Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 先輩インタビュー
  4. 元TBSアナウンサー・堀井美香さん/安定志向の私が「早期退職」を選択した理由

WORK

2022.05.13

元TBSアナウンサー・堀井美香さん/安定志向の私が「早期退職」を選択した理由

転職先や次の仕事を見つけることなく、早期退職という選択をする人が増えています。仕事や肩書き──会社中心の生活を手放すことで、新しい何かをつかもうとする前向な決断をした、みなさんの実例を紹介。今回は、3月にTBSを退社したフリーアナウンサーの堀井美香さん。堀井さん流の不安への備え方や、新生活の展望についてもお聞きしました。

“早期退職”を選んだ元TBSアナウンサー・堀井美香さん

これまで考えたこともなかった選択肢。退職を決めた理由とは?

堀井さんが新卒以来勤めていたTBSを退社したのは、3月末。決意したのは1年近く前のこと。

「会社は大好きでしたし、自分自身も周囲の人も『堀井はこのまま定年まで勤め上げるんだろう』と考えていたと思うんです。波風を立てず会社の言うことをよく聞く社員でしたし(笑)。

30代前半まで育児に忙しくて思いきり働けなかったぶん、子供が手を離れてきた、この十数年は仕事に全力投球していました。

ナレーションや朗読といった〝読み〟のスキルを磨くとともに、採用、後輩や部下の育成、スケジュール管理といったデスク業務も担当。忙しかったけど充実していて、会社の仕事は楽しくて仕方がなかったです」

ただ去年、社内での今後のキャリアを考える機会があって、『自分が目標としてきたところまで行ってしまった。これ以上は広がらないな』と2~3年前から感じていたことを、再認識したんです。

同時に、もしかして自分のスキルは社外でも使えるんじゃないか、と考え始めました。

いわゆるアナウンサー業務以外でほかの会社や業界の方ともつながりができていたので、気がついたらいろいろな選択肢が積み重なっていた、という感覚だったんです」

会社を辞めることでいちばん不安だったのは…

大人気のポッドキャスト番組「OVER THE SUN」でも“安定志向”だと公言している堀井さん。決断には時間がかかったのでは。

「私は、型の中で規定演技をするのが好きなタイプ。子供のときから、おもちゃ屋さんで『なんでも買っていいよ』と言われるとすごく困ってしまう性格でした。だから、会社を辞めて自由になることに、もちろん葛藤も不安もありました。

退職という道があるかも? と思い始めてまずしたのは、本を読むこと。退職で成功した人、失敗した人の体験談から、ビジネス書、最後は禅の本まで(笑)。これからどう生きていくのか、真剣に考えました。

でも結局、決心するまでに1ヵ月も悩まなかったんじゃないかな。『あ、今だ。このタイミングは逃しちゃいけない』と思ったんです。

お金の面は、食も服も家も… もともと派手な生活をしているわけではないので、退職したところで最低限の幸せは謳歌できそう。

それより何より不安だったのは、だれからも連絡が来なくなったりして、『私はひとりだ。もうダメなんじゃないか』と思ってしまうことでした。

人から認めてもらえないと精神的に落ちてしまうと、経験的にわかっていたので、組織から出たらそういう不安が頻繁に襲ってくるだろうという予想もつきました」

退職に踏み切ったのは、新しい生活への期待が上回ったから

「今までできなかったことができるんじゃないか、もう一回勉強できるんじゃないか、と楽しみにしています。

『30分空いたらこの仕事』みたいな、すき間時間副業アプリがあるじゃないですか。『どれをやろうかな?』って考えながらそのアプリを見るのがすごく好きなんですよ(笑)。もしご迷惑でなければ、汗をかくような工事現場とか警備の仕事もしてみたい。

もちろん、これまで築いてきた〝読み〟のスキルを柱に、自分の承認欲求のためだけじゃなく、社会のために何ができるのか、ということも考えています。

退職後の不安対策としては、4月以降の仕事も在職中にいくつか決めておきました。急に自由な時間ができたらオタオタしたり落ち込んだりしてしまいそうだから、責任と報酬のある仕事を準備しておこうと。

6月と12月には朗読会を開くために、自腹で会場も借りました。お客さんが来てくれるか、わかりませんけど…」

“退職”という選択肢はOggi世代でもアリなのか、迷っている人も…

「会社を一歩出れば、自分の価値は思っていた以上に低く見積もられるし、ガツンとやられることは必ずあるはず。だから覚悟は必要。もちろん私も経験済みです(苦笑)。

でも『自分を変化させるチャンスかも』と思ったときには、その波に乗ってみてもいいんじゃないでしょうか。いつ来るかわからないそのときのために、最低限の準備もずっとしておくといいと思います。

それは、目の前の仕事を頑張ることであったり、社外の人とつながっておくことだったり、趣味やボランティアで居場所をつくっておくことだったり。

そして退職するときには、自分の心身を健やかに保てるよう備えて。そうすれば世界は広がっていくと思いますよ」

堀井さんの会社員人生は…

“早期退職”って、Oggi世代にも関係あるの?

企業側が希望退職者を募る早期退職制度。これまでは主に中高年層が対象だったが、今年に入り、30代の従業員を対象に退職希望者を募集し始める企業も。世代にとって身近な話題になる日も近い!?

「早期退職」制度を30代から導入する企業も

カムバック制度が各企業で盛んになっています。退職後、最長6年間以内なら復職が可能な「育自分休暇制度」(サイボウズ)など、近年、元社員を再雇用する動きが加速。

いったん会社を離れても、それまでのキャリアを継続しながら再び活躍できる土台が整いつつあり、もはや〝退職〟はキャリアを積むうえで、主要な選択肢になりつつあります。

2022年Oggi6月号「ポジティブな早期退職という選択」より
撮影/深山徳幸 構成/佐々木 恵・酒井亜希子(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部

堀井美香(ほりい・みか)

1972年生まれ。’95年にTBS入社後、2児の出産を経て、数々のアナウンス、ナレーションを担当。朗読劇のプロデュースも手がける。現在もTBSラジオのポッドキャスト番組「OVER THE SUN」は続投。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature