Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 浮気
  4. 本当に愛されている? ドロドロ2年不倫の末路…【アラサーOLの実話】

LOVE

2019.11.02

本当に愛されている? ドロドロ2年不倫の末路…【アラサーOLの実話】

あるきっかけで不貞な関係が始まり、別れようとしても別れられない。それどころか、ハマってしまう女子もいるよう。不倫の結末ってどうなるの? 関係がバレたときは? 不倫経験のあるアラサーOL タケ子が紹介します。

別れなきゃ! 別れられない不倫の末路

別れられない不倫
(c)Shutterstock.com

一度ハマるとなかなか抜け出せない不倫は、決してあなたに関係のない話ではありません。いけないとわかっていながら別れられない。そんな独身女性に一体不倫は何を残してくれるのでしょうか?

◆“別れない”が大前提

もちろんこれは、あなたとの関係ではなく、既婚男性側が別れないということ!

「夫婦関係はもう冷え切っている」「何年もセックスレスでね」など彼の言葉を信じ、心の優しいあなたはきっと「私が彼を支えてあげなくちゃ!」という考えになっていることでしょう。でもね、その向こう側にあなたが報われる未来はないと思って。子どもはまだいないし、ひょっとしたらと期待するのもやめて。だってね、この夫婦が別れる事に悲しむ人が大勢いるんですから。あなたに良心があるのなら身を引くのが彼の為ではありませんか?

◆偽装の包容力

特に年上既婚男性が相手なら、きっとその優しく頼りがいのある姿に心打たれるでしょう。女性の扱いに慣れ、大人の遊びを教えてくれる事は、あなたにとっても初めての体験で浮かれる気持ちもわかります。でもこれって一生は続かないの。この包容力が無くなったときの絶望たるや…。

絶望
(c)Shutterstock.com

それに知ってた? 不倫相手のあなたは包容対象でいうと、永久に二番手以下ってことを。真実の一番手にはずっとなれないのよ。早い段階で自立をし、ときには頼られる女性になりましょう。

◆怒り憎しみ

不倫を始めようと思ってなくても、ただの遊びはいつか本気になる。思い通りにならない苛立ちは、いずれも彼が結婚しているから起きること。会いたい日に会えない、人目が気になる、そしてデートの帰り際にこう思うはず。「この人と一生同じ家に帰れない」って。

そうして些細な事が積み重なるにつれて、彼に感情をぶつけてしまったり、彼の気持ちをちゃんとケアしてあげない奥さんが悪いのでは? という間違った考えになりかねません。

不倫関係がバレたとき
(c)Shutterstock.com

なにより最悪なのは、不倫関係がバレたとき。交際期間にもよりますが、不貞の事実が立証されれば、あなたを擁護する人はいないでしょう。なぜなら一番信用している彼でさえ、妻のあなたへの訴えを押さえる権利もなくただただ要求される慰謝料を払わなければならないのですから。寂しいでしょ。

もっとも、強くたくましい妻には勝てません。もし彼に子供がいるのなら、愛する我が子を産んでくれた奥さんと簡単には離れないはずです。これ裏切られたって思う? それまで一緒になって彼の家族を裏切っていたのにね。

離婚
(c)Shutterstock.com

それでも関係を続ける? そんなあなたに、江戸時代に活躍した武士で幕臣の高橋泥舟(たかはし でいしゅう)はこんな名言を残しています。

欲深き 人の心と 降る雪は 積もるにつれて 道を失う

さまざまな解釈が出来ますが、まさに欲と感情にはしる不倫は、法にも触れるぞ! と警告していると私は解釈しています。どうぞあなたの人生が狂いませんように。

そんな私も2年間不倫に苦しんだ一人。この期間は彼の家庭に申し訳ないと振り返る2年です。最後は2人いっしょに嗚咽しながら泣いたのをよく覚えています。お別れのときはそれほど苦しかった。二重生活を提案したり、Googleマップで彼の家を調べたり。“好き”の感情から苛立ち、怒りに。でも最後に残るのはね、虚しさ

だけど、もう彼がいなくても大丈夫。おかげで出会いも広がりましたしね!

取り戻しましょう、すがすがしいこんな日常を♪

(c)Shutterstock.com

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature