Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 「甘酒を煮つつ雷聞ゆなり/矢田挿雲」…「甘酒」が表す季節は?

WORK

2019.08.05

「甘酒を煮つつ雷聞ゆなり/矢田挿雲」…「甘酒」が表す季節は?

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回ピックするのは、「甘酒」という季語が表す季節。

「甘酒を煮つつ雷聞ゆなり」は、いつの季節の俳句?

矢田挿雲の俳句「甘酒を煮つつ雷聞(きこ)ゆなり」を聞いて、いったいどの季節の句かわかりますか? 季語は「甘酒」

これを知っているとちょっと鼻高々になれるかも!?

【問題】
「甘酒を煮つつ雷聞ゆなり/矢田挿雲」…「甘酒(あまざけ)」が表す季節は?

1.春

2.夏

3.秋

4.冬

正解は?

甘酒
(c)Shutterstock.com

はてな
(c)Shutterstock.com

2.夏が正解!

もともとは神様へのお供え物として、次第に庶民の飲み物として広まった甘酒。江戸時代、夏ばてに効くとして人気があったことから、夏の風物詩となりました。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では35%が正解していました(2019年7月30日現在)。

あま‐ざけ【甘酒/醴】
白米の固めのかゆに米こうじをまぜ、発酵させてつくる甘い飲み物。もと、神事用につくられ、一夜酒(ひとよざけ)・醴酒(こさけ)ともいう。また、酒かすを湯に溶かして甘みをつけた飲み物。《季 夏》「―を煮つつ雷聞ゆなり/挿雲」
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature