いにも応用できる、イチ推しのデニムコーデを紹介します。

夏のデニムコーデを今っぽくする3つのポイント

シンプルだからこそ、おしゃれが難しい夏のデニムコーデ。ところがデニムのトレンドは、シルエットに変化があったりニュアンシーなカラーも増えて、きれいめコーデとますます相性のいい傾向に。遊びのあるトップスや、盛れる小物と合わせて軽やかなデニムコーデを楽しみましょう!

・きれいめコーデに合わせてあか抜けた印象に
・あいまい色でデニムスタイルをアップデート

【きれいめデニム】引き算コーデで女っぽいニュアンスに

デニムスタイルは着心地がラクだからこそ、大人のきちんと感や女っぽさを漂わせたいところ。かっちりしたシルエットのアウターや上品トップスなど、ほんのり色気を感じるアイテムを投入して、デニムとトップスのバランスを今っぽく更新しましょう。

【1】黒デニム×淡ピンクのギャザーブラウス

黒デニム×淡ピンクのギャザーブラウス

甘めのオーバーブラウスは、細身のストレートデニムで軽やかなメリハリコーデに。愛らしい淡いピンクも、シックな黒で引き締めれば大人っぽいムードで着こなせる。

甘めトップス×「ブラックデニム」は鉄板コーデ♡ 夏らしく着こなすなら?

【2】黒デニム×ベージュのロングジレ

黒デニム×ベージュのロングジレ

ラフな印象の黒デニムは、ロングジレを合わせてきちんと感をプラス。トラッドなジレをはおれば、夏のカジュアルコーデがきれいめスタイルへと早変わり。

夏のきれいめカジュアルならロングジレが最強♪

【3】白デニム×パープルのブラウス

白デニム×パープルのブラウス

パープルの持つ知的で上品な表情を、クリーミーな白デニムで引き出したコーデ。透け感&前後差のある丈の着映えるブラウスが、いつものデニムスタイルを洒落たムードにあと押し。

夏にパープルを着るなら… ホワイトとのコンビが爽快!

【4】フレアデニム×ライトブルーのブラウス

フレアデニム×ライトブルーのブラウス

親しみのあるデニムを軸に、トップスも小物もブルーでまとめた夏らしいワントーンコーデ。デニムの素材感で奥行きをつくるのが秘訣。

暑い夏、ブルーのワントーンコーデで涼感アップ!

【5】デニム×グリーンカットソー

デニム×グリーンカットソー

スタイルをよく見せるシンプルコーデに必要なのは、ほどよく腰回りに余裕のあるハイウエストデニム。後ろ姿もきれいだから、バックシャンのトップスを合わせて夏らしく軽やかな装いに。

後ろ姿も美しいデニムパンツを選ぶためのポイントは…?

【6】デニム×ボルドーのボーダーカットソー

デニム×ボルドーのボーダーカットソー

ボーダーにデニム、永遠のヘルシーモチーフこそ今までの当たり前を忘れて旬のシルエットに。ワンサイズ上げたデニムで美シルエットをキープし、ボーダーはボルドーを選んで大人の温度を香らせて。

ボーダー×デニムはいくつになってもおしゃれの基本♡

【7】デニム×ベージュジャケット×白タンクトップ

デニム×ベージュジャケット×白タンクトップ

かっちり感のあるテーラードジャケットとデニムの定番大人カジュアルは、インナーを白タンクトップに変えて夏らしく。足元は人気復活のミュールサンダルでトレンド感を引き上げて。

ミディアムブルーデニムは足元でさらにお洒落に♡ デニム×シューズコーデ6選

【8】デニム×黒ニット×黒ロングカーディガン

デニム×黒ニット×黒ロングカーディガン

ヴィンテージ感のあるウォッシュドデニムを黒アイテムでまとめた大人のカジュアルコーデ。重たくなりがちな黒は透け感のあるカーディガンや、ターコイズブルーのアクセで軽やかさを出して。

友人とピクニック! デニム&カーデでアクティブに

【スキニーデニム】抜け感をつくって旬のシルエットに

軽やかな佇まいが大人の余裕を感じさせるスキニーデニム。リラクシーなフォルムのトップスやボクシーなジャケットのような、上半身にボリュームのあるシルエットを合わせて、シンプルコーデをアップデートしましょう。

【1】スキニーデニム×黒カットソー

スキニーデニム×黒カットソー

きれいめカジュアルの代名詞ともいえる、細身のテーパードデニム。涼感のあるパワショルカットソーにパールネックレスを重ねて、モダンな女っぽさを演出して。

キレイめにカッコよく! カットソーを今選ぶなら… 黒がいい!

【2】スキニーデニム×ブラウンのカフタン風ブラウス

スキニーデニム×ブラウンのカフタン風ブラウス

たっぷりのギャザーが目を引くボリューム袖ブラウスは、ダークインディゴのスキニーデニムでシックに引き締めて。細身テーパードなら肉感を拾いすぎず、すっきり女っぽいバランスにまとまる。

インディゴデニム×甘めブラウスコーデ4! バランスよく着こなすコツは…

【3】黒スキニーデニム×ビッグ襟付き白ブラウス

黒スキニーデニム×ビッグ襟付き白ブラウス

きれいめ派にぴったりのスキニーベースのスミ黒フレアデニム。トレンドのビッグ襟ブラウスは、ウエストインしてメリハリを意識すると、スマートに落ち着いて都会的な雰囲気に。

着回しも! 着映えも! 30代女子ならスミ黒デニムで決まり♡

【4】スキニーデニム×アイボリージャケット×アイボリーブラウス

スキニーデニム×アイボリージャケット×アイボリーブラウス

洗い込んだようなクリーンな水色デニム。細身テーパードシルエットが、ジャケットのボクシーな輪郭を際立てて、淡いトーンの色合わせにリズムが生まれてかっこよく映える。

ライトブルーデニム攻略コーデ4選! 淡色カラーでまとめるのがカギ♡

【5】スキニーデニム×白フリルニット

スキニーデニム×白フリルニット

定番の白トップス×デニムを、フリルとスキニーの組み合わせで今年らしく。小さなフリルが並んだ袖が上半身に目線を上げて、さりげなくメリハリシルエットを演出。

旬のフリルで、定番コーデを今年らしくアップデート

【6】ベージュスキニーデニム×ベージュカーディガン×ツヤキャミソール

ベージュスキニーデニム×ベージュカーディガン×ツヤキャミソール

ざっくりニットのボリューム感にスキニーデニム、ツヤキャミなど、異素材を重ねたワントーンコーデ。カジュアルなデニムと女らしい肌見せトップスで、洒落感たっぷりな夏のおしゃれが完成。

淡いトーンのデニムを大人が小粋に着こなすなら? おすすめ配色コーデ3選

【7】オフ白スキニーデニム×ベージュのオフショルダーブラウス

オフ白スキニーデニム×ベージュのオフショルダーブラウス

夏らしい肌見せを楽しむオフショルダーは、あいまい色のスキニーデニムでやさしく受け止めて。アシンメトリーにカッティングされた裾で、ワントーン配色のナチュラルな装いもグッとおしゃれに。

ワントーンコーデでぐっとお洒落に! こなれ感抜群のデニムコーデ6選

【ニュアンスカラーデニム】あいまい色できれいめ感アップ

既にインディゴブルーのデニムを数本持っているなら、この夏はあいまい色のデニムで旬の佇まいにも挑戦。軽やかさがあるから、小粋に着こなせます。たっぷり白を含んだあいまい色や、やわらかい質感のアースカラーなら、白パンツのようなきれいめ感がキープできます。

【1】グレーデニム×ピンクカーディガン

グレーデニム×ピンクカーディガン

効きのいい派手色ピンクはグレーと好相性。カットソーとデニムをアースカラーでまとめたコーデは、透け感のあるきれいいカーディガンで涼しげに。

大人の【ピンク】は、グレイッシュなアイテム合わせで“微糖”な着こなしに!

【2】ライトグレーデニム×ピンクシャツ

ライトグレーデニム×ピンクシャツ

コンサバなシャツとリラクシーなデニム。鉄板の組み合わせは白多めのピンク×グレーでまとめて、きれいめ感のあるカジュアルコーデに。トップスと同色のビーズネックレスでを夏らしいアクセントをプラス。

ピンクトーンのきれいめカジュアルに夏らしさをトッピング♡

【3】サックスブルーデニム×白シャツ

サックスブルーデニム×白シャツ

ゆったりと立体的なシルエットの白シャツは、ライトブルーのデニムを合わせて爽やかなワンツーコーデに。華奢なヒールやエレガントなバッグを添えて、女っぷりよく着こなすのがポイント。

定番コーデを今っぽく更新するなら、シルエットで差をつけて♡

【4】グレージュデニム×黒シアーシャツ

グレージュデニム×黒シアーシャツ

いつものパンツを淡いグレーデニムに変えて、黒トップスに抜け感をプラス。力みのないシアーシャツは、ゆるっとタックアウトしてオーバーに着たほうが、かっこよさとラフさを両立できる。

黒トップス×デニムのコーデ3! 簡単にお洒落に涼しげに見えるコツは…

最後に

軽やかなのにこなれ感もある夏デニムコーデ。親しみのあるアイテムだからこそ、今までの先入観を見直すことが大切。きれいめ派は、まずはよそいきの相棒にデニムを合わせてみるところから始めてみるのがおすすめです。年を重ねてメイクや生き方を少しずつアップデートするように、リラックス感を意識して大人のムードに仕上げましょう。

【関連記事】


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.01.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。101ページ、106ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature