Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 約5割が現在のパートナーは恋愛対象外だった!? 恋愛対象へ変化したタイミングって!?<女性478人調査>

LOVE

2020.02.29

約5割が現在のパートナーは恋愛対象外だった!? 恋愛対象へ変化したタイミングって!?<女性478人調査>

ウエディングパークが20〜30代の既婚女性478人に「パートナーとの出会い」に関する調査を実施。結果を紹介します。

既婚女性478人が回答! 現在のパートナーとの恋愛事情

◆48.3%が出会った当初は恋愛対象として見ていなかった

まず、「現在のパートナーについて、出会ったときから相手を恋愛対象として見ていたか」を聞いてみると、51.7%が「はい」、48.3%が「いいえ」と回答。約5割が現在のパートナーと出会った時は、相手を恋愛対象として見ていなかったようです。

恋愛対象へ変化したタイミングやエピソードは以下の通り。

【タイミング・エピソード】
・友達に「合うんじゃない?」と冗談ですすめられてから

100回近くアタックされて

・「彼氏はいるんですか?」と聞かれたときから

・はじめは可愛い年下男子だったのが向こうからのアプローチでかっこいいと感じたところから

◆9割以上が言葉での告白があった

次に、「現在のパートナーとの交際を開始する際に告白(言葉での確認)はあったか」を質問したところ、95.4%が「はい」と回答。9割以上が言葉での「告白」があったことがわかりました。

◆最も多い告白の手段は「直接言葉で伝える」

告白したのはどちらからが多いのでしょうか?

調査結果では、90.7%が「相手」から告白されたという結果に。告白の手段では、「直接言葉で伝える」(89.4%)が最も多く、「メールやLINEのメッセージで伝える」(5.3%)、「電話で伝える」(4.8%)が続きました。

最初は恋愛対象として見れなくても、友達のすすめやアプローチによってだんだん気持ちが変わっていくことがあるのですね! 好きな相手に「恋愛対象として見られていない」と思っても、諦めずにアプローチすることが大切なのかも♡

【調査概要】
調査主体:式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク
調査期間:2020年1月28日(火)~2月2日(日)
調査方法:会員向けのインターネット調査
有効回答:20~30代の既婚女性 478人

TOP画/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature