梱包に使う「プチプチ」の正式名称を知ってる? 知ってたら鼻高! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 梱包に使う「プチプチ」の正式名称を知ってる? 知ってたら鼻高!

WORK

2021.03.10

梱包に使う「プチプチ」の正式名称を知ってる? 知ってたら鼻高!

なんとなく使っている言葉でも、その言葉は正式名称じゃないこともあります。今回は、梱包材の正式名称について。

プチプチって言ってるけど、正式名称ってあるの?

3月を迎え、引っ越しをする人も多いかと思います。そんなときに活躍する、「丸い形のひとつひとつに空気が入っている凹凸したシート」。みなさんはプチプチと言っているかもしれませんが、実はこれは、川上産業株式会社の登録商標の商品名なんです。

では正式名称はなんというのでしょう?

(c)Shutterstock.com

答えは「気泡緩衝材」

(c)Shutterstock.com

このシートは、「気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)」と言います。

デジタル大辞泉によると、気泡緩衝材とは「ポリエチレンの膜の間に多くの気泡を作った包装材。空気の層で梱包した品物を衝撃から守る。気泡の大きさには大小ある」とあり、英語では「bubble wrap(バブルラップ)」と呼ばれています。

気泡緩衝材をよく見てみると、丸い形が大きいもの、色付きのものなど、種類がたくさんあることに気づきます。メーカーによっては、「プチプチ」「エアパッキン」「エアクッション」「エアキャップ」など様々な名前で販売されているんですよ。

いかがでしたか? 普段使っている言葉でも、実は正式名称があるなんて面白いですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature