大人なら知っておきたい! 言外(げんがい)の正しい意味や使い方、類語などを解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 大人なら知っておきたい! 言外(げんがい)の正しい意味や使い方、類語などを解説

WORK

2021.03.09

大人なら知っておきたい! 言外(げんがい)の正しい意味や使い方、類語などを解説

「言外」という言葉をご存知でしょうか? 誤って「ごんがい」と読んでいたり、実は正しい意味を知らないという人も少なくないはず。本記事では、「言外」の正しい意味や使い方、類語などを例文を用いて解説していきます。

【目次】
「言外(げんがい)」の意味とは?
「言外」の使い方を例文でチェック
「言外」の類語にはどのようなものがある?
「言外」を使う時の注意点
最後に

「言外(げんがい)」の意味とは?

(c)Shutterstock.com

「言外」は「げんがい」と読みます。「ごんがい」と読むのは誤りです。正しく覚えておきましょう。「言外」とは、「直接言葉には出さない部分・表現されていない部分」を意味します。コミュニケーションをとる際、直接言葉で表現されていなくても、相手の表情や口調、態度などからさまざまな情報を受け取りますよね。こうした言葉以外の情報を「言外」と表現します。

また、文章や会話内においても、「言外の意味を汲み取る」や「言外の意味を読み取る」といった言い回しで用いられます。単に「言外から」と表現した場合も似たような意味になります。

「言外」の使い方を例文でチェック

「言外」の使い方をみていきましょう。

1:「欠席したい旨を、言外ににおわす」

「言外ににおわす」とは「言葉以外の部分から相手に意図が伝わるように仕向ける」という意味。はっきり言葉にせずに、自分の意思を周りに察してもらおうとする状況を表します。

ここで注意したいのは、「言外ににおわす」という行為は、受け手がどう解釈するか不確かなため、真意が伝わりにくいという点です。特に、手紙やメールなどの文章においては、「言外ににおわす」ことが非常に難しいため、直接的な表現を用いて意思を伝えましょう。

2:「言外に滲ませるだけで、はっきりと言わないのは彼の悪い癖だ」

「滲む」とは、「液体などが輪郭をぼかして広がる様・うっすらと出る様」を表します。つまり、「言外に滲む」とは「言葉以外の部分に感じられる」という意味になります。

「言外に滲ませる」と使うと、「言葉では表現していない意味を含ませる」というニュアンスとなり、「含みを持たせる」「示唆する」と似た意味の表現ともいえるでしょう。

3:「面接官の話の言外から、自分は不合格なのだと感じた」

相手が話す言葉の端々、または態度から、直接言われていないのに、相手の真意に気付く事があります。例文では、まさに「言外」に不合格という面接官の気持ちが滲んでいるといえるでしょう。

「言外」の類語にはどのようなものがある?

(c)Shutterstock.com

「言外」の類語をご紹介します。

1:「行間を読む」

「言外」と似た意味の表現では「行間を読む」が挙げられます。「行間」とは、「ぎょうかん」と読みます。「(文章の)行と行の間」という意味。「行間を読む」とは、「文章の表面にはない真意を読み取る」という意味になります。

「行間を読む」は、文章に限らず、会話でも使われる表現です。会話の場合は、相手の声のトーンや表情などが「行間」といえます。

2:「空気を読む」

「空気を読む」とは、「その場の雰囲気や様子などから、状況を判断すること」という意味。その場で、自分はどんなことをしたら良いのか、相手が望んでいることは何か、などを察知することです。

例えば、A案とB案のどちらにするか全員で決めている場合。自分はA案に賛成していたが、他の多くの人がB案に賛成していたとします。意見が割れるとまた話し合う事になり、時間が長引くため、自分もB案にすることに決めたという場合、空気を読んだことになります。

3:「論外」

「論外」は、「ろんがい」と読みます。「わざわざ論ずるまでもないこと」という意味。もっての外で話にならず、論じる価値もないことを表します。人に対しても、物事に対しても使える表現です。

「言外」を使う時の注意点

(c)Shutterstock.com

「言外」を使う時の注意点を覚えておきましょう!

1:「言外にほのめかす」は二重表現!

「言外にほのめかす」もよく使われる表現ですが、厳密に言うと二重表現となってしまいます。なぜなら、「ほのめかす」は、「それとなく言葉や態度に表す」という意味だからです。はっきり言葉にしていないのに、本心などが表に出てしまうことを表すため、「言外」の意味が「ほのめかす」という言葉に含まれているのです。

「言外を匂わすこと」が「ほのめかすこと」とほぼ同義ですので、「言外をほのめかす」だと二重表現となり、くどい言い方になってしまうので注意しましょう。

2:「言外に言う」は誤用!

「言外に言う」は、意味が矛盾しているため誤用です。「言外」は「言葉に表さない部分」つまり、言わないことでしたよね。「言わないことを言う」という表現は矛盾しています。「言外に匂わす、滲む、あらわれる」などとは使いますが「言外に言う」とは使えませんので、覚えておきましょう。

3:「言外の余情」は、二重表現!

「言外の余情」も二重表現となってしまいます。正しくは「言外にある趣」といいます。「余情」とは和歌における美的理念のひとつで、直接的な言葉では表現されない、繊細なしみじみとした味わいのことです。「言外にある趣」のことを「余情」「余韻」と言います。そのため、「言外の余情」は、二重表現となり、誤用です。言葉に表さない良さを表したいときは「言外にある趣」もしくは「余情」「余韻」と言いましょう。

最後に

(c)Shutterstock.com

直接的に言わないことでも、その場の雰囲気や文脈で意味を伝える「言外」は、そのような「言葉の外」にあるメッセージのことを指しています。察するとは日本独特の文化のように思います。シーンに応じて、明確に意思を表示したり、言外ににおわせるなど、使い分けていきましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature