Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 誤解していると赤っ恥!「ご参上ください」は敬語として正しい?

WORK

2019.05.27

誤解していると赤っ恥!「ご参上ください」は敬語として正しい?

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回ピックするのは、「参上」の用法。

「参上」は敬語として、どう使う?

知人からのメールに「拙宅にもご参上くだされば幸いです」と書かれていたら、“参上”の使い方に違和感がありますか? それとも、正しい使い方だと思いますか?

【問題】
「拙宅にもご参上くだされば幸いです」この文章は正しい? 誤り?

1.正しい

2.誤り

正解は?

参上
(c)Shutterstock.com

はてな
(c)Shutterstock.com

2.誤り

「参上」は謙譲語なので、相手の行動には使いません。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では86%が正解していました(2019年5月14日現在)。

「ご参上くださる」の部分が誤りです。「参上」は謙譲語で、「自分が行くこと」をへりくだっていう言葉です。なお、「ご(お)~くださる」は相手の行為につけて用いる尊敬の言い回しなので、謙譲語でない言葉を入れて「ご来訪くださる」などとすれば、正しい文章になります。
※    ※
さん‐じょう【参上】
目上の人の所に行くこと。また、人のもとに行くことをへりくだっていう語。まいること。うかがうこと。「御殿に参上する」「明日参上いたします」
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature