本場の味を自宅で! 台湾通・弾丸旅ライター門司紀子さん【ピーナッツ風味だれの涼麺】レシピ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 本場の味を自宅で! 台湾通・弾丸旅ライター門司紀子さん【ピーナッツ風味だれの涼麺】レシピ

LIFESTYLE

2021.08.12

本場の味を自宅で! 台湾通・弾丸旅ライター門司紀子さん【ピーナッツ風味だれの涼麺】レシピ

台湾の味を知り尽くしたOggiエディターで弾丸トラベルライターのの門司紀子さんに、おうちで楽しめるレシピを教えてもらいました! 今回は「ピーナッツ風味だれの涼麺」です。

にんにくを少し利かせて本場の味っぽく!
ピーナッツ風味だれ涼麺

教えてくれたのは… Oggiエディター&弾丸トラベライター 門司紀子さん

Oggiなどで美容エディターとして活動するほか、持ち前のフットワークの軽さを生かして弾丸トラベライターとしても活躍中。日帰り旅でハマった台湾の魅力をSNS中心に発信している。Instagram:@norikomonji

【材料】1人分

中華三昧 赤坂璃宮 涼麺:1袋
きゅうり(長さ4~5cmのせん切り):1/2本分
鶏ささみ肉:1本(約70g)
酒:大さじ1
ピーナッツ(粗く砕く):15粒程度

<A>
ピーナッツペースト(無糖):大さじ1
きび砂糖:大さじ1/2
おろししょうが・おろしにんにく:各小さじ1/4

「中華三昧 赤坂璃宮 涼麺」をアレンジ!

作り方はこちら!

1. 鶏ささみ肉は耐熱皿にのせて酒をふり、ラップをふわっとかけて電子レンジで加熱する(600Wで2分程度が目安。途中でひっくりかえし、中まで均一に火が通るようにする)。中まで火が通ったら、粗熱をとり、繊維に沿ってほぐす。火を通した際に出てきたゆで汁は捨てずにとっておく。

2. 鍋にたっぷりの湯(1L・分量外)を沸かし、麺を入れ、ほぐしながら5〜6分ゆでる。

3. 麺をゆでている間にたれを作る。小さめのボウルに麺に付属の液体スープ(たれ)の1/2量と[A]、さらに[1]で残しておいた鶏のゆで汁を大さじ1加えてよく混ぜる。

4. 麺がゆであがったらざるにあげ、冷水にさらして冷やし、水気をきる。皿に麺を盛り、きゅうりと[1]を添え、[3]をかけ、ピーナッツをトッピングする。

POINT!

「台湾の涼麺は具材がきゅうりのみ。それだけだとさみしいので鶏のささみを入れて、ヘルシーかつ食べ応え抜群に。鶏のささみはサラダチキンでも代用可。その場合はゆで汁の代わりに酒大さじ1をたれに足して」(門司紀子さん)

2021年Oggi8月号「おうちで台湾気分! な『妄想ごはん』」より
撮影/須藤敬一 料理・スタイリング/門司紀子 撮影協力/UTUWA 構成/佐々木陽子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature