目配せ後の頷きと時間差…「もしや社内不倫?」が確信に変わった瞬間3 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 浮気
  4. 目配せ後の頷きと時間差…「もしや社内不倫?」が確信に変わった瞬間3

LOVE

2020.10.31

目配せ後の頷きと時間差…「もしや社内不倫?」が確信に変わった瞬間3

「もしかして、あの子って不倫している?」と、疑惑の目を向けていた同僚の不倫が確信に変わる瞬間もありますよね。そんな経験をしたアラサー女子が、衝撃的だったという瞬間を告白します!

1:目配せのあと頷いて時間差で退社

「前々から、“怪しいな”って思っていた男女が社内にいます。たまたまその人たちが目に入ったときに、お互いが目配せしたあと、男性が“うん”と頷いたのを目撃したときがあったんですけど…。そのあと時間差でオフィスから消えていったのを見て、“あ、やっぱり、ただならぬ関係っぽいな”って思いましたね。

それから2ヶ月くらい経ってから、そのふたりが不倫関係にあるって、社内で噂が出ました。私が目撃したあのときは、ちょうど関係が始まった頃だったのかもしれません(笑)」(30歳女性/金融)

(c)Shutterstock.com

アイコンタクトは、周囲に気付かれずにコミュニケーションをとれる手段ではあるけれど、たまたまその様子を目撃すれば、雰囲気次第では違和感にもつながりますよね。まさに“目は口ほどに物を言う”なのかも。

2:ポロリと下の名前を

「部署でミーティングをしたあと、ちょっとした雑談タイムになったんです。すると、その中にいた男性社員のひとりが、後輩女性のことを下の名前で呼んだことに違和感があって…。慌てて言い直していましたけど、“ひょっとして付き合ってる?”って思いましたね。

それから1ヶ月もしないうちに、その女性社員のほうから不倫を打ち明けられました。すでに私の中には確信があったので、あー、やっぱりなぁって感じでしたね」(32歳女性/IT)

(c)Shutterstock.com

勤務時間中であっても、ちょっと気を抜いた瞬間に、普段の呼び方が出てしまう不倫男女もいますよね。よほど親しくなければ下の名前で呼び合う同僚は少ないだけに、これは一発で不倫バレしても無理はないかも。

3:LINEの登録名が変えられていた

「同僚女子と、ランチをしたときのこと。ちょうど、同じプロジェクトチームにいる男性の話になり、その人からのLINEを見せてくれながら仕事の話をしていたのですが、パッと目に入ったその男性の登録名が、別人の名前に変えられていたのを見て、“あれ?”って思ったんです。

その同僚女子も男性も、双方が既婚者。これは、名前を変えて登録しなくてはいけない事情があるんだなって、一瞬で察しましたよね(苦笑)。しばらくしてから、そのふたりが付き合っているという話が社内で回ったんですけど、やっぱりな〜としか思いませんでした」(32歳女性/コンサルタント)

(c)Shutterstock.com

不倫関係にある男女は、万が一に備えて、相手のLINE名を変更して登録している話も多いようです。家族などに見られたときを考えての対策なのでしょうが…、名前を知っている人がその画面を見れば、違和感しか覚えませんよね。

* * *

同僚の不倫に気づいたとしても、その場では指摘しない“オトナ”なアラサー女子も多いはず。ひょっとして、皆さんの職場にも、こんな怪しげな男女がいますか…?

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.24

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature