襟が苦手なら…【襟なしブラウスのスーツコーデ11選】大人の女性のおしゃれ服 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. シャツ・ブラウス
  4. ブラウスコーデ
  5. 襟が苦手なら…【襟なしブラウスのスーツコーデ11選】大人の女性のおしゃれ服

FASHION

2021.09.21

襟が苦手なら…【襟なしブラウスのスーツコーデ11選】大人の女性のおしゃれ服

「襟がイヤ」「首が短く見える」「暑苦しい」… きちんとした場面でのスーツスタイルは、襟付きブラウスやシャツがこれまでの定番でした。同じ綿やポリエステル素材なら、ノーカラーブラウスでもきちんと感キープ。顔まわりがすっきりした印象にまとまるので、ビジネス服としても大人の女性に人気です。

【目次】
ノーカラーブラウスの魅力
【スーツ】に合わせるノーカラーシャツ・ブラウス
いつもの【ジャケパンコーデ】も品よく
最後に

ノーカラーブラウスの魅力

バンドカラー・スタンドカラーなど、襟がなくシンブルに着こなせるノーカラーシャツやブラウス。もたつきがないので、暖かい日にもぴったりです。面接やビジネスシーンでの着こなしや、パーティーなどフォーマルさをプラスしたいときのスタイルを紹介していきます。

≪POINT≫
・襟がなくてもきちんと感キープ
・柄や色付きもおしゃれ
・甘めブラウスでエレガントに

【スーツ】に合わせるノーカラーシャツ・ブラウス

面接や取引先への挨拶など、きちんとした場面で大活躍のスーツやセットアップ。キャリアを積んだ女性なら、肩の力を抜くくらいがちょうどいい。襟なしでも品のいいスーツスタイルをチェックしましょう。

【1】定番! ネイビーのスーツ

定番! ネイビーのスーツ

襟がなくデザインが削ぎ落された分、マニッシュな雰囲気に。そのかっこよさが、スーツの女性らしさをぐっと引き出してくれます。

定番! ネイビーのスーツ

スタイリッシュなデザインのスーツなら、シルエットバランスもきれい。

ユナイテッドアローズの軽い快適スーツがすごい

【2】ハイウエストでスタイルアップ

ハイウエストでスタイルアップ

黒よりもまろやかなグレーのスーツ。クリーンな白シャツで明るい顔印象に。

外回りを乗り切る相棒は【あったか素材のセットアップ】

【3】ジャケットもノーカラーで旬コーデ

ジャケットもノーカラーで旬コーデ

大人が着こなすからこそ洒落て見えるネイビー。シャリ感のある生地ときれいめパンツが、モダンなムードを加速させる。

【ノーカラージャケット】はセットアップ買いがおすすめ!

【4】柄シャツにチェンジで脱・マンネリ

柄シャツにチェンジで脱・マンネリ

さりげないストライプがクリーンさを加速。ノーカラージャケットに合わせやすいのも、スタンドカラーシャツの嬉しいポイント。

スーツの【インナー】もきちんと更新しよう

【5】凛々しいのに女らしいスーツコーデ

凛々しいのに女らしいスーツコーデ

ベージュスーツにくすみブラウスをイン。かっこよさと女らしさのベストバランスが映える、大人の余裕ただよう着こなし。

ナチュラルな表情で今っぽく、女っぽいスタイルに!

【6】女性らしい品格ただよう配色

女性らしい品格ただよう配色

「上司とパーティーに同席」というようなシーンには、ギャザーたっぷりのノーカラーブラウスを。キャメルカラーなら、フォーマル感に加えてほどよく華やかな雰囲気に。

職業別2秒でもっていく「先輩配色」のルール

【7】さりげなく華やかさをプラス

さりげなく華やかさをプラス

スタンドカラーがトレンド感を高める華やかなブラウス。コンサバすぎず、大人の気品を印象づけてくれる。

スーツの【インナー】もきちんと更新しよう

いつもの【ジャケパンコーデ】も品よく

ジャケット着用の日。「オフィスだからTシャツは着ていけない」という時にも、ノーカラーブラウスが重宝。きちんと感がありながら、ほどよく・品よくリラクシーに。

【1】細クロップドパンツでこなれ感UP!

細クロップドパンツでこなれ感UP!

黒のワンカラーコーデに、ベージュのノーカラージャケットをオン。白小物で抜け感をつくれば軽やかに。

ジャケットマストな日は【Vジャケット×細身クロップドパンツ】で

【2】黒を使わずきれい色をなじませて

黒を使わずきれい色をなじませて

ジャケット×タイトスカートのストイックな着こなし。きれい色をなじませた配色で、新鮮な仕事コーデに。

春の血色リップ【ベリーピンク】をSELECT

【3】品の良さを感じる存在感

品の良さを感じる存在感

ダークカラーを選びがちなジャケパンスタイルは、白を基調にすれば軽やかに映える。白×カーキという意外性が、ぐっとおしゃれな印象に。

素敵な先輩の【仕事服】配色ルールとは?

【4】華奢な雰囲気もまとえるブラウス

華奢な雰囲気もまとえるブラウス

ダークカラー多めの季節は、白インナーで明るく軽やかに。ギャザーが華やかなスタンドカラーブラウスで、気品も顔映りもアップ!

万能【淡色ツヤブラウス】コーディネート7選

最後に

ビジネスシーンで出番の多いスーツやジャケットに、ノーカラーブラウスを合わせた着こなしを紹介しました。大人の女性なら、堅苦しさを回避したアイテムが品よくちょうどいい! シーンに合わせて色・柄・デザインを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature