Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. アウトプットとは? 意味やメリット、シーン別のアウトプット方法を紹介

WORK

2022.06.07

アウトプットとは? 意味やメリット、シーン別のアウトプット方法を紹介

アウトプットとは、インプットした情報を外部に発信することです。身につけた情報を実際の動作に応用することで、思考整理やスキルアップなどの効果が期待できます。仕事の効率化にも役立つため、アウトプットのやり方や習慣化するコツなどを知っておきましょう。

【目次】
アウトプットとは? 意味や方法を解説
アウトプットで得られるメリット3つ
アウトプットがうまくできない要因と対策
アウトプットする習慣を身につけよう

アウトプットとは? 意味や方法を解説

(c)Shutterstock.com

アウトプットとは、簡単にいうと「発信すること」です。獲得した情報を整理し、話す・書くなどの動作によって外部に発信することを意味します。

仕事や語学の習得、読書など、アウトプットはさまざまな場面で必要です。アウトプットによって得られる効果を知る前に、まずはアウトプットの意味を正しく理解しておきましょう。

ここでは、アウトプットの意味や関連する言葉との違い、シーン別のアウトプット方法を解説します。

アウトプットの意味

アウトプットとは、吸収した知識や情報を外部に発信することです。例として、覚えたことをメモしたり、新たに身につけた情報を他者に教えたりすることが挙げられます。また、授業で学んだ知識を応用し、テストで実力を発揮することもアウトプットに該当します。

アウトプットに似ているインプットとは、正反対の意味をもつ言葉です。アウトプットが出力を表すのに対し、インプットは入力を表します。

言い換えると、インプットとは新しい知識を身につけたり、スキルを習得したりすることです。アウトプットするためには、前提として知識や情報をインプットする必要があります。

また、アウトカムとは、アウトプットによる結果をもとに獲得した成果を表します。主体的なニュアンスを含み、自分自身の行動によって得られたものであるのが特徴です。それぞれ意義が異なるため、混同しないように注意しましょう。

【シーン別】アウトプットする方法

アウトプットのやり方はシーンによってさまざまです。ここでは、アウトプット方法を以下の4つに分けて紹介します。

1. 仕事
2. 勉強
3. 語学
4 .読書

仕事におけるアウトプット方法には、その日のタスクを書き出して優先順位を整理することや、会議の内容をメモすることなどが挙げられます。

また、目標を具体的に数値化し、達成に向けて必要なことを把握したり、失敗した際の反省に活かしたりすることもアウトプット方法の一つです。

勉強におけるアウトプット方法は、学んだ知識を他者に教えることです。参考書の内容を自分自身の言葉に置き換えて理解したり、覚えたことを応用して演習問題を解いたりすることも挙げられます。

語学の習得のためにアウトプットする際は、覚えたい言語で日記を書く、独り言をつぶやくといった方法があります。SNSを活用し、その言語を使う人とコミュニケーションを取るのもいいでしょう。

読書の内容をアウトプットする方法には、内容を書き留めて読書メモを作ることが挙げられます。また、本の感想をSNSで発信したり、読書会に参加したりすることもアウトプット方法に含まれます。

アウトプットで得られるメリット3つ

(c)Shutterstock.com

アウトプットによって得られるメリットは、主に以下の3つです。

1. 思考の整理・記憶の定着が期待できる
2. 説明するスキルが向上する
3. 効率がアップして自信と成長につながる

新しい知識を活用するためには、インプットだけで終わらせるのではなく、アウトプットすることが重要です。アウトプットをより効率的に行うためにも、アウトプットで得られるメリットを理解しておきましょう。

1. 思考の整理・記憶の定着が期待できる

インプットした内容を外部に発信する際は、情報を言語化して整理する作業が必要です。これらの作業は思考の整理にもつながり、頭の中をクリアな状態に保つことにも役立ちます。

また、インプットとアウトプットを繰り返すことで記憶の定着も期待できます。アウトプットによって継続的に発信することを意識すれば、記憶の定着率がアップするでしょう。

2. 説明するスキルが向上する

アウトプットは説明力の向上にも効果的です。話す・書く動作を繰り返すと、ボキャブラリーの幅が自然に広がっていくでしょう。ボキャブラリーが増えることで説明がわかりやすくなり、伝え方のスキル向上につながります。

また、自分の意見を発信するためには、インプットした内容を正しく理解しなければいけません。理解を深めるために言語化するステップを踏むことで、他者にも簡潔に伝えられるようになるでしょう。

3. 効率がアップして自信と成長につながる

アウトプットのメリットとして、自信と成長につながることも挙げられます。アウトプットが習慣になると、さまざまな場面で作業効率がアップします。

仕事で活躍する機会が増えたり、情報を発信することで人脈が広がったりすれば、自分自身の成長を感じられるでしょう。自信をもてるようになってモチベーションが向上すれば、さらにアウトプットの質が高まって好循環が生まれます。

アウトプットがうまくできない要因と対策

(c)Shutterstock.com

アウトプットのやり方やメリットを理解しているのに、なぜかアウトプットがうまくできない人もいるでしょう。アウトプットが苦手な場合、いくつかの要因に当てはまるケースが多くあります。

アウトプットの効果を得るためには、うまくできない要因を洗い出し、習慣化するコツを取り入れるのがおすすめです。ここでは、アウトプットがうまくできない要因と対策について解説します。

アウトプットがうまくできない要因

アウトプットが苦手な人の共通点として、インプットの量が少ないことが挙げられます。よくわからないまま理解したつもりになったり、インプットだけで満足したりする場合も、アウトプットをうまくできないことが多いでしょう。

また、自分に自信がない人は意見を発信することに苦手意識があるのかもしれません。他者の評価を気にしすぎるあまり、上手にアウトプットできないケースは多くあります。

アウトプットを習慣にするコツ

アウトプットを習慣的に行うためには、質よりも数をこなすことを優先しましょう。インプットとアウトプットを繰り返し、習慣化させながら質の向上を目指すのがおすすめです。

また、「アウトプットしなければいけない」と気負いすぎず、簡単なメモ程度から始めることもいいでしょう。アウトプットにプレッシャーを感じてしまうと、ストレスが溜まっていきます。

気楽に続けられる方法を取り入れて、日常的にアウトプットができるように工夫するのがポイントです。

アウトプットする習慣を身につけよう

アウトプットとは、新たに覚えた知識や情報を外部に発信することです。具体的なアウトプット方法には、メモを取ることやSNSで意見を述べること、知識を他者に共有することなどが挙げられます。

インプットの量が少なかったり、自分に自信をもてなかったりすると、うまくアウトプットすることは困難です。まずは質よりも量をこなすことを優先し、気楽に続けられる方法を探しながら、アウトプットする習慣を身につけましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.11

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature