レジで活躍「つり銭受け皿」の正式名称を知ってる? 知ってたら鼻高! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. レジで活躍「つり銭受け皿」の正式名称を知ってる? 知ってたら鼻高!

WORK

2021.03.28

レジで活躍「つり銭受け皿」の正式名称を知ってる? 知ってたら鼻高!

普段なんとなく使っている言葉でも、実は正式な名前がついています。今回は、「つり銭受け皿」の正式名称について。

お釣りもらうトレーの正式名称って?

新型コロナ感染拡大の影響は様々なところで起きています。例えば、非接触のために置かれている、レジ横の釣り銭トレー。手渡しでお釣りを渡さなくなったので、大活躍しています。

ここで、問題です。この「つり銭受け皿」の正式名称はなんでしょうか?

(c)Shutterstock.com

答えは「カルトン」

つり銭受け皿の正式名称は、「カルトン」と言います。

「カルトン」はフランス語で「紙でできた紙」を意味していて、油絵(デッサン)で使用されていた皿が由来のようです。日本では、昭和初期に伝わり、その後はお店や銀行で使われるようになりました。

いかがでしたか? 普段使っている言葉でも、実は正式名称があるなんて面白いですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.24

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature