Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. コロナ禍で話題【#アマビエ】正体は何? 流行病退散にご利益?

WORK

2020.05.15

コロナ禍で話題【#アマビエ】正体は何? 流行病退散にご利益?

新型コロナの流行とともにSNS上に現れた「アマビエ」。その妖怪のような、動物のような姿は瞬く間にたくさんの人に描かれ広まりました。この「アマビエ」、一体何なのでしょうか? 言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽がお届けします。

鶴田初芽

アマビエとは? その正体について解説

新型コロナウイルスにまつわり、よく目にするようになった「アマビエ」。さまざまなところで商品化もしているけれど、一体何者なのでしょうか?!

◆「アマビエ」の正体は予言獣

▲出典:『肥後国海中の怪』(京都大学附属図書館所蔵)

「アマビエ」とは、肥後国(現在の熊本県)の瓦版(『江戸時代、天災地変・火事・心中などの事件を速報記事にして街頭で売り歩いた印刷物。ふつう半紙一枚刷り。原版として木版が残るが、もとは粘土に文字や絵を彫り、瓦のように焼いて作ったという。読み売り。』)に記されている妖怪・怪物・予言獣。この瓦版は現在、京都大学付属図書館に収蔵されています。

その瓦版によると、弘化3年(1846年)に、肥後国の海に、毎晩光るものがあるため、役人が確かめに行ったところ、「アマビエ」と名乗る海中に住む怪物が現れ、“これから6年は豊作が続くが疫病も流行るので、人々に自分の姿を描き写した絵を見せるようにしなさい”と告げ、海の中に帰っていったそう。

◆アマビエにはどんな特徴があるの?

(c)Shutterstock.com

その姿は髪が長く、鳥のようなくちばしを持ち、身体は鱗に覆われ、3本の足を持ちます。江戸時代においては、疫病は防ぐことが難しい恐ろしいものであったため、疫病が流行るたびに玄関などに「アマビエ」の絵を貼ったそう。

この「アマビエ」はゲゲゲの鬼太郎のテレビアニメにも登場したことがあり、現在、妖怪ぬり絵の「アマビエ」が無料公開されていますので、チェックしてみてくださいね(小学館)。

◆SNS上で始まった「アマビエチャレンジ」

(c)Shutterstock.com

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、終息を願って、このような伝説を持つ「アマビエ」が「#アマビエチャレンジ」などのハッシュタグでSNS上にたくさん投稿されています。

水木プロダクションの公式ツイッターでも水木しげる氏の「アマビエ」の原画が公開されているほか、芸能人が描いたイラストや、お菓子や置物になった「アマビエ」が商品化されているケースも。消費が冷え込むことが予想される中、新型コロナウイルス終息の願いとともに、お店やアーティストの応援にも繋がりそうなムーブメントですね。

新型コロナウイルス終息の願いをのせて始まった「#アマビエチャレンジ」。「アマビエ」の絵を見せることで疫病の蔓延を防ぎたいという、優しい気持ちからスタートしたものだったんですね。この記事を見てくださったみなさんにも「アマビエ」効果が届きますように!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature