Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 浮気
  4. この関係やめられない… 不倫に燃えるアラサー人妻OLたちのマル秘LINE

LOVE

2019.09.23

この関係やめられない… 不倫に燃えるアラサー人妻OLたちのマル秘LINE

浮気や不倫にハマる人妻OLたち。アラサー女子たちは、寂しさやセックスレスをきっかけに、不貞を働いている模様。LINEの内容も公開します。

1:お金があるから

「外資系投資銀行に勤めている私は、3年前に結婚。社内結婚でした。社内のみんなからも祝福され、順調に生活を送っていましたが、1年前、旦那がFPとして独立。彼が社内にいなくなったこともあり、以前から気になっていた上司(38歳・独身)と不倫関係に。

入社した当時、面倒を見てくれたその上司。退勤時は、いつも旦那と帰っていましたが、旦那が退職すると仕事終わりは、その上司とよくご飯に行くようになって…。正直、旦那が独立して収入も少なくなって、話を聞いてもらいたかったんですよね。

なんでも優しくしてくれるその上司は、お金地位もあって、魅力だらけ。特にお金がある、というのはやはり心惹かれます。LINEも高級バッグを買ってあげるとか、高級ホテルに行こう、とか。体の関係もありますが、好きなことができて、好きなものが買ってもらえるから、やめられない。それに不倫相手の上司は独身だから… 突っ走ってしまいそうな自分がこわいです」(30歳/金融)

LINEトーク

社内結婚して、社内不倫とは、なかなか危ない橋を渡っていますね。裕福な生活は誰でも憧れるもの。しかし、独立した彼を一番に応援できるのは、彼女だけ、だと思います。

2:求められるから

大学時代の後輩と不倫しています。こうなった理由は、夫とのセックスレスです。

夫と付き合っていた頃は、休日を合わせて旅行に行ったり、仕事終わりに泊まりに来てくれたりしてセックスも普通にあったのですが、結婚を機に彼の態度がガラリと変わりました。夫は結婚後、大きな仕事を任せられるようになり残業も増え夜もすれ違いが多くなって、休日も出勤して。せっかく旅行を予定していても、潰れることもありました。

そんなときに現れたのが大学の後輩(26歳・独身)。サークルの同窓会で再会しました。久しぶりということもあり、会も盛り上がって、その勢いで後輩とホテルに行ってしまいました。いけないと思いつつ、その後も夫の休日出勤を見計らって、ちょくちょく会うように。LINEは毎日欠かさず、すぐに返信をくれて、会ったら必ずエッチをするし、愛されているなあと感じてしまいます」(28歳/通信)

LINEトーク

パートナーとのセックスレスが原因で不倫や浮気に走る、というのはよく聞きますね。しかもそれが離婚にも繋がることもあるとあって、夫婦生活の中ではとても重要なこと。大きな仕事を背負っている旦那さんも、なんとか彼女に時間をつくってあげてほしいっ!

3:旦那が長期出張中に

「私は、マッチングアプリで出会った彼と出会って5か月で結婚。結婚してすぐに旦那の長期海外出張(アジア圏に半年〜1年)が決まってしまい、旦那と会える日は長期のお休みだけ。正直、毎日物足りない生活を送っていました。

ある日、携帯を機種変更したタイミングで、消したと思っていたマッチングアプリが再インストールされ、久しぶりに開いてみたんです。当時を思い出し、まあ暇つぶしで、と思って再開すると、思っていたよりもマッチングしていて…。プロフィールに既婚とは書いていたのですが、年下のイケメン男子A君(23歳・独身)と連絡が長く続き、会うことになりました。

ひとまわりも年齢が違うA君は、とにかく会話が新鮮。旦那とはまるっきり性格やライフスタイルが違って面白いんです。それから仕事終わりに毎日会うくらい親密になり、体を許しました。これまでの生活から一変して潤いを得たような気がして嬉しくて、旦那の出張が終わっても、A君との関係は終わらせたくないなぁと思う自分がいます」(34歳/ネイリスト)

LINEトーク

たとえ既婚であっても言い寄ってくる男性は多いはず。マッチングアプリを否定するわけではありませんが、彼女にはもう少し慎重になって欲しいですね。

社会的な立場が求められる場では、「不倫」というレッテルを貼られると信用を失くします。もちろん不倫をしないことが一番ですが、バレないことを願っています。寂しさを理由に、不倫や浮気をしないよう、気をつけて。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature