Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 【花粉症対策】効果を実感した商品、2位「点眼薬」。では1位は「マスク」ではなくて…

LIFESTYLE

2019.02.14

【花粉症対策】効果を実感した商品、2位「点眼薬」。では1位は「マスク」ではなくて…

インフルエンザ流行のピークが過ぎるとやってくるのが、花粉症の季節。そこで今回は、株式会社ルクサが実施した、花粉症にまつわる調査結果についてご紹介!

みんなの花粉症事情は!?【男女209名調査】

■花粉症でもっとも困るのは、「窓を気軽に開けられない」こと

花粉症でもっとも困るのは、「窓を気軽に開けられない」こと 結果グラフ

「花粉症の影響で不便になってしまった生活習慣」を聞いたところ、1位は「窓を気軽に開けられない」(62.4%)。次いで「ふとんを干せない」(44.4%)、「洗濯物を外に干せない」(36.8%)と続きました。さまざまな悩みがあるなか、換気・洗濯物に関する回答が目立つ結果に。

■使ってから効果を実感したもの、1位は「空気洗浄機」

使ってから効果を実感したもの 結果グラフ

前項でもっとも困っていることが、「窓が開けられない」ことからか、「使ってから効果を実感しているもの」では、1位が「空気清浄機」(25.2%)。次いで、2位「点眼薬」(22.1%)、3位「鼻炎薬」(21.4%)、4位「マスク」(19.1%)という結果に。

〜空気清浄機に対する利用者の声は…〜
・「布団を外に干さなくても良いので花粉の時期は特に重宝している(女性)」
・「高機能イオン発生装置がついた空気清浄機。これは買ってきて正解(女性)」
・「空気清浄機を居間だけに置いていたが、玄関と寝室にも一台ずつ購入。家の中に3台置くと効果てき面(女性)」

一方、「いよいよここまで揃えることになった」と感じる商品では、「衣類用花粉よけスプレー」がもっとも多く、「衣類に寄せ付けない花粉&ウイルス殺菌のスプレーはとても良かった。会社でも勧めたところ花粉が軽減したという声が多かった(女性)」と、まだ使用者は少ないものの、使用した人の評価は高い様子でした。

■いま、花粉症でない人も過半数が「なるかもしれない不安」

これから花粉症になる不安がある 結果グラフ

現在、花粉症でない人に「花粉症になるかもしれない不安はありますか?」の質問には、64.5%が「はい」と回答。いまなっていなくとも、潜在的に不安を抱えている人が半数以上いることが判明。

また、「自身が花粉症でなく、身近な人に花粉症の人がいるか」についての質問では、友人含め周囲に花粉症の人がいないと回答したのは、19.7%。80%以上の人は、周囲に花粉症の人がいることが判明

花粉症でなくとも、花粉症の人と同居している場合は、窓が開けられない・外に洗濯物が干せないなど、花粉が生活に与える影響は高いことが窺えます。

花粉症の人も、いまは花粉症でない人も、万全な対策をして花粉シーズンを乗り切りましょう♡

調査元/株式会社ルクサ

【調査概要】
・調査期間:2018年12月7日~12月10日
・調査手法:インターネット調査
・調査対象:ルクサ会員
・回答人数:209名

トップ画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.24

編集部のおすすめ Recommended

Feature