言霊で気分をあげて! メッセージアイテムで「福」を呼ぼう♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ブランディング仕事術
  4. 言霊で気分をあげて! メッセージアイテムで「福」を呼ぼう♡

WORK

2021.02.10

言霊で気分をあげて! メッセージアイテムで「福」を呼ぼう♡

言霊って聞いたことありますか? 私は言葉には、多くのチカラがあると信じています。今日はそんな、言葉にまつわるお話。新年度に向けて、気持ちを上げて♡ 大事にしたい「言葉」を身近に置いて過ごしてみませんか?〈コンサルティング会社 ブルーム&グロー代表・大島文子による仕事術コラム〉

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

▶︎これまでの連載コラムはこちら

言霊(ことだま)って何?

こんにちは。ブランディングコーチの大島文子です。皆さんは「言霊」って聞いたことありますか?

言霊の意味をネットで調べてみると、以下のように解説されています。

「言葉に宿る霊の意。古代の日本人は言葉に宿る霊力が,言語表現の内容を現実に実現することがあると信じていた。言霊の信仰によって言葉を積極的に使って言霊をはたらかせようとする考えと、言葉の使用をつつしんだり避けたりする考えとの二つの面がある。日本では和歌において言霊の思想がうけつがれ,のちの時代にまで影響を与えた」(コトバンクより)

言葉を積極的に使って言霊をはたらかせようとする考えと、言葉の使用をつつしんだり避けたりする考えとの二つの面がある」これ身に覚えありますよね。

「新年の書初め」は前者、「神社などへのお参りでは願い事は人には言わない」なんてお話しは後者かな。神様への内緒のお願いは別として、私はこの書初めのように、「願い」や「思い」を言葉や文字で伝えていきたい人間です。

(c)Shutterstock.com

大事にしたいコトバをアートやグッズで身近に♡

以前セレクトショップのオリジナルグッズを企画した時に、ファッションだけでなく占いや風水にも造詣の深い方とコラボしたことがありました。その時、「大切にしたいことや目標は、手帳に書き記したり、身近なものに刺繍などで施して身に着けたりすると良いですよ」とアドバイスされ、それが「言霊」について知るきっかけとなりました。

そんな言霊パワーを感じられるグッズをおしゃれに作りたい、と企画したコレクションのひとつがこのポーチです。随分前ですが、大事に使っています♡

▲ボーダーに「Thank you」の文字が刺繍されています。

「ありがとう」は私の大好きなコトバ。昔から何かにつけて口にでます。感謝と敬意といたわりと。そんな思いを大切にしたいので、日々、iPadケースとして愛用しています^^

この企画はほかにも「Love」や「Welcome」などを作ったのですが、すべてが前向きで人との縁を結んでいけるようなコトバが選ばれていました。

ポーチやハンカチに刺繍して、お気に入りのコトバを身近に置くことでそのコトバをより大切にする。そして願う。

コトバには、口にしたり書いたりすることでより願いが強くなる。そんなチカラがあると私は思い、勇気をもらっています。

素敵なコトバあふれるアーティスト

これは我が家の玄関に飾っている「THANKS」プレート♪ 焼き物です。玄関に感謝の気持ちを飾ることで、たくさんの友人や家族が集って、縁が結ばれていく。そんな場所にしたいとの願いを込めて飾っています。

以前原宿で開催された個展で購入した、アーティストholidayさんのプレートです。

彼のイラストやアート作品には、素敵なコトバが溢れていました。holidayさんも有言実行の方とお見受けしています。

インスタにはアート展や美味しいイベント情報、パワフルなコトバが紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

ホリデー

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

日本発ブランド及びセレクトショップのブランディングや広告宣伝・マーケティング担当に長らく従事。ファッション分野にとどまらずライフスタイル雑貨・ショップ等をプロデュースする。2016年、大人女子に素敵な時間を提供するブランド育成のための、ブランディング&プロモーションコンサルティング会社 (株)ブルーム&グローを設立。
宝塚歌劇とコスメ、美味しいモノが趣味。インスタグラムはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.12

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature