Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 秋の長雨… “カビ”対策忘れてない? あなたの収納スペースは大丈夫? すべきことは…

LIFESTYLE

2022.10.10

秋の長雨… “カビ”対策忘れてない? あなたの収納スペースは大丈夫? すべきことは…

株式会社アンビシャスが、トランクルームユーザーを対象に「秋の長雨の湿気対策」についてアンケート調査を実施。「秋の長雨」の湿気対策実情を探り、その悩みと解決法についてご紹介します。

OYUKI

梅雨だけじゃない!「秋の長雨」の時期に必要な湿気対策

秋の長雨と湿気の様子

秋の長雨(ながさめ)は、9月の中旬頃から10月の上旬あたりにかけて、秋に訪れる雨または曇天の多い時期のこと。秋の初めにはススキが穂を出すことから「ススキ梅雨」や、「秋霖(しゅうりん)」の別名もあります。

暑さも大変でしたが、スッキリしない雨が続くのも、なかなか大変ですよね。しかも、この時期の湿気対策は梅雨時と比べて盲点となりがち。今回は株式会社アンビシャスが、トランクルームユーザーを対象に行った「秋の長雨の湿気対策」に関するアンケート結果をもとに、「秋の長雨の湿気対策」の実情と、その解決法を探っていきましょう。

■「秋の長雨」時期のカビは意外と盲点?

秋の長雨について調査設問

「秋の長雨」時期にもカビが発生しやすいことについて、約6割(60.8%)は知っていたと答えましたが、約4割(39.2%)もの人は知らなかったという結果に。梅雨の時期とは違い、意外と意識していない方が多いことがわかりました。

■では、秋のカビ対策ができている人は?

秋の長雨について調査設問

前問と同様に約4割(39.9%)が秋に湿気・カビ対策を実施していないと回答。せっかく梅雨時期に頑張って湿気対策をしていても、「秋の長雨」に対策ができていなければ、湿気・カビトラブルで悩まされてしまう可能性もあるので気を付けたいところ。

家の中で湿気・カビが気になる場所は? 2位のあそこの除湿が難しい

■湿気・カビが気になる家の中の場所・第1位はやはり水回り! 次いでお気に入りの服がしまってある「収納スペース」が2位に。

秋の長雨について調査設問

最も多かったのはやはり「浴室・脱衣所・洗面所等の水回り」で、約9割(89.0%)の人が気になっていると回答。2番目に多かったのは保管している衣服・カバン・寝具等にカビが発生しないか気になる人が多く「収納スペース(62.8%)」でした。

続いて、食品を扱い衛生管理が特に気になる「キッチン(32.6%)」や、寝転ぶことで皮脂や汗が気になり部屋の結露の影響も出やすい「寝室(22.9%)」、湿った外気を取り込みがちな「玄関(20.3%)」等が多い傾向にありました。

■一番のカビ対策方法は「換気」。しかし収納スペースの除湿までは難しいと悩む人も。

秋の長雨について調査設問

第1位は「窓を開けて換気(70.8%)」でした。外気を取り込んで風通しを良くし、湿った空気をこもらせないようにしている人が多いよう。最も簡単で、雨が降っていなければ毎日行いたいこのカビ対策方法ですが、長雨が続くとどうしても窓を開けて換気するのは難しいところ。

その代案としてもできる第2位は「市販の除湿剤を使用(54.5%)」。そして第3位は「除湿器を使用(28.2%)」するでした。特に除湿器を使用すれば、空気中の湿気を直接除去してくれるので効果が高く、収納スペースの近くや中に除湿器を置いて対策をするケースも多いようですが、荷物が多くて十分に除湿しづらい状況に悩む場合もあるようです。

■そもそも除湿が難しいのは収納スペースの荷物が多いから!?

秋の長雨について調査設問

収納スペースの整理整頓は大掛かりになりがちで、整理をしても年1〜2回程度以下。そこで、収納スペースの荷物の多さが原因で換気や整理整頓がうまくいっていないと感じる方の割合を調べると、半数を大きく超える64.1%が「はい」と回答。

そしてなんと95.3%もの回答者が、荷物がもし減らせたらこまめに換気や整理整頓がしやすくなると考えていることがわかりました。

荷物であふれ難しい収納スペースの除湿。解決策はトランクルーム?

収納スペースの荷物の多さに悩む女性

限られた収納スペースに荷物がいっぱいで除湿ができない。でも、どれも必要な荷物で処分したり量を減らすのが難しい状態であれば、トランクルームを活用してゆとりを持った収納にすることも一つの手かもしれません。

収納スペースの荷物をトランクルームに一部預けて荷物を減らすことで、家での収納スペースの換気がうまくできるような気がしますよね。

■でもトランクルームって実際どうなの? 懸念の声も。

【トランクルームに対するネガティブな声】
・暗くて暑そう、借りる費用が高そうなことと、持ち運びが大変そうなイメージです。(50代/専業主婦)
・敷居が高い。費用がかかる。何を預けているか忘れてしまいそう。荷物が多い人にとってはとても便利だと思う。(30代/専業主婦)
・個人が借りるというより法人企業や団体が利用する印象です(40代/システムエンジニア)

■実際にトランクルームのサービス内容を見た後はポジティブなイメージに

しかし、アンビシャス社が行った調査結果からは、トランクルームのサービスを実際に知ってもらってから改めてイメージを尋ねると、「それまで持っていたイメージと差があった」、「思ったよりも良いサービスであった」と感じた方が多かったよう。

【イメージが良くなったと感じた人の声】
・屋内タイプのトランクルームがあると知り良いと感じた
・温度・湿度・換気等の保管環境に気を配られているし安心して使えると感じた
・思ったより手頃な利用料金だった
・お荷物運搬サービスがあって使いやすそう

■トランクルームの活用に抵抗がない人は、うまく利用することで「秋の長雨」の除湿対策に◎ 自分にあった最適な除湿対策を。

生理された収納スペース

とはいえ、「リーズナブルとはいえお金はかかる」「郊外等住んでいる地域にまだない」などの声もやはりあるようなので、ネックとなる料金・保管環境・荷物運搬の悩みが解消され、トランクルーム利用のメリットがより感じられるという方には「秋の長雨」の除湿対策に最適な方法かもしれませんね。

夏の暑い日々の後、盲点となりがちな秋の長雨による湿気・カビ対策。お気に入りのお洋服やカバンがキレイに保てるよう、この機会に改めて自宅の湿気・カビ対策を見直してみてはいかがですか?

アンケートの詳細はこちら

【調査概要】
「秋の長雨の湿気対策」
調査主体:株式会社アンビシャス
調査対象:トランクルームユーザー調査
回答数:300サンプル
回答期間:2022年8月1日から8月4日までの4日間
調査方法:インターネットによるユーザーリサーチ

合わせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.11.28

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature