Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 節約のプロが伝授! いますぐやるべき【増税前の節約術】

LIFESTYLE

2019.09.05

節約のプロが伝授! いますぐやるべき【増税前の節約術】

いよいよ目前に迫る消費増税! そこで今回は、増税に関するアンケート結果と節約術をご紹介!

増税対策へのみんなの意識は!?

格安SIM・格安スマホサービスを提供するOCN モバイル ONEは、全国の20代~50代の働く男女600名を対象に、増税対策に関する意識調査を実施。

調査結果とともに、増税対策に有効な“携帯料金に関する節約術”について、節約アドバイザーより解説します!

■増税時に出費を見直したいと考えている人は約半数!

2019年10月に消費税が10%に増税するにあたり、「普段の出費で見直したいものがある」と答えた人は47.8%と、約半数近くもの人が増税前に出費の見直しを考えていることが判明。

前回2014年の消費税増税時に出費を見直した人が28.3%であったことと比較すると、大幅に増加しており、増税対策への意識が高まっていることが明らかに。

■見直したい出費は、1位「食費」2位「携帯代」

今回の消費税増税のタイミングで、出費を見直したいものがあると答えた人に、具体的に見直したい出費について聞いたところ、1位「食費」(62.4)、2位「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」(47.0%)、3位「公共料金」(30.3%)が上位にランクイン。

■携帯代を見直せていない理由1位は「調べるのが面倒」

携帯代(通信費・機種・プラン含む)を見直したいと思っているにも関わらず、見直せていない理由は、1位「調べるのが面倒くさい」(43.0%)、2位「仕組みがわからない(難しそう)」「現状より安いプランを知らない(最適なプランがわからない)」(共33.3%)となりました。

見直したいと思っているものの、具体的な行動に移せていない理由として、携帯電話の料金プランが難解だと感じる人が多いことが伺えます。

■高収入者ほど格安SIM・格安スマホの使用率が高い!?

格安SIM・格安スマホの認知度80.0%に対し、使用率が35.0%と、「知っているが使っていない」という人が多い結果に。現在利用しているサービスから乗り換えることに対してハードルを感じている人が多
いようです。

また、世帯年収別で見ると、世帯年収1,000万円以上の人のうち、格安SIM・格安スマホを使っている人は43.1%と、全体の使用率35.0%を上回り、高収入者ほど節約の意識が高いことが明らかに。

増税前にやっておくべき節約術のポイント

節約アドバイザー・丸山晴美さんが、増税前にできる「携帯料金」に関する節約術を解説。

■増税前にやっておくべき節約術のポイント

増税後は食品や定期購読契約をしている新聞以外ほぼ全てのものが、税率が10%になります。仮に食費以外の生活費に10万円使っていた場合、増税前は8000円が消費税でしたが、増税後は10000円になり、2000円の負担増となります。

その分、所得が増えれば問題ありませんが、この2000円をどこから捻出することができるかを考えることが大切です。

おすすめは、買い物をしたときにもらうレシートを1週間分とっておいて、必要だったものには「○」、買い方によっては節約できるものには「△」、買わなくてもよかったものには「×」をつけましょう。

(c)Shutterstock

そして「×」の合計金額に4週分を掛けると、1ヶ月分の大体のムダ遣い金額がわかります。レシートを見ながら、どこでどのようなムダ遣いをしているのかに気付いてからは、習慣的に行っているお店へは意識的に行かないようにする、買わないようにするだけでも節約になります。

また、お金全体の流れを書き出すことで、お金の優先順位をつけて不要なものは解約をして、以降の料金がかからないようにすることもできるでしょう。

■「携帯代」を見直すことのメリットとは?

通信費は毎月かかる費用ですから、食費のように毎日コツコツとやりくりするのではなく、見直しをするとその月以降、節約の効果が続くことが特徴と言えるでしょう。

調査の結果を見ると、高額所得者ほど格安SIMや格安スマホを利用する傾向にあります。これは通信費を見直したいと考えたときに、面倒くさい、わからないからと、問題をそのままにせず、興味をもって調べた結果、格安SIMやスマホを選択したとも読むことができます。

まずは、通信費全体が家計に占める割合に対してどれくらいかを割出して見ましょう。手取り収入の10%を超えていたら要注意。見直すことで、大きく節約できる可能性があります。

通信費の見直しのもっとも簡単な方法としては、既存の料金プランを見直すことと、不要な有料オプションに加入していないかなどをチェックすること。

料金プランは、利用状況によっては変更しないほうが良い場合もあるので、必ずシミュレーションをしましょう。パケット通信料は、毎月のパケットの利用状況を確認して、容量を適正なプランに変更することで節約できることもあります。

(c)Shutterstock

さらに、1ヶ月だけ無料で使えるアプリやサービスを契約して、そのまま解約し忘れていないかもチェックしましょう。こうした見直しは、窓口で行わなくてもインターネット上でもできますので、気軽にすることができます。

より大きく通信費を節約をしたい場合は、格安SIMや格安スマホを選択肢に入れましょう。わかりにくいと考えられがちですが、料金プランはシンプルであることがほとんどです。

一人でも、家族で加入しても、どちらでもそのメリットを感じることができるでしょう。電話番号MNPでいままで使っていたものがそのまま利用することができますし、端末がどのキャリアでも使えるようになるSIMロック解除をすれば、あとは端末のSIMカードを差し替えるだけです。データを移し替えるといった面倒な作業も必要ありません。

また、端末代が年々高額化しており、それも家計を悩ませる一因ともなっています。スマホ端末は、機種変更で使わなくなったとしても、再利用することができます。たとえば、お父さんが買い替えたスマホは、お母さんやお子さんなど家族のスマホとしてまだまだ使えます。

スマホを再利用することで、端末代の大きな節約だけではなく、資源の節約にもつながります。格安SIMを扱う事業者によっては、1契約で複数枚のSIMを持つことができます。SIMを追加することで、1台1台契約するよりも、お得な料金でスマホを利用することができます。

おさがりスマホと、SIMの追加を組み合わせると、大きく通信費を節約することができます

■節約アドバイザー直伝! 格安SIM・格安スマホの選び方

どの契約でも同じことが言えるのですが、まず料金プランはシンプルでわかりやすいものを選びましょう。

契約の1年目は大幅に安くして、2年目以降の料金が高くなるプランもあるので、トータルで見た料金プランもしっかり見極めましょう

(c)Shutterstock

音楽ストリーミングなどを使う方であれば、サービス利用時にかかるパケットをカウントしない「カウントフリー」を提供しているところもあるので、ご自身のサービスの利用状況に応じて選ぶのもいいでしょう。

また、先にも触れましたが、SIMを追加することで複数台の端末をお得な料金で利用したり、パケットシェアや余ったパケットの繰り越しができる事業者を選ぶことで、よりお得にスマートフォンやモバイル端末を使うこともできます。

【調査概要】
※OCN モバイル ONE 調べ
調査名:増税対策に関する意識調査
調査対象:全国の20〜59歳の労働従事者合計600名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2019年7月26日~2019年7月28日

トップ画像/(c)Shutterstock


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature