Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 赤スカートコーデ
  4. 赤スカートコーディネート10選|タイトスカートタイプも! 最新着こなし集

FASHION

2018.02.01

赤スカートコーディネート10選|タイトスカートタイプも! 最新着こなし集

赤スカートコーディネート。今回はトレンドアイテムの赤スカートコーディネートをご紹介。大人っぽくなる赤スカートコーディネートや、黒とのトップスと赤スカートのコーディネート、また赤タイトスカートのコーディネート等、幅広くピックアップ! お気に入りの赤スカートコーディネートを探してみて。

【目次】
大人の赤スカートコーディネート
赤スカートと黒トップスのコーディネート
赤のタイトスカートのコーディネート

大人の赤スカートコーディネート

【1】赤フレアロングスカート×トレンチコート

赤フレアロングスカート×トレンチコート

縦のラインを強調するコートを合わせれば甘くなりがちな赤のフレアスカートも大人っぽく着こなせる。スタッズパンプスで辛口要素をプラスして。
Oggi誌面から読み解くHOW TO【フレアスカート】お洒落コーディネート術!

【2】赤プリーツロングスカート×紺ブレザー

赤プリーツロングスカート×紺ブレザー

シフォンプリーツの華やかな質感も、赤を選べばエレガントな印象にチェンジ。相性の良い紺を合わせて新感覚のトラッドスタイルに。
軽快に着られるこの色を選択【紺ブレ】今買って、秋まで着回せる服

【3】赤台形スカート×紺ブルゾン

赤台形スカート×紺ブルゾン

主役級のスエードスカートにはメンズライクなブルゾンで上級者っぽく。ちらっと見えた白インナーが抜け感の演出に一役買っています。
ドラマティックな赤のスカートが主役! 知的なネイビーとの合わせで好感美人

【4】赤フレアスカート×紺ブラウス

赤フレアスカート×紺ブラウス

ギャザーそで&赤フレアスカートの華アイテム同士の組み合わせは、まろやかカラーを使うと甘かわいくなってトゥーマッチ。パキッとした色でコントラストを効かせたほうが大人っぽくあか抜ける。
細かいデスクワークが続く月末、仕事の息抜きはオフィス近くのテラスカフェランチ! カラースカートで気分をあげて♪

赤スカートと黒トップスのコーディネート

【1】赤フレアスカート×黒ニット

赤フレアスカート×黒ニット

ドラマティックな赤フレアの受け止め役は着慣れたブラックで間違いなし。ふわふわの黒ニットや丸みのある小物と合わせることで、強すぎない等身大のコーディネートに落としこんで。
リュクス女子会に着る服は…【スパイシィ・レッド】でドラマティック!

【2】赤フレアスカート×黒ニット×黒コート

赤フレアスカート×黒ニット×黒コート

スパイシーな赤のフレアスカート。黒やグレーに合わせて甘さを払拭した着こなしがかっこいい。スカートが主役のシンプルコーディネート。
秋はとにかく赤が気になる♡ 旬カラー「赤」投入のコーディネート集

【3】赤フレアスカート×黒ニット×黒ライダースジャケット

赤フレアスカート×黒ニット×黒ライダースジャケット

赤のフレアスカートのトップには黒ニットを合わせて華やかなコーディネートに。アウターには黒のライダースを合わせて甘すぎないボーイズライクなスタイルに。
『今気分な旬カラーの着こなしルール』「脱ほっこり」を究めるのならブラックライダースが効く

【4】赤スカート×黒カーディガン×黒コート

赤スカート×黒カーディガン×黒コート

赤スカートに黒カーディガンを合わせてメリハリをつけて。カジュアルすぎず、コーディネートをさりげなく盛り上げてくれるコーデ。
【UNIQLO】ヒートテックはいっそ見せちゃいましょう!|小林文の賢いプチプラ買い

赤のタイトスカートのコーディネート

【1】赤タイトスカート×もこもこジャケット

赤タイトスカート×もこもこジャケット

今年人気のもこもこ素材には、すっきり見えを意識して辛口カラーの赤のタイトスカートをセレクト。ハンサムコーディネートのできあがり!
【明日のコーデ】今年っぽいもこもこアウターをすっきり着るコツは?

【2】赤タイトスカート×ブルーシャツ×ネイビーカーディガン

赤タイトスカート×ブルーシャツ×ネイビーカーディガン

赤いスカートにブルーシャツを合わせて色×色コーデの完成! 黒のロングブーツで締めると大人っぽく着こなせる。
【11/21のコーデ】この冬復活! ロングブーツ×ミニスカで大人モテコーデ


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.04.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature