Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ワーキングニュース
  4. 【年末年始のご挨拶】「メール」or「訪問」どちらが多い!? 訪問する場合のお土産は…!?

WORK

2019.12.17

【年末年始のご挨拶】「メール」or「訪問」どちらが多い!? 訪問する場合のお土産は…!?

リクルートマネジメントソリューションズが年収400万円以上、4年生大卒以上の民間企業勤務者400人に「年末年始のご挨拶」に関する調査を実施。結果を紹介します。

ビジネスパーソン400人調査!「年末年始のご挨拶」の方法は?

◆メールよりも対面で挨拶

まず、「昨年の年末年始のご挨拶について、どのような方法で行ったか」を聞いてみると、78.5%が「年末に訪問(対面)」と回答。メールするよりも対面で挨拶をする人が多いことがわかりました。

Q:昨年の年末年始のご挨拶について、どのような方法で行いましたか。またはどのような方法で挨拶が来ましたか。 結果グラフ

◆対面で挨拶する場合、短い時間で話す

次に、「対面で挨拶する場合、実際どのくらいの時間話しているか」を質問したところ、「5~10分未満」(29.2%)が最も多く、「10~15分未満」(26.4%)、「5分未満」(14.4%)が続きました。挨拶される側も忙しい時期であることから短い時間で話す人が多いようです。

Q:1回の平均滞在時間はどのくらいでしたか。 結果グラフ

◆お土産1位「ノベルティグッズ」

対面で挨拶する際、何かを持って行くのでしょうか。

Q:挨拶にどのようなものを持参しましたか。またはどの様なものを受け取りましたか。 結果グラフ

調査結果では、1位「ノベルティグッズ」(34.7%)、2位「手ぶら」(29.2%)、3位「仕事に関連するもの」(28.9%)という結果に。ちなみに、「ノベルティグッズ」の中でも圧倒的に多かったのが「カレンダー」(71.9%)となりました。

Q:ノベルティグッズとは具体的に何ですか? 結果グラフ

年末年始の挨拶は、メールよりも対面! お土産も持参する人が多いよう。特に「カレンダー」は日常的に使いやすくて、喜ばれそうですね。

【調査概要】
調査主体:リクルートマネジメントソリューションズ
調査対象:年収400万円以上、4年生大卒以上の民間企業勤務者
調査方法:インターネット調査
有効回答数:挨拶する側 法人営業担当で挨拶に行くことがある人(158人)、挨拶される側 職種を問わず挨拶来てもらうことがある人(242人)

TOP画/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature