Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「短気」ってどういう意味?「短気」な人の特徴5つを紹介

WORK

2021.08.20

「短気」ってどういう意味?「短気」な人の特徴5つを紹介

あなたの身近に「短気」な人はいますか? 「短気は損気」と言いますが、一時の感情にかられて行動したり、結論を急いだりしては人間関係が悪化してしまい、長い目で見た時にデメリットが大きいですよね。ここでは、「短気」な人の特徴や改善方法について紹介していきます。

【目次】
「短気」の意味は?
「短気は損気」とは?
類義語と対義語
「短気」な⼈の特徴とは?
「短気」を治す⽅法とは?
英語表現は?
最後に

「短気」の意味は?

(c)Shutterstock.com

些細なことにイライラしたり、怒りたくなくてもついキレてしまったり…。そんな「短気」な人はいませんか? 「短気は損気」と言いますが、「短気」な人は、一体どんな特徴があるのでしょうか。今回は、「短気」について詳しく解説していきます。「短気を治したい!」と感じている方も、ぜひ、参考にしてみてください。

意味

「短気」とは、「忍耐力がなく、我慢ができない性質」のことを指します。「“気”が“短”い」という語源からも、意味が明らかですね。一般的に、「短気を起こす」「見かけによらず短気な人だ」などのように使います。

「短気は損気」とは?

「短気は損気」とは、「短気を起こすと、結局は自分が損をすることになる」という教訓が込められたことわざです。例えば、これからも長く付き合う職場の人に、後先考えず無用な喧嘩を吹っかける… これでは人間関係が悪化してしまい、長い目で見た時にデメリットが大きいですよね。

一時の感情にかられて行動したり、結論を急いだりしてはいけない。そんなアドバイスがこの言葉には込められているのです。ちなみに「損気」とは、「短気」に語呂を合わせるために作られた言葉で、「気」に特別な意味はありません。

類義語と対義語

続いて、「短気」の類義語・対義語をみていきましょう。

類義語:「せっかち」

「せっかち」とは、「忍耐強くなく、先を急いで気ぜわしいこと」を指します。「短気」と同様、「忍耐力が無い」というニュアンスを含んだ言葉です。ただ、「せっかち」の場合は、「短気」にあるような「怒る」「イライラする」というネガティブな印象はありません。

対義語:「気長」

「気長」とは「のんびりして焦らないこと、気が長いこと」という意味です。「“気”が“短”い」と書く「短気」に対して、「“気”が“長”い」と書く「気長」は、まさに対義語といえるでしょう。

「短気」な⼈の特徴とは?

ここからは、「短気」な人に見られる5つの特徴について紹介します。当てはまるものがあるか、診断してみてもよいですね。

1:考える前に行動してしまう

「短気」な人は、思いつくとすぐに行動してしまいます。焦りや焦燥感が強いので、行動する時はすぐ動かないと、居ても立っても居られません。そのため、当然リスクヘッジも出来ません。仕事などでも、後になって「あの時もう少し考えておけばよかった…」と思うことが多いのです。

2:気が早く、とにかくせっかちである

せっかちで自分本意な行動が多いのも、短気」な人の特徴の一つ。周りの人がゆっくりと慎重に準備や移動をしたいのに、つい「早く」「遅い」といった態度や言葉を出してしまいます。そのため、「自分のことしか考えられない人」という印象を与えてしまうことも。

3:人の話を最後まで聞かない

「短気」な人は、他人の話を最後まで聞くのが苦手です。気が短いため、相手が話している途中で口をはさんだり、感情を露わにしたりしてしまいます。他人の意見に耳を傾けることが出来ず、相手から「話しても無駄」と思われかねません。

4:すぐに怒鳴る

「短気」な人には、すぐに怒鳴るという傾向もあります。冷静に判断が出来ず、カッとなると、大きな声で周りを押さえつけようとしてしまいます。自分の意見にあまり自信がない場合は、とにかく大きな声で相手を威嚇しようとするのです。

5:物に当たる

物に当たることも、その特徴の一つ。怒鳴るのと同じですが、周りに自分が怒っていることに気付いて欲しいので、物音を立ててアピールしています。そのため、周りからは自然と「めんどくさい」「すぐキレてうざいな…」と思われてしまいます。

(c)Shutterstock.com

「短気」を治す⽅法とは?

「短気」な性格を「治したい!」と感じている人もいるのではないでしょうか。ここからは、その改善方法をいくつか紹介していきます。

1:何にイラつくのか把握する

「短気」といえど、人によってイラつくポイントは変わるもの。仕事ができない人にイライラする人、自分の不手際にイライラする人、レスポンスが遅いことにイライラする人、上から目線な発言にイライラする人… など。特に、「これだけは許せない!」というポイントを把握しているだけで、事前に自分を律することが出来るはずです。

2:自分の基準・思考・価値観を見つめ直す

「短気」な人は、「普通はこうだ」「普通の人はどうする」など、自分の中に基準を作り、その基準から外れると怒ってしまう傾向があります。その考え方を変え、他の価値観もあると考えた方がポジティブです。思考の転換をして、人間関係も円滑にしましょう。

3:怒りを抑える食事を摂る

怒りを抑える効果がある食品があるのをご存知でしょうか? 味噌、醤油、お漬物、納豆に含まれる発酵食品は、腸内細菌を整え、セロトニンのようなハッピーホルモンを作ってくれます。青魚やサーモンに含まれる成分は、イライラや攻撃的な感情を抑えてくれます。こうした食品を上手く取り入れて、内側から気持ちを明るくしていきましょう。

英語表現は?

「短気」は英語で「short temper」と表します。「temper」は「気性、気質」を意味する英単語です。これを使って、「have a short temper」で「短気だ」という意味になります。

最後に

(c)Shutterstock.com

今回は、ついついカッとなってしまう、「短気」な人について解説していきました。気が短くて怒りっぽいと、自分も周りの人も疲れてしまいます。紹介した改善方法を活用して、少しずつ気持ちのコントロールをしてみてくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature