ダンサーIGさんからOggi読者へ愛のメッセージ「みんな優勝!」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. インタビュー
  5. ダンサーIGさんからOggi読者へ愛のメッセージ「みんな優勝!」

LIFESTYLE

2021.06.18

ダンサーIGさんからOggi読者へ愛のメッセージ「みんな優勝!」

Instagramをはじめ、TBSテレビ『Let’s!美バディ』に出演するなど人気ダンサー・IGさんの新刊『本気で生きるって気持ちよくな~い?』が発売。IGさんにインタビューしてきました。

現実に向き合い、すべきことを行うことが大切よ

独自のエクササイズメソッド・セクササイズが人気のダンサーのIGさん。2020年4月、コロナ禍中に始めたInstagramで人気に火がつき、今ではTBSテレビ『Let’s!美バディ』などのテレビ番組ほか、イベントなどで活躍。2020年にはあのレディー・ガガさんにも認められ『Stupid Love』のMVにも出演。

すべてにおいて“本気”なIGさんの初の書籍が『本気で生きるって気持ちよくな〜い?』(双葉社・6月18日に発売)。本気で生きてきたIGさんから、Oggi読者へ愛のメッセージ。

▲「自分の足で立つと、幸せがやってくる!」(IGさん)

――「私らしく、本気で生きていたい」と思っても、人からどう見られるか、社会的な自分の評価が気になるという悩みを読者世代の方から聞きます。IGさんはどのようにして、本気で生きられるようになったのですか?

IGさん「本気で生きるって難しいと思う。私だって、ずっと今みたいなポジティブなキャラクターだったわけではありません。アメリカに行く5年くらい前… そう、20代の後半は将来が見えずに不安だらけだった。

これからどうなるんだろう、私は何者なんだろう、何がしたいんだろうと、常に考えていました。

好きなダンスを仕事にできていたとはいえ、20代の私は、苦しみの連続。自己実現できていないときに、『白馬の王子様が私を救ってくれる』と本気で思っていた」

――そんなときにIGさんは、王子様に出会ってしまったとか……?

IGさん「ホントに素敵な人で、王子様と一緒にいると楽しかった。仕事に行かず、彼とずっと一緒にいたいと思ったこともあった。でも、それは今考えれば“逃げ”だったんですよ。

仕事は楽しいけれど、苦しいことのほうが圧倒的に多い。だって、苦しさは自分の成長につながっているから、痛みを伴う。それよりも、フワフワして甘くて優しいほうに行きたくなってしまう。

自分の成長にまつわる痛みや苦しみ、そして現実から、彼が救い出してくれると思っていたの。でも、それって自分の問題であり、他人がどうこうできることではないんです。

自分の思い通りにいかないから、彼に対して『私を幸せにしなさいよ』って無言の圧力をかけていたと思う。

そうなると、関係は悪くなってしまう。ケンカになったり、嫉妬をしたり。そうなったら相手と距離を置くしかないんですよね。苦しいけれど、現実に戻って、自分のすべき仕事と向き合うしかない。

そこで自分の足で立ち、理想の自分に出会えたら、きっといい人が現れる。自分を愛して、自分のために生きる。それが結局、自分と相手への愛につながっているから」

▲「自分を愛して!」(IGさん)

自分のために生きることが大切なの!

――自分を愛することは、とても難しいと感じます。人と比べて劣等感を感じたり、理想の結婚や仕事をしている人に嫉妬することもあるとは思いますが……。

IGさん「それも含めてあなたなのよ。それでいいのよ! 完璧な人なんてこの世にいない。だからもう人と比べるのはやめたほうがいい。それに、自分をさらけ出した人から、幸せになるの。好きなものを好きだと言うと、人生が楽しくなって、周りの人も応援したくなるから。そのハッピーな連鎖の中に入ると、世界が変わるし、自分を愛せるようになる環境が整っていることを感じるはず。

あとね、だれにも悩みがある。ブッダだってキリストだって、悩み苦しみながら生きていたの。だから、「自分を愛せない、苦しいな」と思ったら、今ある幸せを探したり、辛くても笑顔になったりするの。体を動かして笑うことも大切。今この瞬間、幸せになることをやってみよう。

あと、私の場合はお風呂上りに、いい香りのボディクリームを塗って、鏡の前で「アタシはオンナ! イケてるっ!」と思う時間を持つ。それが自分への愛につながっていく。

人と比べなくてもいいのよ。『みんな優勝!』と思って、この瞬間、瞬間で自分を愛して!」

Oggi読者におすすめのセクササイズ!

肩こりの改善と、背中やわき腹のたるみ肉、太もものもたつきにも効果的。背中と太ももの筋肉をググっと伸ばしてね!

手を後ろに組んで、胸を開いて。そのまま上半身全体をゆっくりと前に倒していきましょう。

前に倒したら、ひざを曲げて。これがセクササイズのオリジナル。太ももの後ろにあるハムストリングス(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)が伸びて、下半身が引き締まるわよ!

ゆっくりと上体を起こすと、全身の筋肉が伸びて気持ちいい! 好きな時に好きなだけ行ってね。自分の体を愛して、気持ちよくしてあげて♡

IGさんの新刊が発売中!

『本気で生きるって気持ちよくな~い?』
ダンサー・IG著
1430円(税込) 双葉社

TBS『Let’s!美バディ』出演で話題の人気ダンサー・IGのエッセイ。セクシャリティの苦悩、学生時代の挫折や鬱経験、ダンサーとして活躍するまでの試練や葛藤などを経て、レディ・ガガのバックダンサーになるまでの軌跡。苦しみ、楽しみながら生きてきた半生を、ユニークでハッピーな表現の格言とともに紹介。元気になる1冊。

ダンサー・IG(アイジ)さん

1986年東京都生まれ。アーティストのバックダンサー、ツアーダンサー、振り付け師、舞台演出など幅広く活動ト。米国のアーティストビザを33歳で取得し、レディー・ガガのMVに出演。現在はコロナ禍のため日本在住。テレビやワークショップなどを手がけている。

Instagram:ig_sexercise


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.28

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature