グループLINEでわかる! なぜか「周りに嫌われる男」ほど送りがちなメッセージ3 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ワーキングニュース
  4. グループLINEでわかる! なぜか「周りに嫌われる男」ほど送りがちなメッセージ3

WORK

2021.02.06

グループLINEでわかる! なぜか「周りに嫌われる男」ほど送りがちなメッセージ3

グループLINE内のやりとりによって、個人的なLINEでは気づかなかった相手の本性が垣間見えることも。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、不必要に敵をつくりがちな男性ほど、グループLINEで送りがちなメッセージの特徴に迫ります。

並木まき

1:目上の人に「なるほど」を連発

同世代や立場が同等な相手と話しているときと、目上の人と話をするときでは、言葉遣いを変えるのが一般的です。同世代にはくだけた口調でも、先輩など、目上の人にはきちんとした敬語を使ってLINEをするのが常識だと捉えている人も多いですよね。

だからこそ、グループLINEでの敬語の使い方は、送信者の敬語スキルのモノサシにも直結。例えば、目上の人に向かって「なるほど」と、上から目線な返信を平然と連発する男性は、正しい敬語が使えないタイプと見ていいでしょう。

グループLINEだけでなく、目上の人との個人的なやり取りでも、失礼にあたる言葉遣いを多用している可能性が高く、そのせいで仕事に悪影響が出ているリスクも否めません。

2:目上の人に「あ、」を使う

LINEでの会話は、ちょっとした言い回しひとつで印象がガラリと変わりますよね。会話の流れが変わるときなどに「あ、○○でした」などと、文章の前に「あ、」を使う人も少なくありません。

しかしこれを、目上の人にやってしまうのは、ラフすぎて失礼な文章に見えがち。先輩や年上の人物に向かって「あ、忘れてました」「あ、伝えます」など、入れなくていい「あ、」を入れるタイプの男性は、無用な敵をつくりがち。仕事でも、本来ならば嫌われないで済んだのに「あ、」のせいで目上から睨まれやすいタイプかもしれません。

3:目上の人に「〜ね」を多用

目上の人に対しては、“ですます調”のLINEを基本としている人は多いですよね。相手との距離感にもよるものの、個人的な付き合いがそこまで深くない場合には「〜です」「〜します」など、丁寧な文調を心がけておくほうが、失礼な印象を与えにくいのは確かです。

一方、ですます調はやや硬い印象や冷たいイメージも醸しやすいので、意識的に避け「ですね」「ますね」と、「ね」を文末につけるメッセージを好む人も多いでしょう。

しかし、この文末の「ね」は、親しい相手や同世代に対しては、ほどよくカジュアルな文になりやすいメリットがあるものの、目上の相手や敬語を使うべき相手に使ってしまうと、生意気な印象だけが強まる原因にもなりかねません。

「そうですね」「わかりますね」といった言い方は、読み方によっては上から目線にも見えやすく、目上の人物や立場が自分より上の人には使わないほうが無難。こういった相手に平然と「〜ね」を多用する男性は、自意識過剰なリスクも潜みます。

* * *

今は、コロナ禍の影響で、対面よりも文字によるコミュニケーションも、今まで以上に盛んです。

普段使っている言葉によって、その人のイメージが形成されやすいのも確か。不用意に敵をつくりがちな男性ほど、目上の人に失礼な言葉を多用している傾向です。みなさんの周りにも、こんな男性がいませんか?

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.20

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature