襟なしが人気!【ノーカラーシャツおすすめ13選】気取らないのにきれいめな着こなし | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. シャツ・ブラウス
  4. シャツコーデ
  5. 襟なしが人気!【ノーカラーシャツおすすめ13選】気取らないのにきれいめな着こなし

FASHION

2021.05.04

襟なしが人気!【ノーカラーシャツおすすめ13選】気取らないのにきれいめな着こなし

さらっと一枚で着るのもおしゃれだし、シンプルだからスーツなど重ね着もしやすいノーカラーシャツ。襟がない分堅苦しさをやわらげつつ、きれいめに着こなせるのが魅力です。気負いなく着られるのに、すっきりスマートにまとまる人気アイテム。選ぶポイントとともに今っぽい着こなしテクをご紹介します。

【目次】
大人の女性はノーカラーシャツをこう選ぶ!
ヘビロテ確定!【白】のノーカラーシャツ
雰囲気を遊ぶ【色・柄】のノーカラーシャツ
最後に

大人の女性はノーカラーシャツをこう選ぶ!

きちんと感がありながら、ほどよくリラクシーなノーカラー(襟なし)シャツ。ちょっぴり高さのあるスタンドカラーや、帯のようなバンドシャツなどデザインも様々ですが、いずれも“気取らない印象”をまとえる大人にぴったりなアイテムです。

≪シャツを選ぶポイント≫
・ゆるっとしたサイズ感で一気に今っぽく
・着まわし力がハンパないのは白シャツ
・色・柄シャツなら、女らしさもかっこよさも自由自在

ヘビロテ確定!【白】のノーカラーシャツ

クリーンで爽やかな印象を与える白シャツ。ノーカラーならカッチリしすぎないので、大人の余裕ただよう着こなしが叶います。着まわし力バツグンで、オンもオフも大活躍のノーカラー白シャツ。オーバーサイズで今っぽく。

【1】クールなかっこよさを後押しする黒パンツ

クールなかっこよさを後押しする黒パンツ

スタンドカラーシャツの構築的なシルエットを引き立てるクロップドパンツ。黒ボトムのストイックさが、ゆるシャツをほっこりさせずモダンに昇華。

【Theoryのクロップドパンツ】着こなし3選!

【2】ベーシックなコーデに新鮮さをプラス

ベーシックなコーデに新鮮さをプラス

白バンドシャツをばさっと合わせたモノトーンコーデ。黒パンツは細身を選ぶと重たさがやわらぎ、メリハリも強調できます。きれい色バッグのアクセントでキャッチーに。

【ビッグシルエットシャツ】の選び方&最旬着こなしは?

【3】季節感のあるリラクシーコーデ

季節感のあるリラクシーコーデ

ロング丈のバンドシャツ×ワイドパンツ。ツヤ感のある淡色としなやかな落ち感で、女らしい軽やかな着こなしに。

ロング×ロングのリラックスコーデを都会的に仕上げて

【4】シンプルなコーデにはメリハリを

シンプルなコーデにはメリハリを

ノーカラーシャツ×ベージュのワイドパンツ。ウエストマークで緩急をつければ、女らしくスタイルアップ!

凛とした「クールフェミニン」コーデ5選

【5】ラフに着崩して女っぷりよく

ラフに着崩して女っぷりよく

女らしいレースタイトに、スタンドカラーシャツをラフに合わせた新鮮コーデ。タンクトップをインして、ヘルシーさと清潔感を忘れずに。

スタンドカラー【白シャツ】着回し4スタイル

雰囲気を遊ぶ【色・柄】のノーカラーシャツ

単調にしたくないとき・気分を変えたいときは、色や柄付きのノーカラーシャツでコーデをアップデート。シャツの表情で、カジュアルもきちんと感も自由自在に。

【1】大人がトキメく甘さ控えめコーデ

大人がトキメく甘さ控えめコーデ

パリッとしたロング丈で、フェミニンな印象のピンクシャツも大人仕様に。グレーデニムや黒バッグなどシックな小物で締めれば、かっこよくまとまる。

ピンクのシャツをカッコよく着こなす♡

【2】大人の着こなしは“品のよさ”がマストです

大人の着こなしは“品のよさ”がマストです

体のラインをカバーできる大人カジュアル。女らしい小物を合わせて品よく仕上げて。

Vカットパンプスで抜け感をつくるハンサムコーデ

【3】旬バランスな小物合わせ

旬バランスな小物合わせ

ブルーのロング丈シャツ×黒ボトム。メンズライクなローファーでトラッドな着こなしに。

秋らしいトラッド気分を取り入れて♪

【4】今の私にぴったりなしなやかコーデ

今の私にぴったりなしなやかコーデ

味のあるリネン調スーツ。軽やかな質感に便乗した爽やかなバンドシャツが、かっこいい大人コーデを後押し。

【5】定番から一歩進んだ着こなし

定番から一歩進んだ着こなし

ナチュラルでたおやかなベージュスーツ。くすみピンクのバンドシャツをインして、かっこよさと女らしさのベストバランスを。

ナチュラルな表情で今っぽく、女っぽいスタイルに!

【6】キレのある正統派配色

キレのある正統派配色

シックな黒シャツ×黒パンツに、ベージュのジャケットをON。足元に白をプラスして軽快に。

【Vジャケット×細身クロップドパンツ】で“シュッと見え”狙いで!

【7】洗練さ感じる比翼仕立てのロングシャツ

洗練さ感じる比翼仕立てのロングシャツ

大胆なストライプのバンドシャツ。ブラウンのパンツで締めたニュアンシーな配色が、シック&モダンな着こなしに。

【8】あえて女っぽさを封印した辛口コーデ

あえて女っぽさを封印した辛口コーデ

空気を含ませてゆるっと着たストライプシャツ。マニッシュな白パンツと小物でクリーンに仕上げて。

春らしさと大人っぽさを纏うシャツコーデ

最後に

首まわりすっきりでシンプルな【ノーカラーシャツのコーデ】をご紹介しました。着まわし力のある白シャツも、定番をハズす色・柄シャツも魅力的ですよね。何枚あっても重宝するアイテム。色んなシルエットやデザインで、“今の自分”をコーデしましょう♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature