Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 京都と言ったらパン屋♡ 地元で大人気の三姉妹が営むベーカリーって?

WORK

2019.04.07

京都と言ったらパン屋♡ 地元で大人気の三姉妹が営むベーカリーって?

今回ご紹介するのは、ニッタベーカリー 三女の新田里奈さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

新田里奈さんってどんな人?

ニッタベーカリー 三女の新田里奈さん

京都・清水寺からほど近い住宅街の一角にある『ニッタベーカリー』は、1983年の開店以来、長年地元の人に愛され、外国人観光客にも人気のパン屋。

そして現在、このお店を創業した父に代わって店を切り盛りする三姉妹の三女が、新田里奈さん

定番の食パンやクロワッサンをはじめとした40種類以上のパン作りや、季節限定のオリジナルパンなど新作のパン作りを担当。

ニッタベーカリー

––ニッタベーカリーの店主になった理由は?

生まれたときからパンに囲まれて育った新田さん。毎朝パンを食べるという生活が嫌で、「中学の頃はあえてご飯を選んでいた」と言う。

そんな環境もあり、大学に進学する頃までは店を継ぐことを考えたこともなかった

しかし、大学2年生のとき、父が過労で入院。

それを機に大学を中退してパンの専門学校に入り直し、卒業後は東京の有名ベーカリーで修業を積んだ。当時は忙しさについていけず、辞めることばかり考えていた時期も。

そんな矢先、長女から「お父さんが亡くなった」という一報が……。

翌日、店は閉店

閉店の挨拶

そこから新田さんは、本気でパンと、そして、人生と向き合うことに

そして父の死から5年が経った昨年、2人の姉と共に、一度は下ろした『ニッタベーカリー』のシャッターを、再び上げる日がきた

新田里奈さんの「7つのルール」

さて、そんな新田さんが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1.売上予想より多めに作る

新田さんがパンを作るときに心がけていることが、売上予想より多めに作ること。少しでも多くの人の元に届けたいという想いから。余ってしまったときは、近所の人や常連さんに渡すことも。

パン

■2.パン作りは週2日休む

お店を長く続けるために新田さんたちが決めたルールが、父が切り盛りしていたときより定休日を1日増やすこと。自分がいざ店主になってみて、30年間走り続けてきた父のすごさを改めて感じたという。

ニッタベーカリー 三女 新田里奈さん

■3.姉のやり方に口出しはしない

姉妹と言えど、パンの作り方一つとってみてもやり方が違うことも。しかし、お互いのやり方には口出ししないのが、新田さんのポリシー。それが、気持ちよく長く続けていくためのコツ。

ニッタベーカリー 三女 新田里奈さん

■4.「カッコいい」髪型にする

仕事のモチベーションを上げるために新田さんがこだわっていることが、自分の好きな髪型にすること。「カッコいい」と言われることが一番の褒め言葉。

ニッタベーカリー 三女 新田里奈さん

■5.新作は同じシチュエーションで考案

新田さんが新作のパンを考案するときは、決まって、同じカフェの同じ席で同じ飲み物を頼み考え始めるのがルール。本に「仕事や勉強の内容によって、場所を移すのが良い」と書いてあったのがきっかけで取り入れたことだが、新田さんには合っているそう。

■6.パンの味は多数決で決める

新しいパンを作るときは、母と三姉妹が試食をして決めるのが定番。その際、意見が対立した場合は、多数決で決めるのがルール。

ニッタベーカリー 三姉妹

■7.父のパンを真似しない

絶えず新作を生み出すことに挑み続ける新田さん。父のパンを懐かしんで訪れるお客さんも多いが、新田さんは、父の真似をするのではなく、自分なりのパンを作っていきたいと考えている。

ニッタベーカリー 三女 新田里奈さん

次回の「7ルール」の放送は、4月9日(火)よる11時00分~11時30分です。主人公は、“ヤンキー先生”の母校・北星学園余市高校の教員・本間涼子さん。

Oggi.jpでは、番組を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてください♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature