Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ヘア
  4. ヘアケア
  5. 頭皮のベタつき解消法! 脂っぽさにさよなら。原因と予防法、応急処置法を解説

BEAUTY

2022.11.27

頭皮のベタつき解消法! 脂っぽさにさよなら。原因と予防法、応急処置法を解説

髪がぺったりする、においが気になる、かゆみもある… 原因は頭皮から出る皮脂かもしれません。今回はそんな頭皮のベタつきでお悩みの方へ、原因と予防法、対処法について解説しました。美しい髪を育むためにも、ぜひ頭皮ケアの見直しを!

頭皮のベタつき… 原因は?

過剰な皮脂分泌が原因

過剰な皮脂分泌が原因
(c)Shutterstock.com

頭皮がベタつく原因として考えられるのは、過剰な皮脂分泌。

過剰な皮脂が分泌される原因はさまざまで、たとえば夏の暑い時期によるものだったり、油分の多い食事の摂りすぎだったり。

シャンプーの際、頭皮の余分な皮脂を落とし切れていない場合も頭皮がベタつくだけでなく、頭皮の皮脂を餌にしている菌が増殖し、脂性のフケが出てかゆみを起こしてしまうことがあります。

【頭皮がかゆい】毎日シャンプーしているのに… 毛髪診断士が教えるかゆみの原因とは?

頭皮のベタつきをなくす習慣とは?

自分に合ったシャンプーを選ぶ

シャンプーには種類があります。

アルコール系シャンプー

石油系合成界面活性剤を洗浄成分として配合したシャンプー。洗浄力や脱脂力、殺菌効果が強いのが特徴です。シャンプー後、すっきりとした爽快感があるものの、人によっては洗浄力が強すぎて、乾燥やかゆみを引き起こすことも。

石けん系シャンプー

石けん由来のシャンプー。肌なじみよくすっきりとした洗い上がりが特徴です。髪にきしみを感じることもあるので、すすぐときはしっかりと洗い流しましょう。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプー。人の皮膚や髪のタンパク質を構成するアミノ酸と同じ成分で、肌と同じ弱酸性です。髪のきしみも少なく、うるおいのある洗い上がりが期待できます。

頭皮のベタつきが気になる人は、一見アルコール系シャンプーがいいように見えますが、こちらは洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥→逆に皮脂が分泌される環境を作ってしまう可能性があるため、あまり推奨されていません。

頭皮の状態にもよりますが、まずはアミノ酸系シャンプーを試してみましょう。汚れをしっかり落としつつ、マイルドな洗浄力で頭皮や髪のうるおいを残してくれる洗い上がりが期待できます。

美容師おすすめシャンプー|髪のお悩み別×市販~サロンの人気アイテム20選

正しいシャンプー方法で髪を洗う

正しいシャンプー方法で髪を洗う
(c)Shutterstock.com

頭皮のベタつきをなくすため、正しいシャンプー方法も身につけて。ポイントは以下の4つ。

・予洗いをしっかり行う。指の腹で地肌をもみ洗いしながら濡らして。
・シャンプーやコンディショナーは頭皮をもみながらしっかりと洗い流す。
・洗浄力が強すぎるシャンプーは使用しない。
・1日の洗髪上限は1回。

シャンプーを使わず、お湯だけでも頭皮の汚れの8割が落ちると言われています。シャンプー前はただ髪を濡らすのではなく、しっかりと地肌をもみ洗いしましょう。

頭皮の皮脂を落としたいからと、爪を立てたり強すぎる圧でゴシゴシ洗うのはNG。摩擦によって乾燥を引き起こし、さらにベタつく原因になりかねません。

指の腹を使って、じっくりと髪全体をもみ洗いしていきましょう。すすぎも髪ではなく頭皮を触って、しっかり洗い流して。

【毛髪診断士が伝授するフケ対策】大量に発生する原因は? おすすめの対応策を紹介

シャンプー後はすぐにドライする

シャンプー後、自然乾燥は絶対にNG。お風呂から上がったら、髪をすばやく乾かしましょう。「ROVER」スタイリストのkaeさんに、早く乾かすための6ステップを教えてもらいました。

ステップ1. 頭皮と根元の水分をとる

シャンプー後はすぐにドライする

まずは頭皮と根元の水気をとります。摩擦が起きないよう、指先を立て軽く弾くようにしましょう。

ステップ2. 髪の中間から毛先の水気を絞る

シャンプー後はすぐにドライする

毛束をタオルで包んだら、髪の中間から毛先に向かって優しく絞っていきます。キツくやりすぎないように注意して。

ステップ3. ブラシを通し、前髪から乾かす

シャンプー後はすぐにドライする

目の粗いクッションブラシを使い髪全体をとかしたら、根元を避けてヘアオイルを塗布。その後ドライヤーで前髪から乾かしていきましょう。

ステップ4. 後頭部の根元を乾かす

シャンプー後はすぐにドライする

次に後頭部の髪を持ち上げ、根元に斜め上から風を当てます。毛束を持ち上げる位置を変えたり、ドライヤーを振ったりして、まんべんなく乾かしていきましょう。

ステップ5. トップの根元を乾かす

シャンプー後はすぐにドライする

トップの毛束を持ち上げたら、根元に斜め上から風を当てます。その後、耳後ろから襟足部分の根元も乾かしていきましょう。

ステップ6. 髪の中間から毛先を乾かす

シャンプー後はすぐにドライする

最後は上から下に手ぐしを通し、ドライヤーを真上から当て、髪の中間から毛先を乾かして完了です。

シャンプー後【髪を早く乾かす裏ワザ】は? ロングヘア美容師さんがお答え|プロ直伝【ROVER】

ベタついた頭皮を応急処置する方法

フェイスパウダーで顔のテカりをオフ

フェイスパウダーで顔のテカりをオフ

おでこは皮脂が出やすい部分。頭皮の皮脂だけでなくおでこの皮脂が原因で、髪がベタついてしまうこともあります。

お出かけ前やベタつきが気になったときの対処として、フェイスパウダーを活用してみましょう。

フェイスパウダーで顔のテカりをオフ

パフにパウダーを含ませたら、軽くもみ込み、ムラ付きを防止します。

フェイスパウダーで顔のテカりをオフ

一度手の甲にトントンとつけ、パウダーの量を調整して。

フェイスパウダーで顔のテカりをオフ

テカりやすいおでこになじませ、余ったものは顔全体に塗布しましょう。

Withマスク時代を乗り切る「肌くずれを防ぐ4つのメソッド!」

ドライシャンプーでベタつきをオフ

水を使わないドライシャンプーも有効です。

ドライシャンプーでベタつきをオフ

ベタつきが気になったタイミングはもちろん、寝起きのぺったり髪や汗をかいた後などに使うと、頭皮がサラッと快適に復活! 洗い立てのようなふんわりいい香りもまとうことができます。

いつでもサラふわイイ香りの髪が叶う♡【ドライシャンプー】が革命的!

頭皮のベタつきにおすすめのシャンプー

江原道|スカルプ エイジング リペア シャンプー ¥3,300(写真:右)

江原道|スカルプ エイジング リペア シャンプー ¥3,300

▲200ml

植物由来の洗浄成分とコラーゲン配合で、頭皮環境を整えながらうるおいのある髪へと導く。うねりやパサつきなど大人の髪悩みに応え、使うたびふんわりとしたボリュームのある髪へ。

「シャンプー直後にハリと潤いを感じ、単品使用できることにも納得。シャンプーのふわふわの泡と、精油の香りにも癒やされます。トリートメントまで終えたら、1回で弾むような手触りに!」(ライターI)

美髪はシャンプーで決まる!【江原道】のヘアケアで頭皮サイクルを健やかに!|オフィス美人の偏愛コスメ

La ViLLA ViTA|リ・ヘア シャンプー ¥3,520

La ViLLA ViTA|リ・ヘア シャンプー ¥3,520

▲330ml

11種類のアミノ酸が髪の保湿効果を高めて、乾燥から潤う髪へ。さらにイノシトールが皮脂分泌をコントロールし、頭皮のベタつき・乾燥、どちらにもアプローチして健やかで美しい髪へと導いてくれる。

乾燥から髪・頭皮を守る! かゆみもフケもさよなら♥ 多忙でもすぐできる髪の乾燥対策3選

DROAS ドロアス|シルキーシャンプー ¥990(写真:左)

DROAS ドロアス|シルキーシャンプー ¥990

▲400ml

洗うだけでミネラル泥パック効果が得られるクレイシャンプー。アミノ酸洗浄成分で、パサつき・ゴワつきが気になる髪を優しく洗い上げる。頭皮の毛穴汚れにもアプローチ。ヘッドスパに行けないときにも使いやすい。

時短で自分を癒して♡ バスルームで使える「クレイ美容」アイテム3選

※価格は税込み表示


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.05

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。