Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 今は子供の学費が大変なバツイチ男性。あと数年経てばアリなのかもしれないが〈マッチングアプリあれこれ〉

LOVE

2021.08.10

今は子供の学費が大変なバツイチ男性。あと数年経てばアリなのかもしれないが〈マッチングアプリあれこれ〉

マッチングアプリで、WEBマーケティング会社勤務のバツイチの男性とマッチング。実際に会ってみると楽しいのだけれど…。婚活難民 ライターSのマッチングアプリ・リアル奮闘記。

婚活難民 ライターS

“マッチングアプリ生活”! 4人目に会った男性は、普通の人?

3人目の男性と会った話はコチラ

思うところあって(笑)、思い切って始めた“マッチングアプリ生活”! 私なんてまだまだマッチングアプリビギナーかもしれないのですが、それでもホント~にいろいろな人、いろいろな出会いのパターンがあるんですね。

正直なところ「この調子で本当に出会えるのだろうか?」と思い始めていましたが、出会ってしまいました! これってもしかして♡ な人に。

バツイチで、WEBマーケティング会社勤務の彼

まずプロフィール写真が好印象! よくある自分大好きイケメン風でもなく、ご自慢の車や時計、ワインなんかの写真がずら~っと並んでいるわけでもなく、顔が全く見えないよ~っていうあやしい写真でもなく、よく言えば普通! そう、普通なんです。

マッチングアプリや婚活をされている方は実感されているかと思いますが、20代でもなく30代でもない年齢になると、“普通”な人との出会いは本当に難しい!

彼と早速マッチングしました。最初のメッセージでは、いわゆる簡単な自己紹介からスタートして(そのメッセージのやり取りも好印象!)、笑いありで盛り上がりました。

その彼は、バツイチで、広告代理店勤務を経て、現在WEBマーケティング会社勤務。ざっくり私と同じWEB業界でなじみもあるし、マーケティングにも興味あったので、プライベートな話だけでなく仕事の話もできそう! と私のテンションも急上昇! あっという間に「サクッとお茶でもしましょう!」となりました。

(c)Shutterstock.com

コロナ禍の中ちょうどデパートなどの店舗がクローズしているタイミング、なぜ待ち合わせ場所に東京駅? しかもなぜ新丸ビル? でしたが、遅刻しないように早めに向かいました! いつもよりちょこっとだけおしゃれをして!(笑)

待ち合わせをすると、ゴルフはやらないけど(残念!)ランニングもトレーニングもすると言っていた通りの、スラ~ッと高身長の彼がいました!

ただびっくりするくらい、顔も腕も日焼けをしている! 2度見、いや3度見するほどの黒さ。ついツッコんだら、「毎日走っているから。今日も走ってきた!」とのこと。なかなかのストイックぶりだけど、キライじゃないかも!?

彼が待ち合わせの場所を指定してきたのだから、お気に入りのカフェに向かうのだろうと思っていたところ、彼が普通に言ってきたのです。

「やっぱりどこもクローズしているよね? コーヒーでも買って公園でおしゃべりしない?」

え? 公園?? 暑さも紫外線も気になる季節の、太陽さんさんの真昼間、しかも初対面でコーヒー買って公園でおしゃべりって。。もしや缶コーヒーだったりして?

しかもこのカフェ難民になる感じ、どこかで見た光景? 前回会った説教男と同じだ。これまでそれなりに経験値を積み上げてきた私は、ココは踏ん張りどころ、だとにこやかに言いました。

「銀座の方に歩いてみようよ? 銀座方面ならどこか入れると思うんだけど」

一瞬彼の不満そうな表情が目の端に見えましたが、逃げ場のない(であろう)公園で、初対面の彼と面と向き合って会話をするリスクは避けた方がよいだろうと思ってスルー。率先して歩き出してみました(笑)

私が狙っていたカフェはあいにく満席。ホテルのラウンジならなんとか入れるだろうと思い、思い切って提案してみると、OKが出ました! よかった~(笑)

さすがに銀座のホテルのラウンジ。コロナ禍でも安心してお茶ができそう! 席についてやっと一息、彼との会話がスタートしました。

面白く話をしてくれる。でも…

(c)Shutterstock.com

仕事柄もあると思うけど、最初の印象通り、やはり彼はコミュニケーション能力が高い感じ。仕事の話からトレーニングの話まで、話題も豊富で次から次へとおもしろおかしくお話が進むんです。私からもちょいちょい質問をしながらも、彼の話術に引き込まれながら時間は過ぎていきました。

かなり打ち解けてきた頃、いよいよ深い話に…

彼はバツイチ、大学生の子供が2人もいるそう! 元奥さんはある大企業の役員の娘さんで、お互い若くして結婚したとか。でも彼女やそのご両親からのプレッシャーも強くて、あっという間に離婚に至ったそう。ちょっと武勇伝的は口調がちょっと気になりましたが、まぁ、医学部の息子さんと美大生の娘さん、そんなお子さんを養っているパパの彼も、それはそれで素敵! ホント、心からすごいなと思いました。

現在の暮らしの話になると、彼はそれなりの収入はあるとはいえ、子供たちへの学費、養育費が大変なのだと教えてくれました。だから自分の日々の食事は極めて質素。お酒はもともとあまり飲まないから、自宅でお酒が飲めなくてもストレスはなし。節約するために、業務スーパーで納豆などのカラダによい食材などをまとめ買い。と、今はかなりヘルシーな食生活をしているそうで、「それが苦にならないんだよね」と話していました。そうね、“健康第一”、ヘルシーなライフスタイルは私も賛成!

ですが、いかに学費貧乏なのか、さまざまな節約術をおもしろおかしく話してくれるのですが、その内容がおもしろければおもしろいほど、なぜかどんどん引いていっちゃったのです。

子供達は大学生、あと数年で学費も養育費も終わるのかもしれないけれど、私はそれまで彼を優しく温かく見守れる? いや崖っぷちで婚活中の私にその時間の余裕はないなーと心の中で自問自答

ファーストデートでプライベートをどこまで話すか考えておく

(c)Shutterstock.com

別れ際まで学費貧乏生活の話を聞き、最後の最後で思いっきりトーンダウン。学費貧乏でも彼にそれ以上の魅力が見つけられれば良かったのですが、難しかったです。

その後、数回LINEでやり取りしたあとの連休明け、「もうLINEを送らない方がいいですか?」と、突然のメッセージがきました。どういう意味かわからずこのメッセージの意図を聞くと、「連休にも会えなかったし…」とのこと。そもそも誘われてないけど(私からも確かに誘ってないけど)、誘ってほしかったってことかな?

彼からのメッセージは、もう学費貧乏うんぬんより、このかまってちゃん的な、あまりに自己中心的な言い訳にうんざりしちゃいました。数回全くかみ合わないやり取りをし、私からお互いストレスなだけだから、(まだつきあってもないけど)もう終わりにしましょう」とギブアップ。

最後に彼からのメッセージが届きました。

「何回も会わなきゃいけないのは、次回がある若い人との恋愛なので、そもそも難しいです。笑」

え? どういうこと? 彼から「サヨナラ」が送られてきて、もう終わったのだと思っていたのに、このメッセージは何?

感情に任せたメッセージを送ってしまったことからの反省? 未練?? そもそも、“笑”ってなんだ?

* * *

マッチングアプリのファーストデートでどこまで話すべきなのでしょうか? 彼は自虐を込めて身の上話を楽しく話してくれたのですが、今後のデートが不安になっちゃいました。うーん、難しいですね。最初から決めておいた方が良さそうですね。それに都合が悪くなると、自己中心的な言い訳に走る。私も気をつけようと思います。

これまでの記事

TOP画像/(c)Shutterstock.com

婚活難民 ライターS

仕事に打ち込んでいたら、世間一般の婚期というものを逃しまくりのワーキング女子。重い腰をあげてやっとのことでスタートした婚活! まずはとダウンロードしたアプリ歴は7ヶ月。なんだかクセの強い男性が寄ってきているような?!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.09

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature