Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【100人に聞いた】彼氏との喧嘩で上手に仲直りする方法は? 喧嘩になる原因や円満でいるためのコツも

LOVE

2022.07.25

【100人に聞いた】彼氏との喧嘩で上手に仲直りする方法は? 喧嘩になる原因や円満でいるためのコツも

どんなに仲の良いカップルでも、喧嘩をしてしまうのは仕方のないこと。喧嘩の最中に良くない立ち振る舞いをしてしまうと、余計にふたりの関係をこじらせてしまうなんてことも考えられます。今回は、彼氏と喧嘩したときの原因と上手に仲直りするためのテクニックを紹介します。

【目次】
【質問】彼氏と喧嘩したことがある?
彼氏との喧嘩の原因は?
彼氏と仲直りする方法とは?
そもそも彼氏と喧嘩をしないためにできることとは
最後に

【質問】彼氏と喧嘩したことがある?

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20〜30代の女性100人に彼氏と喧嘩したことがある? と質問したところ

1位:喧嘩はしなかった… 33.6%
2位:ほとんどケンカしない… 29.5%
3位:たまにケンカした… 27%
4位:よく喧嘩した… 9.8%

との回答結果が出ました。

6割以上の人は日常生活で彼氏とあまり喧嘩をしないようですが、10人に1人はよく喧嘩をしているという状況があるということがわかりました。

では実際にどんな内容の喧嘩が多いのか、原因を確かめてみましょう。

彼氏との喧嘩の原因は?

ソファの上で喧嘩をする男女
(c)Shutterstock.com

ちょっとしたことが大喧嘩に繋がってしまったり、以前からのモヤモヤが大きく発展したり、喧嘩の原因は人それぞれ。時期やタイミングによっても、喧嘩の原因は変わってくるはずです。

【1】価値観・意見の不一致

今までお互い違う人生を歩んできたので、価値観が違うのは当然のこと。

出会ったばかりは良い部分が多く見えるため気付きにくいのかもしれませんが、交際期間が長くなってくると嫌な行動や、お互いに理解し合えない特徴も出てくるもの。

そこから喧嘩に発展することが多いのかもしれません。

「意見の食い違い」(30代・東京都)
「感覚の不一致」(30代・愛知県)
「外出先の食事の好みが合わず、彼が何を食べろと決めてきたため」(30代・愛知県)
「察して行動してほしい自分と、言わないと分からない言う相手の意見がぶつかる。お互いの考えが食い違い喧嘩になる」(30代・宮崎県)
「結婚についてや、性の不一致」(30代・佐賀県)

【2】些細なこと

喧嘩なんて大体些細なことが原因だったりするもの。気付いたら普段のイライラが爆発したり、日常生活に関するありふれたことが原因だったりすることが多いのでしょう。

気持ちに余裕を持つことで、小さなイライラも感じにくくなるかも。

「くだらないこと」(30代・福島県)
「ほとんどはくだらないこと。デートの時に着ていった服に文句を言われる事が多く、それで喧嘩になることがあった」(30代・神奈川県)
「お互いの気持ちの余裕のなさ」(20代・広島県)
「相手を見て、自分のように感じてしまい苛立ちから喧嘩になる」(20代・鹿児島県)

【3】だらしない行動

男性は大雑把な性格の人も多いので、女性側としてはイラっとしてしまうことも多かったりしますよね。

彼氏を変えてあげられるようサポートしているというカップルも。少しずつ喧嘩の火種を潰していく心掛けをしているようです。

「お酒を飲みすぎて記憶を無くすことを怒られてケンカになる」(30代・東京都)
「部屋を汚くする」(30代・沖縄県)
「約束を守らない、または忘れる」(30代・神奈川県)
「相手がルーズなところ」(30代・兵庫県)
「相手が嘘をついたり矛盾したことを言ったりしたりすると喧嘩になってしまう」(30代・徳島県)

【4】会う頻度

お互いのスケジュールや生活リズムが合わないと、会えるタイミングも少なくなってしまい、それが喧嘩の原因に。倦怠期もあり、会うことが面倒だと感じることもあるようです。

自身のプライベートな時間とふたりの時間、うまく両立できるように話し合って「必ずこの日は会う」とルールを決めているカップルも。

「会う頻度の相違」(20代・広島県)
「次いつ会えるか問題でよく喧嘩した」(20代・京都府)

【5】家事の分担

同棲し始めたことで喧嘩が多くなったという事例もあります。お互い働いている状態だと平等に家事をしたいところですが、思ったようにいかないのが現実。

現在、離婚の原因でも夫婦間における家事問題が増えているようなので、交際期間に事前に話し、解決しておくとベター。

「家事の分担」(30代・神奈川県)
「家事の分担などささいなこと」(30代・東京都)

【6】異性との接し方

恋人に異性の友人がいるかという部分は誰でも気になってしまいますよね。小学生からの友達や、趣味や仕事関係の友人など、知らない人も多いでしょう。

男女の友情があると理解していても、女友達と仲が良すぎたり、元カノと今でも連絡を取り合っている… というのは喧嘩の原因になってしまうかも。

「お互いの異性の友人との接し方」(30代・東京都)
「女性と飲みに行って嫉妬した」(20代・千葉県)

彼氏と仲直りする方法とは?

手を合わせている男性と横を向いている女性
(c)Shutterstock.com

彼氏と喧嘩をしたとき、素直になれず上手く仲直りができない場合もありますよね。そんなときはどんなことが大切で、どうしたら良いのか解決方法をピックアップ。

自分にできそうなことがあれば、仲直りの参考にしてみてくださいね。

【1】謝る

まずは、喧嘩の原因よりも喧嘩をしてしまったことや、相手に嫌な気持ちをさせてしまったことに対して謝罪をするのが大人の対応。

本当は自分から謝りたいけどプライドが邪魔して、きっかけがつかめない彼氏もいるかもしれません。こちらからきっかけを作ってあげるのも優しさ。

「お互いに謝る」(20代・兵庫県)
「まず謝って仲直りする」(30代・埼玉県)
「素直に何が嫌だったのか伝えて自分も悪いとこがあったら素直に謝る。」そのあとは引きずらない」(20代・奈良県)
「自分の非を認め謝罪する」(20代・埼玉県)
「謝る。早めに機嫌を直す」(20代・群馬県)

【2】話し合う

喧嘩の原因は、お互いが相手の言動に対して納得をしていないから。

まずはお互いが思っている気持ちを伝え合うなどコミュニケーションをとることから始めて、相手の心境を確認して。思いを口に出すことでモヤモヤしていた気持ちが少しは楽になるでしょう。

「お互い気持ちを伝える」(20代・静岡県)
「話し合う。時間を空ける」(20代・広島県)
「次の日に持ち越さず、しっかり話し合う」(30代・茨城県)
「お互い思っていることを正直に話す」(20代・東京都)
「とことんお互い言い合ってスッキリさせて最終的に今後どうしたら良いかを冷静に話し合って後を引かない」(20代・広島県)

【3】冷静になる

喧嘩をするとお互い興奮してしまうため、正しい選択をすることができない可能性も。まずは、一度気持ちを落ち着かせることを優先しましょう。

基本的には直接話し合った方が良いですが、本人を目の前にすると気持ちが高揚してしまう場合は、LINEなどで話し合いをするカップルもいるようです。

「お互い一人の時間を作って頭を冷やす」(20代・兵庫県)
「お互い冷静になる。ごめんなさいが言える。相手の話も聞く。仲直りの方法を事前に決めておく」(20代・茨城県)
「少し時間を置いて頭を冷やすことです」(30代・福島県)
「冷静になったあとに話し合いをすること」(30代・東京都)

【4】引きずらない

いつまでも気まずい雰囲気でいるのは嫌なもの。そのため喧嘩はその日のうちに解決するようにルールを決めたり、寝て起きた次の日は普通に接するように心掛けたりするのも大切。

人を怒ったり恨んだりするにも体力を使うのでけっこう疲れますよね。なるべく早く解決したいと願うのはみんな同じです。

「翌日まで引きずらない、悪くないと思っても自分から謝る」(20代・兵庫県)
「何もなかったかのように振る舞う。引きずらない」(30代・神奈川県)
「好きな食べ物を買ってきて一緒に食べて忘れる」(20代・新潟県)
「引きずらないために仲直りをする方法を決めておく」(30代・神奈川県)

【5】妥協する

相手に多くを期待せずに、これが相手の性格なのだと妥協することも解決方法のひとつ。

自身の負担にならない程度に、相手を軸にして動けば喧嘩も少なくなるでしょう。考え方を少し変えるだけで今まで悩んでいたことも割り切れるようになって、楽になることも多いのです。

「お互いが何かを譲る」(30代・東京都)
「妥協すること」(30代・愛知県)
「仲直りよりもとにかく先延ばしにしないで解決法や妥協策を見つける」(30代・佐賀県)
「納得できるまで話し合い、妥協点をさがす」(30代・宮崎県)

【6】時間をあける

少し時間を空けて喧嘩した原因をひとりで考えてみるのも大切なこと。

お互い考え直してみたら意見が変わることもあるでしょうし、相手を大切だと思う気持ちが優先されて、解決されることも。

「時間が解決する場合と、どちらかが謝る」(20代・鹿児島県)
「時間が経つのを待つ」(30代・北海道)
「時間をおいて話し合う」(30代・東京都)
「暫く距離を置く」(30代・東京都)

そもそも彼氏と喧嘩をしないためにできることとは

ソファの上でガッツポーズをする男女
(c)Shutterstock.com

仲良く付き合っていくには喧嘩は少ない方が良いに決まっていますよね。普段から喧嘩が多くなってしまうカップルには、何か原因があるのかもしれません。

喧嘩をしないために、お互いが意識するべき言動を確認してみましょう。

【1】お互いの良さを認め合う

ふたりが長い期間一緒にいられるということは、足りていない部分を補い合えているということ。普段から、お互いの良い部分や、自分には持っていない部分を直接言葉にして評価してあげましょう。

日々、お互いに感謝の気持ちがあると喧嘩になることもなく、さらに相手を大切にすることができます。

【2】期待しすぎない

人間関係でも、恋愛でも人に期待しすぎると上手くいかなかったときにガッカリしてしまいます。

相手には相手の選択があることを理解して「自分が思った通りにいかないのが普通、思った通りにいったときはラッキー!」程度に考えておくと、気持ち的に楽になりそう。

【3】お互いを干渉しすぎない

相手を特別な存在だと思うのでつい干渉してしまうのかもしれませんが、干渉しすぎると本来自分が望んでいた自由が奪われると感じてしまうためストレスを感じてしまいます。

ふたりの時間を大切にしつつ、ひとりの時間や、趣味の時間なども大切にして恋人と程よい距離感を保つことが大事。

【4】過去の話を持ち出さない

自分に有利な状態を作るため、過去の話を持ち出すのはご法度! 過去に傷付けられた苦しみがフラッシュバックして、ついそんな発言をしてしまうのかもしれませんが、余計に事態を悪化させるだけ。

一度解決した問題は、自分の中の心にしまって、新たな気持ちでお互いの時間を過ごしていきましょう。

【5】思いやりの気持ちを持つ

特に同棲カップルでよくあるのは、生活のリズムが違う場合、寝ている時にリビングでドタバタとされたりなど、睡眠を邪魔されイライラが募るという話。

もし自分なら~と状況を自分に置き換えて、相手になったつもりで行動してみましょう。ほんの少しの優しさが、喧嘩を防いでくれるかもしれません。

彼氏と同棲… 喧嘩が起きない間取りって? 大切なのは生活スタイルの確認【不動産豆知識】

最後に

なるべく恋人と喧嘩をしたくない気持ちはわかります。ですが、喧嘩は決して悪いことではなくお互いの理解を深めるための話し合いのような役割になることもあるのです。

お互い感情的になりヒートアップしてしまうと、逆効果になってしまいますが、そんなときこそ一呼吸おいて気持ちを落ち着かせましょう。

これからもずっと一緒にいたいと思うのならば、自分で全てを解決しようとせずにお互いが相手の考え方に寄り添って、問題解決へと意識いくことが大切。

あなたと彼がこれからも心地良い関係でいられますよう、応援しています。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.19

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature