Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 半袖はいつから着るのが正解?半袖を着る気温の目安&おすすめコーデを紹介

FASHION

2023.05.22

半袖はいつから着るのが正解?半袖を着る気温の目安&おすすめコーデを紹介

毎年悩む「いつから半袖に切り替えたらいいのかよくわからない…」問題。一般的には5月、最高気温25度を超えたら半袖が快適とされています。個人差はあれど、そろそろ半袖コーデを取り入れてもいい季節。朝晩の気温低下も視野に入れた薄手の羽織り・ジャケットコーデや、気温25度超えの日の半袖コーデをピックアップ。

半袖がちょうどいいのはいつ頃?

一般的に、半袖は最高気温25度を超えるくらいからの着用がちょうどいいとされています。だいたい5月中旬から9月までが半袖を着用できる時期。朝晩の気温差が大きい時期は、軽く羽織れるものがあると安心。

〈POINT〉
・気温差があるときは薄手の羽織りを活用して
・レイヤードでおしゃれを楽しんで
・気温25度以上は半袖一枚でOK! 通気性や吸収性のいい素材を選ぶのが◎

お手本コーデ

濃グレージャケット×濃グレーTシャツ×グレーデニム

半袖一枚で寒いときは、薄手の羽織りで体温調節を。グレーのワントーンコーデにはシルバー小物で輝きを足して。

グレーデニムなら、大人の余裕漂うカジュアルが完成♡

白T×黒キャミソール×黒パンツ

キャミソールをレイヤードで、白Tをドレスアップ! Tシャツの袖をロールアップして、軽やかな印象に。

白Tコーデは、レイヤードで気分をひと匙プラス!

短丈の黒T×ロゴ入りロングスカートコーデ

気温25度超えの夏日は、半袖一枚でおしゃれに! 女性らしい細いウエストを強調してくれる丈短めのTシャツは、キャッチーなロゴつきのスカートでウエストに視線を集めて。

スタイルUPが叶う丈短な黒Tをバランスよく大人っぽく♡

【半袖×軽アウター】肌寒いときにも安心なコーデ

初夏突入の5月。6月になると湿度も高くなり、暑さも感じるように。気温が25度を超えたら半袖の出番と言われていますが、朝晩などは少し冷える日も。まだ半袖は少し早いかも… と感じるなら、軽く羽織れるアウター、ニットやシャツなどを活用して!

白Tシャツ×ブラウンシャツ×デニムパンツ

白Tシャツ×ブラウンシャツ×デニムパンツ

なめらかな風合いと光沢感のある白Tは、デニム合わせもカジュアルに傾きすぎず、デートシーンにもすんなりフィット。

カジュアルの定番・白Tシャツ。選ぶべきは“スローン”の理由って?

白Tシャツ×黒ニット×ドット柄パンツ

白Tシャツ×黒ニット×ドット柄パンツ

ドット柄パンツやパールなどのレディなアイテムを、白Tと合わせてエフォートレスに楽しんで。シンプルなのにさらりと涼しげなコーデ。

チャーミングなドット柄ボトムで、白のTシャツに大人のかわいげを♡

白Tシャツ×ストライプシャツ×ピンクパンツ

白T×ストライプシャツ×ピンクのパンツ

ストライプシャツや白Tシャツでベーシックにまとめた着こなしには、発色のいいピンクの力をかりてエネルギッシュさをプラス。インナーの白Tはシャツインしてコンパクトに。

着慣れたアイテムこそ、キャッチーなピンクで冒険!

シアーモヘアの半袖ニット×カーディガン×ハイウエストパンツ

シアーモヘアの半袖ニット×カーディガン×ハイウエストパンツ

ハイウエストのバンド部分に対して細い共布ベルトがポイントのパンツ。コントラストの利いたデザインは、腰位置が高く、ウエストが締まって見える視覚効果が。素肌の存在をさりげなく感じさせる、シアーモヘアのツインニットが上品。

休日シーンに映えるシアーモヘアのツインニットでお出かけ!

半袖グリーンワンピース×白ブルゾン

半袖グリーンワンピース×白ブルゾン

プレーンなカットソーワンピは、シャカッとした素材のスポーティブルゾンでメリハリを加えると着映え度がアップ。グリーン×白が爽やか。

旬のグリーンを爽やかに仕上げるならスポーティブルゾンで!

ネイビーTシャツ×ブルーシャツ×デニムパンツ

ネイビーTシャツ×ブルーシャツ×デニムパンツ

コンパクトT×フレアデニムの組み合わせは、一見カジュアルだけれど、体のメリハリを強調するから実はセクシー。健康的な色気をにおわせたいご近所デートにもぴったり。

チビTにはシャツを重ねて。地元のなじみカフェへGO♡

オリーブ色Tシャツ×Gジャン×ベージュレーススカート

オリーブ色Tシャツ×Gジャン×ベージュレーススカート

レースタイトスカート×Tシャツのきれいめカジュアルな着こなしは、ニュアンスカラー配色で大人の表情に。端正な黒の型押しバッグを合わせて、クラシカルな佇まいに仕上げて。

きれいめシンプルな着こなしに、端正な型押しバッグを。

ロゴTシャツ×パーカー×黒フレアスカート

ロゴTシャツ×パーカー×黒フレアスカート

しなやかに揺れる裾がとっても上品! さらりとした素材で、歩いているときの「なびき感」が美しいフレアスカート。カジュアルアイテムとも好相性。

カジュアルに着こなす黒フレアスカートが新鮮!

ストライプシャツ×黒ロゴTシャツ×オフ白スカート

ストライプシャツ×黒ロゴTシャツ×オフ白スカート

エコレザーのベージュスカートは、Tシャツに程よくハードな要素をプラスした好バランスコーデに仕上げてくれる。ストライプシャツをたすき掛けして遊び心もバッチリ。

エコレザースカートならTシャツ合わせで即カッコよく♡

【半袖×ジャケット】ハンサムな雰囲気のきれいめコーデ

半袖×ジャケットスタイルは通勤コーデにも活躍! 淡色トップスと濃色ジャケットを組み合わせて引き締めるのも着こなしのポイント。簡単にこなれて見えるセットアップは頼れる味方です。

半袖白ニット×ジャケット×艶感ロングスカート

半袖白ニット×ジャケット×艶感ロングスカート

きちんと女らしく。そんな日はセンシュアルな素材と今っぽいロング丈で、軽やかに“大人の余裕”を意識したい。

センシュアルな素材ならロングスカートも夏通勤に映える!

白ロゴTシャツ×ベージュジャケット×白パンツ

ベージュのジャケット×白ロゴT×白パンツ

膨張が心配な白パンツも、裾がぐっとすぼまったメリハリシルエットなら想像以上にバランスよくはける。襟元がシャープなテーラードジャケットで、より辛口に引き締めて。

トレンドシルエットのパンツでコーディネートが即今っぽく!

白Tシャツ×セットアップ×イエローのミニバッグ

白Tシャツ×セットアップ×イエローのミニバッグ

シルエットや色に変化はあれど、ハンサムなジャケパンは働く私たちに自信をくれる鉄板コーデ。単なる生真面目におさまりたくないなら、小物で思いっきりカジュアルに振るのも悪くない。

日曜のジャケパンスタイルは、カジュアルに振り切る!

白Tシャツ×ジャケット×黒ショートパンツ

白Tシャツ×ジャケット×黒ショートパンツ

古き良きアメリカのワークウエアブランド“ペイデイ”。インポートらしい乾いた質感が特徴となっている。かっちりめのバッグにきれいめシューズで、脚見せスタイルをお出かけ仕様に昇華して。

白T×ジャケットで♡ シーンを選ばないきれいめデートスタイル

ネイビー半袖ニット×ネイビージャケット×デニムパンツ

ネイビー半袖ニット×ネイビージャケット×デニムパンツ

気になる太ももや腰回りをカバーしながら、裾に向かって細くなるテーパードシルエットのデニム。ゆとりのあるサイズ感のお陰で、肩の力の抜けたジャケットスタイルが叶う。重めのワントーンに、ぽってりしたフォルムのゴールドピアスがモダンに映える。

ブルーデニムで春コーデへシフト! スパイスを小物で効かせて♡

白Tシャツ×グレージャケット×イエローグリーンパンツ

白Tシャツ×グレージャケット×イエローグリーンパンツ

通勤にも重宝するセンタープレス入りのワイドパンツは、爽やかなピスタチオカラーできれいめに落とし込んで。トラッドなグレージャケットと抜け感のある白トップスでまとめれば、シーンを問わない好印象コーデに。

デザイン性・質も満足♡ 働く私たちにオススメの高コスパ【ECブランド】5選

ネイビーTシャツ×淡ピンクパンツ

ネイビーTシャツ×淡ピンクパンツ

人気のピンクボトムは、ネイビー合わせで甘さすっきり! 淡いピンクパンツのような甘いアイテムは、キリッとしたネイビーで引き締めるとかっこよく着地。

人気の甘め淡ピンクボトムには締め色ネイビートップスが相性抜群♡

白Tシャツ×黒ジャケット×白デニムパンツ

白Tシャツ×黒ジャケット×白デニムパンツ

ジェンダーレスなフォトTシャツが、黒ジャケット×白デニムをハンサムに仕上げるカンフル剤に!

モノトーンフォトTシャツで黒コーデをブラッシュアップ!

【半袖×重ね着】でつくるきれいめな着こなし

半袖一枚だけだと少し心もとない… そんなときは、キャミやビスチェをレイヤードしてコーデを格上げ! シンプルなTシャツやボトムスに、ジレをプラスするだけで簡単にレイヤードコーデが完成。

白Tシャツ×ジレ×パンツ

白Tシャツ×ジレ×パンツ

ジャケットよりもアクティブなジレをON! きれいめアイテムとラフな白Tを辛口のスポサンで繫いで、マニッシュ&スポーティさを意識。

白Tを辛口のスポサンやジレでマニッシュ&スポーティに着こなす

白Tシャツ×白ツイードジレ×カーキパンツ

白Tシャツ×白ツイードジレ×カーキパンツ

カーキパンツの辛口感と白ツイードの甘さが絶妙なミックスバランスを表現。華奢な黒ベルト時計&バックストラップのローヒール… レトロフェミニンな小物もおしゃれな「ハズし」に。

白ツイードの甘さは、辛口なカーキパンツで受け止める!

白Tシャツ×白ベスト×グリーンタイトスカート

白Tシャツ×白ベスト×グリーンタイトスカート

白T×白ベスト×グリーンタイトスカートのスポーティコーデ。Tシャツはジャストサイズをチョイスし、タイトスカートとの組み合わせでより細身に演出してみて。

細身シルエット&白アイテムを多用し、スポーティに夏らしく!

半袖白ワンピース×ミドル丈ジレ

半袖白ワンピース×ミドル丈ジレ

ジェントルマンムードのミドル丈ジレで、スイートな白ワンピースをキレ味よく。キャップ、かごバッグ、スニーカー… 異なるテイストをブレンドしてもまとまるのは、トラッドなジレが着こなしの軸を担っているから。

コーデのまとめ役は… トラッドなミドル丈ジレにおまかせ!

白のリブTシャツ×ベージュジレセットアップ

白のリブTシャツ×ベージュジレセットアップ

特有のフィット感でヴィンテージのTシャツを思わせるようなコンパクトなリブ素材。女らしさが過剰にならないよう、ジレのセットアップでバランスよく引き算。

リブTの清潔感を主役に、淡いトーンで涼やかに♪

半袖シアーカットソー×アニマル柄のキャミワンピース

半袖シアーカットソー×アニマル柄のキャミワンピース
アニマル柄もベージュベースならしっくりと。シアーなカットソーを選ぶことが、モダンにまとまる密かなポイントに。

ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

白Tシャツ×ストライプ柄ジレ×白スカート

白Tシャツ×ストライプ柄ジレ×白スカート

すとんと落ち感のあるAライン白スカートは、ストライプ柄のシャープなジレと合わせてハンサムな着こなしに。

Aラインフレアスカートで、ドラマティックに

【半袖一枚でおしゃれに】夏本番のおすすめコーデ

半袖一枚で快適に過ごせる時期は、通気性のいい素材やゆったりしたシルエットデザインを選ぶと暑さ対策にも◎。夏こそ映える色や小物で気分を盛り上げて。

リネン素材の半袖ワンピース

リネン素材の半袖ワンピース

高い位置で絞ったウエストと丸みのあるフレア袖が、「きちんときれい」をアピール。リネン混の織りの表情も涼しげ。

通勤ワンピで「きちんときれい」を更新しよう♪

半袖オールインワン×ヒールパンプス

半袖オールインワン×ヒールパンプス

腰位置が高くスタイルアップが叶う、細身のハンサムシルエット。ヒールの足元で脱・カジュアルを図って。

トレンドのオールインワンをきれいめに着こなしたい♡

黒Tシャツ×派手色パンツ

黒Tシャツ×派手色パンツ

キャッチーな派手色パンツは、黒と合わせて凜と着るのが気分。ゆるさのあるTシャツでカジュアルダウン、がちょうどいい。

キレのいい派手色パンツ… うまく着こなすコツは?

白Tシャツ×オフ白レーススカート

白Tシャツ×オフ白レーススカート

大きい網目のレース、ボディラインに沿うタイトなライン… どこまでも女性らしいスカートが、白Tのそぎ落としたシンプルさを際立てる。

レーススカート×白Tは、清涼感も抜け感も抜群!

ベージュシャツ×ラベンダーパンツ

ベージュシャツ×ラベンダーパンツ

ラベンダーを大人っぽく取り入れるなら、同じくらいの明るさのベージュでやわらかくまとめるのが正解。

ラベンダーカラーを着こなしに大人っぽく取り入れるテクニック

サマーニット×白パンツ

サマーニット×白パンツ

カーフレザーをボリューム感のあるフォルムに仕立てたグルカは、ハンサムなムード。ゆったりしたサマーニットと白いタックパンツというシンプルな着こなしに、ひねりと抜け感を加えてくれる。

「グルカサンダル」で叶えるきれいめ&リラックスコーデ! 旬の7足をチェック♡

レーヨントップス×グリーンスカート

レーヨントップス×グリーンスカート

フィット&フレアより少しルーズなシルエットが、今の気分にちょうどいい。ベージュ×グリーンに白小物で爽やかさをトッピング。

程よくゆるく、でも印象はきちんと

最後に

半袖コーデを組むときは、朝晩の気温差を考えて、軽めの羽織りを上手に取り入れてみて。ジレやキャミなどを合わせてレイヤードを楽しむのも◎。半袖アイテムを使って、快適におしゃれを楽しんで。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.06.01

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。