Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. LOVEニュース
  4. アラサー女子の不倫体験談! 不倫を続けてしまった女性が経験した修羅場や悲惨な末路

LOVE

2020.01.19

アラサー女子の不倫体験談! 不倫を続けてしまった女性が経験した修羅場や悲惨な末路

ふとしたキッカケで始まってしまった不倫。今回は絶賛不倫中の女性や、不倫経験のある女性、友人や職場に不倫している人がいる女性の体験談をご紹介。不倫が引き起こすゾッとする修羅場や、不倫の末の悲惨な末路もお話しします。

【目次】
アラサー女性の約4割が不倫経験あり
女性たちの不倫がはじまったキッカケと体験談
不倫経験者が語る不倫の末路

アラサー女性の約4割が不倫経験あり

5人に2人は不倫経験あり

働くアラサー150人に「不倫をしたことがあるか」を調査した結果…

Q.不倫したことある?

YES… 40%
NO… 60%

なんと5人に2人が不倫経験ありとの回答! 既婚者とは知らずに不本意ながら始めてしまったという人もいれば、性欲を満たすだけの相手が複数人いる、という確信犯も…!

Q.不倫相手はだれ?

1位 上司… 42%
2位 先輩… 13%
3位 同僚… 11%
4位 仕事関係… 7%
5位 元彼… 6%
6位 その他… 21%

全体の42%が「上司」という結果に。仕事の相談をしているうちに始まったケースが多発しているようです。

Q.不倫で得たものは?

1位 気持ちのいいセックス
2位 愛情
3位 むなしさ、寂しさ

経験豊富な既婚男性にハマる人が多数いる中で、時間とお金、男性への信頼、婚活意欲などを失った人も多数。

Q.不倫してみたい?

YES… 8%
NO… 92%

反対派は9割超。慰謝料を払うリスクは背負いたくない、結婚したいから不倫している暇はない、などの理由が目立ちました。不倫願望があると答えた女性は全員既婚者で「夫とは男女の関係ではなくなってしまったから」という理由でした。

アラサー女性の4割が不倫経験あり!? あなたは不倫に興味ありますか?

女性たちの不倫がはじまったキッカケと体験談

社内上司と不倫するOLたちの体験談

■不倫に次ぐ不倫

「私は上司と不倫しています。27歳の頃一度、社内不倫がバレて会社を自主退社。今の会社に転職し今度こそはそういう関係にならないようにしようと決めていました。ところが半年ほど過ぎた頃、上司と出張に行くことが決まりました。晩ご飯のときに酔った勢いで前職の話をすると、上司は『僕だったら大丈夫だよ』と言ってくれて。その言葉を信じて宿に戻って関係を持ちました。今も不倫中です」(29歳/貿易)

(c)Shutterstock.com

■旦那の直属の上司

「3年前に同期入社した男性と結婚しました。2週に一度くらいはエッチをしているし、夫婦関係はいたって普通。でも彼の直属の上司と不倫しています。キッカケはある日の金曜日、酔い潰れた旦那を上司が家まで送りに来てくれたとき。旦那をベッドに運んだ後、お茶もなんだしとお酒をすすめました。

すると上司から『旦那が若い女性社員と不倫中』だと聞かされたんです。そして彼もやっているんだからと半ば強引にキスをされ、そのままエッチまでしてしまいました。一回きりと割り切るつもりが、何度も続いてしまっています。会社帰りに会うときは、どちらも利用しない駅で待ち合わせ。そのままホテルに行っています」(32歳/商社)

社内上司と不倫するOLたちの体験談

■W不倫

「社内の40歳既婚上司とW不倫をしています。キッカケは女友達と好きなバンドのライブに行ったとき。上司が一人で来ていたところに遭遇し、一緒に鑑賞しました。それ以降一緒にライブに行く仲になり、3度目のライブ終わりの飲み会で性生活の話に。最近していないとお互いの状況が似ていたこともあり、“一回してみる?”とホテルに行きました。

結局ライブ以外でも会う関係になり、不倫関係を続行中です。毎日会社で会うし、共通の趣味もあるしでやめられません」(30歳/金融)

(c)Shutterstock.com

生々しい… 上司とズブズブな不倫しているOLの内緒話&LINE

働く女性の不倫ストーリー

■甘え上手な年上の彼

「もといた部署の12歳年上の上司と不倫関係になって1年。家族に対して罪悪感を抱き始めたというので、もうやめる? と聞くと、『君は可愛いし、考え方も似てるし、体の相性もいい。やめられないんだよね』と甘えた声。ひと回りも年上の彼が可愛くて、ときめいてしまった」(33歳・既婚/技術職)

■正直な浮気者

「不倫中の7つ上の彼と『周りにたくさん嘘をつかないといけない関係だから、二人の間では嘘はなし!』と約束。すると『妻の誘いを断れずにエッチしちゃった』と謝ってきて、悔しいやら悲しいやら…」(39歳・独身/営業事務)

(c)Shutterstock.com

■絶対に叶わぬ恋だと悟った瞬間

「職場の店長と不倫中だったとき、彼の家族が来店しました。『パパ~!』と子供が彼に抱きつく姿と、父親の顔になった彼を見たら、強烈に切ない気持ちが込み上げてきた。」(27歳・独身/販売)

■これが不倫の定め?

「二人っきりになるとよく職場で隠れて先輩とキス。奥さんとは離婚調停中だという言葉信じていました。ところがある日突然『子供が生まれたから別れたい』と言われ、私は仕事を退職しました」(40歳・独身/企画)

アラサー女性の4割が不倫経験あり!? あなたは不倫に興味ありますか?

不倫経験者が語る不倫の末路

不倫が残してくれるもの

(c)Shutterstock.com

■不倫は〝別れない〟が大前提

これはあなたとではなく、既婚者男性が奥さんと別れないということ!

「夫婦関係は冷え切っている」「ずっとセックスレス」などの彼の言葉を信じて「私が支えてあげなきゃ!」と思っている女性は多いかもしれませんが、その向こう側にはあなたが報われる未来はありません。もしかしたら、と期待するのもやめて。だってこの夫婦が別れることに悲しむ人が大勢いるんです。彼のためというなら、あなたが身を引くべきではないですか?

■偽りの包容力

優しく頼りがいのある姿に心打たれる気持ちはわかります。でも、これは一生続くものではありません。不倫相手のあなたは、包容対象でいうと永久に二番手以下です。真実の一番手にはずっとなれません。早い段階で自立すること。

(c)Shutterstock.com

■怒りや憎しみ

ただの遊びはいつか本気になります。彼が結婚しているからこそ、思い通りにならない苛立ちも起きます。会いたい日に会えない、人目が気になる。そしてデートの帰り際は毎回こう思うはず。「一生この人と同じ家には帰れない」と。

些細なことが積み重なっていくと、彼に感情をぶつけたり、奥さんのせいにしたり、間違った考えになりかねません。

(c)Shutterstock.com

何よりも最悪なのは不倫がバレたとき。不貞の事実が立証されれば、あなたを擁護する人はいません。なぜなら一番信用している彼でさえ、妻のあなたへの訴えを押さえる権利などなく、要求される慰謝料をただただ支払わなければならないのです。寂しいでしょ。

もしも彼に子供がいるなら、愛する我が子を産んでくれた奥さんと簡単に離れると思いますか? そしてこれを裏切られたと思う? それまで一緒になって彼の家庭を裏切っていたのに。

(c)Shutterstock.com

本当に愛されている? ドロドロ2年不倫の末路…【アラサーOLの実話】

社内不倫がバレた男女の悲惨な結末

■奥さんが毎日、会社に乗り込んできて…

「会社の役員と事務の女の子が不倫関係でした。あるとき誰かが役員の奥さんに告げ口をしたみたいで、奥さんが毎日会社に乗り込んできました。出勤してくる時間から会社の前で待ち構えていて、不倫相手の女性を罵倒。側から見ていても修羅場でした。1ヶ月ほどして事務の子が退職し、静けさを取り戻しましたが…」(30歳女性/建設)

(c)Shutterstock.com

■浮気を知った妻が流産

「奥さんが妊娠中に同僚と不倫をはじめた同僚の男子。軽い気持ちで不倫しているようでしたが、あるときにそれが奥さんにバレて大騒ぎに。そして心労から奥さんが流産してしまったようで、子供の誕生を心待ちにしていた彼は、その罪悪感からうつ病になってしまいました。あれから2年経ちますが、すっかり別人のように暗いままです」(31歳女性/印刷)

(c)Shutterstock.com

異動なんかじゃ済まなかった…「社内不倫がバレた男女」の悲惨すぎる末路3

略奪愛で結婚しても幸せになれない

(c)Shutterstock.com

「浮気するような男はまた浮気する」。一般的に略奪愛をしても幸せになんてなれないと言われる理由がこれ。しかし実際はそれ以外にもあります。略奪再婚をした友人が身近にいる女性たちに聞きました。

■不倫時代のフラッシュバックで喧嘩になりやすい

「親しい同期が、取引先の男性と不倫の末に再婚しました。たまにその子と飲みに行くのですが、不倫時代のことがフラッシュバックしてしまい、喧嘩ばかりしている、と言っていました」(35歳女性/印刷)

(c)Shutterstock.com

■子供との縁は切れない

「先輩が会社の社長と不倫の末に再婚。最初こそ幸せそうに見えましたが、前妻との子供が高校を卒業し進学せずに我が社に入社。これは想定外だったようで、前妻との子が働き始めてから、みるみるやつれた様子になっていきました」(33歳女性/製造)

(c)Shutterstock.com

■前妻を知る親戚との付き合いがある

「友人が不倫から略奪婚。しばらくすると暗い顔ばかりしているので理由を聞くと、ご主人の親戚と会うたびに前妻と比べられるような発言を頻繁にされるとのこと。地方出身のご主人は親戚付き合いの密度がとても濃いそう。不倫からの略奪だということは、その人たちも知っているからこそ辛く当たるのかもしれません」(34歳女性/保険)

(c)Shutterstock.com

男の浮気グセだけが理由じゃない!「略奪愛」で結婚しても女性が幸せになれない理由3


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.14

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature