一生豪遊できるほどの資産をもつ美女… 彼女は大金をどう手に入れたのか〈稼げて愛されて美しい女性の考え方〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 一生豪遊できるほどの資産をもつ美女… 彼女は大金をどう手に入れたのか〈稼げて愛されて美しい女性の考え方〉

WORK

2021.07.03

一生豪遊できるほどの資産をもつ美女… 彼女は大金をどう手に入れたのか〈稼げて愛されて美しい女性の考え方〉

ある日、大富豪の老紳士と出会った20歳の女子大生が、愛されて幸せなお金持ちに成長していく衝撃のお金持ち小説『職業、お金持ち。』。発売5ヶ月で4刷と好評の本書から、読むだけで「大富豪マインド」に生まれ変わるストーリーの一部を公開! 今回は、えびすさまの姪っ子が話す「女性が稼ぐこと」について。

職業お金持ち 冨塚あすか

お金を得ることを躊躇するのはただの言い訳

前回記事はこちら

(c)Shutterstock.com

「あーあ、いるのよねぇ〜、こういう人! あなた、本心では男性よりも稼ぎたくない! って思っているでしょう?」

唐突にガツンと言われ、私は目を白黒させる。胸元がガッツリあいたラップドレスにピンヒール。艶やかな巻き髪をファサッとかきあげ、瞬きもせずに大きな瞳でじっと見つめてくる。すっと綺麗に引かれた眉毛に長いまつげ、真っ赤なルージュ。美しさに見とれたのも束の間、私はほぼ尋問のような形で彼女と向き合うことになった。

この人怖い。占い師か何か? 私は救いを求めるように隣に座るえびすさまを覗き込んだ。えびすさまは慣れた様子でどうどう、と彼女を宥める。

「まぁまぁ、お手柔らかに。君だって二十歳の頃は、今ほど強くなかったろう?」

「そうかしら? 私は最初から、周りの男性よりも自分が秀でていると思ってきたし、経済面であれ恋愛面であれ、勝てる気しかしていなかったけど?」

あなた、と強い口調で再び私に向き合う。

「稼いだら男性に嫌われるんじゃないか。稼いでいるオンナなんて可愛くないんじゃないか。お金の話がわかるオンナなんて鬱陶しいだけじゃないか、って怯えている顔をしてるわよ?

稼ぐ前からそんな妄想をしてお金を得ることを躊躇する女って本当に多いけど、そんなんじゃ稼げるはずがないじゃない! 稼がない自分、稼げない自分への、ただの言い訳よね。同じ女性として恥ずかしいったらもう。

そんな思考の枠の中で生きていたら、いつまで経ってもお金持ちになんてなれないに決まってるわ。あーあ、おじさまが面白い子がいるっていうからどんなもんかと思ってわざわざ時間あけたのに。なんてことない、ただの小娘ね」

何かを得るために何かを諦めないといけないことはない

(c)Shutterstock.com

そう、彼女はえびすさまの姪っ子、不二子さん。普段はアメリカに住んでいて、たまたま用事で一週間、日本に帰国しているのだそう。ヘッジファンドというところに勤めていて、ものすごい額のお給料をもらっているらしい。ちなみに旦那さまも、金融関係の大富豪だとか。

えびすさまは「まぁそう言わずに」となんとか取りなしてくれる。大好物だというイチゴたっぷりのパフェが運ばれてきて、そのまま無言で半分ほど食べたところで不二子さんは少し落ち着き、ようやく話をしてくれるモードになったようだった。ふぅ、とひと息つき、彼女は話し始める。

「私はね、稼げる自分を誇りに思ってる。『女性は稼いじゃいけない』なんて、人生で一度も思ったことはないわ。だって稼げたほうが、できることが増えるもの。自分も、自分の大切な人も守れるしね。今はたまたま激務の職場にいるけど、私にはもう、今までのサラリーと運用で、一生豪遊できるぐらいのお金はあるのよ。だからストレスフリーに楽しくやってるわ。何? 何か質問ある?」

「えっと…… お金を稼げたのは、やっぱり優秀だったからですか? それと、軌道に乗るまでは夜中まで残業したり嫌な仕事を引き受けたり無理をしたり、ってありましたか?」

若干気後れしながらも、私は恐る恐る聞いてみた。

「無理をしないと稼げない? 馬鹿ね、そんなことあるはずないでしょ? 私がそんなに堪え性あると思う? あなた、あすかだっけ。そんなこと言ってるからいつまでも貧乏なのよ。お金を得る方法なんて無限にあるんだから、嫌なことなんてしなくて良いの。工夫次第でなんとでもなるわ」

これが日本人の悪いところなのよね〜、と不二子さんは漏らす。無理して稼ぐなんてことしてたら、無理しなくなったら稼げなくなるじゃないの、と。

「何かを得るためには何かを諦めないといけない、っていちいちトレードオフに持っていきたがる人って多いけど、私を含めて

・稼げて
・愛されて
・美しい

そんな女性は世の中にごまんといるわ。むしろ、私の周りはそんな人しかいない。良いとこ取りの人生を体現している人はたくさんいる。もしそこに行きたいと願うのなら、あなたにだってその人生を歩む資格ぐらいはあるんだから、びびってないで頑張んなさい」

* * *

次回は、「女性が経済的自立をすることの大切さ」について細かくお話していきます。

これまでの記事はこちら

TOP画像/(c)Shutterstock.com

職業お金持ち 冨塚あすか

個人投資家。1988年生まれ、仙台出身。慶應義塾大学卒。「お金を理由に何かを諦める、という事態とは生涯無縁でいよう」と決め、20歳のときに10万円から資産運用を始める。紆余曲折ありながらも持ち前の分析力と嗅覚、人当たりや運の良さで資産を順調に拡大。会社員を辞めてからは2年ほど、専業投資家として資産運用のみで生活をする。現在は、オンラインサロンを通じて、投資の仕方や生き方、女性がお金持ちになるために必要な「お金の帝王学」について指南している。趣味は旅行と食べ歩き、お金持ちの話を聞くこと。

『職業、お金持ち。』発売中!

『職業、お金持ち。』著/冨塚あすか(すばる舎)

「お金を稼ぐのは簡単なこと。お金持ちになることを決めるだけ」。

場所、時間、お金に縛られることなく悠々自適な理想のライフスタイルを実現している個人投資家が、お金持ちから学んだ【お金持ちになる秘訣】をストーリー形式で紹介。読むだけでみるみる、幸せなお金持ちのマインドに近づくことができるかもしれません。

価格:1,540円(税込)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature