Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ワーキングニュース
  4. 約9割が就業前後でギャップを感じた… それは「仕事内容」よりも!?<女性485人調査>

WORK

2020.01.08

約9割が就業前後でギャップを感じた… それは「仕事内容」よりも!?<女性485人調査>

エン・ジャパンが『エンウィメンズワーク』を利用するユーザー女性485人に「就業前後のギャップ」に関するアンケート調査を実施。結果を紹介します。

女性485人が回答! 就業前後に感じたギャップとは?

◆56%が就業前後のギャップが原因で仕事を辞めた

まず、「就業前後でギャップを感じたことはあるか」を聞いてみると、89%が「ある」と回答。約9割が就業前後でギャップを感じたことがあることがわかりました。

Q.就業前後でギャップを感じたことはありますか?

また、就業前後でギャップを感じたことがある人の56%がギャップが原因で仕事を辞めたことがあるようです。

Q.「就業前後でギャップを感じたことがある」と回答した方に伺います。これまでにギャップが原因で仕事を辞めたことはありますか?

◆ギャップを感じたポイントは「職場の雰囲気」

次に、就業前後でギャップを感じたことがある人に「ギャップを感じたポイント」を質問したところ、「職場の雰囲気」(58%)が最も多く、「仕事内容」(55%)、「残業時間」(32%)、「上司との相性」(32%)が続く結果に。コメントでは、「説明会では穏やかな社風を強調していましたが、実際に入社してみると常に怒鳴り声が響いてる環境でした」や、「データ入力メインと聞いていたが、実際は電話対応が多かった」などが挙がりました。

Q.「就業前後でギャップを感じたことがある」と回答された方に伺います。ギャップを感じたポイントはどこでしたか?

◆就業前後でギャップ感じないようにするための工夫は?

就業前後でギャップを感じないようにするために、どういう工夫をしている人が多いのでしょうか。

Q.「就業前後でギャップを感じたことはない」と回答された方に伺います。ギャップのない就業をするために工夫したことを教えてください。

調査結果では、1位「求人情報の読み込み」(43%)、2位「面接時の確認」(31%)、3位「インターネットでの情報収集」(22%)。

就業前後でギャップを感じないためにも、情報収集をじっくり行うことが大切。念入りに調べることが入社後の安心に繋がるはず。

【調査概要】
調査主体:エン・ジャパン株式会社
調査期間:2019年10月15日~11月13日
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『エンウィメンズワーク」を利用するユーザー
有効回答数:女性485人

TOP画/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.04.05

編集部のおすすめ Recommended

Feature