治療して初めて見たヒヨヒヨと動く夫の精子… フーナーテスト<30代の不妊治療vol.42> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 治療して初めて見たヒヨヒヨと動く夫の精子… フーナーテスト<30代の不妊治療vol.42>

LOVE

2021.04.29

治療して初めて見たヒヨヒヨと動く夫の精子… フーナーテスト<30代の不妊治療vol.42>

妊活歴が3年目に突入した主婦ライター・34歳クロサワキコの不妊治療体験レポ Vol.42。夫の精索静脈瘤の手術や人工授精、体外受精とステップアップを重ねていくなかで感じてきたリアルな本音をお届け。今回は、実際に動いている精子を見たお話と、夫婦のちょっとした面白い体験のお話。

初めて見た動く精子、その感動から起きた不思議な体験【30代からの不妊治療】

妊活を始めて3年。現在34歳の私の体験から、妊娠を考えているカップルにとって少しでも役に立つような情報をレポート形式でお届けします。

前回は、二度目のフーナーテストに臨んだ話をお届けしました。今回は、実際に動いている精子を見たお話と、夫婦のちょっとした面白い体験のお話。

感動的な顕微鏡のなかの世界

不妊治療を始めて通っていたレディースクリニックから総合病院へ転院、私は人生二度目のフーナーテストを受けました。テストが終わり結果を待っていると、担当してくれたS先生が動いている精子を見せてあげると呼んでくれました。

(c)Shutterstock.com

バックヤードの通路では慌ただしそうに働いている医師たちや看護師さんたち。奥の部屋にはデスクがたくさん並んでいて、一番奥の窓際に顕微鏡が1台置かれていました。S先生がピントを調整して「奥様、どうぞ」と言われて、椅子に腰かける私。

顕微鏡なんて何年振りだろう…。高校の生物の授業が最後だったかな…。ドキドキしながらのぞき込むと、

S先生「ちょっと小さくてわかりにくいんだけど、右下のあたりに動いているの、見えますか?」

…! 見えた!

そこには本当にオタマジャクシみたいな精子が、ヒヨヒヨと懸命に泳いでいたのです。動く精子の映像って、保健体育の時間やテレビなどで何度も見たことがあるので、特段めずらしいものではないと思っていましたが、この精子は特別です。だって、さっきまで、私のカラダのなかで生きていたのだから…。

次の瞬間、目の前がぼやぼやっと滲みました。涙が…。まさか、このタイミングで泣くなんて思ってもみなかったので、自分でもびっくりしてしまいました。

まだかまだかと隣でそわそわ待っている夫に、席をチェンジ。先生がまたピントを調整してくれて、「今、ちょうど真ん中に2匹いますよ」と教えてもらい、顕微鏡をのぞく夫。

あ! いたいた! 動いてる! あー動いてる! おー、すげー! 動いてるよ!

不安いっぱいで張り詰めていた心の糸がゆるんだのもあったと思います。嬉しそうに実況中継をしながら顕微鏡をのぞきっぱなしの夫の背中を見て、私の心には感動の嵐が吹き荒れていました。

「ほかにも複数確認できましたから、可能性は十分あると思いますよ。奥様、もう一回、見ます?」とにっこり微笑むS先生。最初はクールに見えたけど、すごく人情味あふれるいい先生だなと思いました。

ありがとうございます。大丈夫です

大丈夫、目に焼き付いているから。これから先の不妊治療、検査も注射もやっぱり怖いけれど、小さいのにあんなに一生懸命に動いている精子とこんなにも喜ぶ夫を見たら、どんなことも耐えられるような気がしました。男性医師への抵抗がなくなったのも、このときの経験が大きかったように思います。

その夜、夫婦そろって同じような夢をみる

(c)Shutterstock.com

フーナーテストを受けた日、私たち夫婦はちょっと不思議な体験をしました。

そこは、真っ白な部屋…。私の腕の中には、あたたかくて重たい生まれたての赤ちゃん…、だけど、顔が夫。なんで? 赤ちゃんなのに眉毛が濃くて太いし、笑ってる目じりにはシワがある。夫と同じ顔だけど、赤ちゃん…。どうなっているの…、なんで? なんで? 私をまっすぐ見つめてくる、夫と同じ顔で。かわいい!

そこで、目が覚めました。赤ちゃんを抱っこしている感触とぬくもりが妙にリアルで少し動悸がしていました。まだ、目覚ましが鳴る前の早朝。すると、隣に寝ていた夫も目を覚まし…

「大変だ、保育器がたくさん並んでいたんだけど、うちの子だけ、猿なんだよ。わかる? 動物園にいる猿。ほかはみんな乳幼児なのに、うちの子は、動物の猿なの。でもあれはうちの子! って確実にわかるの。不思議なんだけど。あー夢か。すげーびっくりした…」

何度も「うちの子」と呼びながら夢の様子を興奮して話す夫に、私も夢にでてきた赤ちゃんの話をして…。それで2人で大笑いし合いました。

(c)Shutterstock.com

「男の子だったよ、私の夢に出てきた赤ちゃん」

「僕と同じ顔で女の子だったらかわいそうだよ(笑)こっちは猿だったから、それどころじゃないけれどさ~」

すごく楽しくて、幸せな朝でした。

顕微鏡越しに見た、あの元気な精子のインパクトは、私たちの心にそのくらい強烈なインパクトを突き刺したのだなぁと感じましたが、同時に、もしかしたら神様が「あきらめないで」って私たちの未来をちょっとだけ早く見せてくれたのかなぁとも思ったり…。

そんな少しスピリチュアルな想像までしてしまいました。夫と出会ってから長く一緒に生活していますが、こんな経験は後にも先にもなかったので。

出口が見えず、落ち込むことも多い不妊治療ですが、この日、夢で出会った“夫と同じ顔の赤ちゃん”のことは、今でも鮮明に思い出せるし、私の心の支えになっています。

次回は子宮卵管造影検査を受けることにしたお話をしたいと思います。

これまでの記事▶︎不妊治療体験レポ

TOP画像/(c)Shutterstock.com

クロサワキコ

34歳・主婦ライター。妊活歴3年目。男性不妊の治療や人工授精に体外受精、ステップアップを重ねていくなかで感じた不妊治療のリアルな本音を発信しています。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.18

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature