仏花にパンツ… 外国人男性からもらった反応に困るプレゼントあれこれ〈実話でお届け〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 仏花にパンツ… 外国人男性からもらった反応に困るプレゼントあれこれ〈実話でお届け〉

LOVE

2021.03.23

仏花にパンツ… 外国人男性からもらった反応に困るプレゼントあれこれ〈実話でお届け〉

〈アラサーライター エリの連載『国際結婚を叶えたアラサー女子』〉今回は、番外編として、アメリカ人男性からもらったプレゼントを紹介します。文化が違えば、プレゼントも違うのです。。

アラサーライター エリ

【国際結婚を叶えたアラサー女子 番外編】外国人男性からのプレゼントには期待するな?!

こんにちは。ハワイ在住のアラサーライター、エリです。みなさんは、素敵なホワイトデーを過ごせましたでしょうか?♡

アメリカにホワイトデーはないのですが、私は日本の友人達がインスタに投稿していたホワイトデーのお返しを「日本人男性のセンスってなんかお洒落〜」と羨ましく眺めていました。

というのも、私の旦那も含めアメリカ人男性のプレゼントチョイスは正直イマイチな気がします…(笑)。

そして、外国人男性から貰ったプレゼントエピソードは、国際恋愛中/結婚した女友達とかなり盛り上がるネタのひとつでもあります。ということで今回は、貰って反応に困ったプレゼントエピソードを集めてみました!

決して男性をディスっているわけではありません。国際恋愛や国際結婚で起こりがちなエピソードと、軽く受け止めてくださいね♡

これまでの記事はこちら

寿司柄のパンツをもらっても…

(c)Shutterstock.com

付き合いたての頃、『お寿司が好き』と言ったら、記念日に寿司柄のパンツをプレゼントされました。しかも彼とお揃い(苦笑)。そういう意味でお寿司が好きと言ったわけじゃなんだけどな…」(35歳・女性/シアトル在住)

日本人に寿司モチーフの物をあげれば喜ばれると思っているアメリカ人、実は結構多いかもしれません! 私も義姉から寿司ゲームや寿司のオーナメントなど、何かと寿司モチーフの物をプレゼントされます。欲しいのは寿司のモノではなく、美味しいリアルなお寿司…(切実)!

外国人は仏花なんて知らない

(c)Shutterstock.com

「産後すぐに体調を崩して凹んでいた私。『少しでも気持ちが明るくなって元気になるように』と旦那が買ってきてくれたのは、何と白い菊と紫の花の仏花…! 複雑だったけど、とりあえず喜ぶフリをして受け取りました」(33歳・女性/東京在住)

実はこれ、日本に住む外国人がやりがちな失敗のようです。外国の方達は仏花なんて知らないですよね。

そして調べてみたところ、アメリカで菊はhappiness(幸福)health(健康)を意味し、白い菊にはdevoted love(一途な愛)なんて意味もあるそう! 贈答用のお花として人気とのことです。

アメリカ人のパートナーが仏花を買ってきたとしても、悪意を持って買ったのではなく、むしろ愛や励ましの意味を込めて選んでくれたのだと感謝しながら、こっそり日本の文化を教えてあげましょう!

好みではない服やバッグは交換できる

(c)Shutterstock.com

「旦那と交際して初めての誕生日に、私が絶対に着ないようなワンピースを貰い全く嬉しくありませんでした(笑)。そして翌年の誕生日も、これまた好みではないバッグをプレゼントされました。

両方ともギフトレシート(※)が同封されていたので、後日お店で別の商品と交換しましたね。結婚した現在、旦那には一切プレゼントを選ばせず自分で選びます」(33歳・女性/LA在住)

服や靴はアメリカ人にとって定番のプレゼント。私もクリスマスや誕生日に、旦那の家族からTシャツや帽子、靴なんかを貰います。気に入らない時は、同封されているギフトレシートを購入店舗に持っていき返品・交換してもらいます。返品大国アメリカでは、貰ったギフトの返品・交換は自由自在。文化として根付いているので、贈り主に気を遣う必要はありません。まさにアメリカらしい合理的な発想ですね!

※ギフトレシートは、ギフトの受取人が購入先で自由に返品・交換できるレシート。普通のレシートと違い、ギフトレシートには商品の金額が記載されていません(返品・交換時にバレてしまいますが…笑)。

巨大なぬいぐるみは人気のプレゼント

(c)Shutterstock.com

「記念日にコストコの一番大きいクマのぬいぐるみ(2m以上)を貰い、置き場所に困りました。返品しようか迷ったけど、頑張って車に乗せて運んだと聞いて返品できませんでした…(苦笑)」(33歳・女性/ハワイ在住)

コストコのクマのぬいぐるみを貰ったという友人、私の周りで3人もいました。しかも全員2メートル以上の特大サイズ(笑)! 包み込んでくれるフォルムとゆる〜い表情はとっても癒されるのですが、何せ2メートルの巨大ベアは置き場所に困る…。日本では貰ったら困るプレゼントの代表格的なぬいぐるみですが、アメリカではまだまだ人気のプレゼントのようです!

その他にも、高級ブランド品をプレゼントしてくれる日本人男性に慣れていたので、アメリカ人の彼から貰ったプレゼントが自分で買えるような実用品でビックリしたという声もよく聞きます。

* * *

ちなみに私が旦那から初めてのクリスマスプレゼントは、ウクレレ(別に欲しかったわけではない…笑)、誕生日は防水ポーチと帽子(実用的…)で、若干反応に困った記憶が…。

結婚した現在は、欲しいものを事細かにリクエストしているので、希望通りのものを貰えています♪ なので、彼のプレゼントセンスがイマイチだったとしても、そこまでネガティブに考えなくて大丈夫かと!(あくまでも個人的な意見ですが笑)

今回は、アメリカ人男性にフォーカスしていますが、これがまたヨーロッパの男性だと違うんだろうと思います。実際、私の友人はイタリア人の現在の旦那様から、初めてのプレゼントが高級ランジェリーブランド「ラペルラ」の下着だったそう。情熱的なイタリア人男性は下着をよく女性にプレゼントするのだとか。

プレゼントの価値観は人それぞれ。プレゼントに限ったことではありませんが、期待にそぐわないことがあっても、ガッカリするのではなく寛大な心で受け止めるのも、恋愛を成就させる秘訣かも?!

とはいえ、センスのある男性はやっぱり素敵ですけどね…(遠い目)

これまでの記事

TOP画像/(c)Shutterstock.com

アラサーライター エリ

ハワイ、ホノルル在住。現地マーケティング会社にてホテルや大手ショッピングモールなどのPRに従事した後、独立。現在はフリーランスとしてPRや翻訳業務に携わる。趣味はヨガとカイルアビーチでカヤック。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature