Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 飛行機にも席次があった! 上座は窓側? それとも通路側?【ビジネスマナー】

WORK

2020.05.05

飛行機にも席次があった! 上座は窓側? それとも通路側?【ビジネスマナー】

なんと… 飛行機にも席次があります! 上司との出張などにも役に立つ席次について、ビジネスマナーに詳しい鶴田初芽がお届けします。

飛行機にも席次があるってご存知でしたか?

これまでも何度かご紹介している席次。実は飛行機にも席次があるんです。一体どこが上座?

早速チェックしていきましょう。

◆飛行機の上座は窓側

(c)Shutterstock.com

飛行機の上座は景色を楽しめる窓側の席です。出入りしやすい通路側の席が次席となります。

窓側の席と通路側の席の間が下座となりますが、間に複数の座席がある場合には、窓側の方から通路側の方に向かって順に下座となっていきます。

すなわち、通路側の席の隣が最も下座になるんですね。

◆通路に挟まれた席はどう考える?

(c)Shutterstock.com

飛行機の座席は大きな3つのブロックに分かれていることが多く、真ん中のブロックは窓側の席がない、通路に挟まれた座席になります。

通路に挟まれた座席の場合は上座はどこになるのでしょうか。

通路側のうち、進行方向向かって左側が上座、向かって右側が次席になります。通路側の席の間が下座となりますが、間に複数の席がある場合には、進行方向向かって左側から右側に向かって順に下座となっていきます。

すなわち、進行方向向かって右側の通路側の席の左隣が最も下座になるんですね。飛行機は左側から搭乗することが多いことから、乗り込みやすい左側が上座となっているんですよ。

◆飛行機全体を見ると…

(c)Shutterstock.com

飛行機の全体を見ると、前方が上座、後方が下座になります。ファーストクラスの座席は前方にありますね。

飛行機の前方は、乗り降りがしやすいことに加え、揺れ幅が少なく乗り心地が良いためなんですよ。

いかがでしたか?

飛行機は乗り降りに時間がかかることもあり、出入りしやすい通路側を好む方もいらっしゃいます。そのため、上座だからと窓側を選択するのではなくお好みをリサーチして手配するのが安心ですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.05.28

編集部のおすすめ Recommended

Feature