英語で「今度はぼくがおごろう」は「It’s my pay this time.」で合ってる?【伝わる英会話講座】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 英語で「今度はぼくがおごろう」は「It's my pay this time.」で合ってる?【伝わる英会話講座】

WORK

2021.10.19

英語で「今度はぼくがおごろう」は「It’s my pay this time.」で合ってる?【伝わる英会話講座】

正しい英語を使うために! 英語のクイズに挑戦しましょう。今回は、「今度はぼくがおごろう」。

「今度はぼくがおごろう」を英語で言ってみよう

英語が苦手な彼氏が、外国人の友人に「今度はぼくがおごろう」と英語で伝えたいとのこと。どんな風に言ったらいいのかを相談されたら、正しく教えられますか?

では、「It’s my pay this time.」と「It’s my treat this time.」なら、どちらが正しいでしょうか。

【問題】
「今度はぼくがおごろう」を英語で言うどっち?

1. It’s my pay this time.

2. It’s my treat this time.

正解は?

(c)Shutterstock.com

2. It’s my treat this time.

動詞のtreatには、「(人)をもてなす:ごちそうする」という意味もありますが、これは名詞treatの用法で「おごること:おごる番」の意味です。

★Oggi.jpでは毎日朝6時に言葉クイズを更新中です。毎日チェックして言葉の達人になりましょう!
他の言葉クイズにもチャレンジしてみませんか? 記事一覧はこちら

【もっと英語の達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ「大人のためのやり直し英語練習帳


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.05

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature